TOP > > 女性に多い「ほてり」!その4つの原因とスッキリ解消する方法!

女性に多い「ほてり」!その4つの原因とスッキリ解消する方法!

女性の中には、「ほてり」の症状で悩んでいる人も多いです。ほてりが気になって、眠れなくなったり、イライラする事もありますよね。でも、いったい何が原因で、ほてりの症状が出るのでしょうか?そこで今回は、4つのほてり原因とその解消法をご紹介します!

更年期障害が原因の「ほてり」と解消法!

1つ目のほてり原因は、「更年期障害」です。更年期障害は、閉経前や閉経後数年間におこります。ほてりの他に、イライラ、気分の落ち込み、焦燥感など様々な症状が現れます。軽度の人もいますし、重度の更年期障害で悩んでいる方もいらっしゃいます。

では、更年期障害が原因の「ほてり」の場合、どうやって解消すれば良いのでしょうか?それは、程度によって変わってきます。軽度の更年期障害は、それほど気にする必要はありません。しかし、ほてりが気になってイライラしたり、日常生活を送るうえで不便を感じたりした方は、病院で治療を受けた方が良いです。

でも、更年期障害の場合は、どんな病院で治療を受けたらよいのでしょうか?更年期障害の場合は、婦人科系の病院や漢方を取り扱っている病院などで、治療を受ける人が多いです。ただ、「この科でないとダメ」と言う訳ではありませんので、まずはお近くの病院に行く事もお勧めですよ!

日焼けが原因の「ほてり」と解消法!

2つ目のほてり原因は、「日焼け」です。日焼けによるほてりは、多くの人が経験済みなのではないでしょうか?とても一般的な症状です。真夏の炎天下の中、長時間外出したり、海や山に出かけると、全身が真っ赤に日焼けする事があります。

日焼け後の肌は、軽いやけどのような状態で、ヒリヒリしたり赤くなったりました。そして、全身が「ほてる」ということも珍しくありません。では、日焼けによるほてりの場合、どうやって解消すればよいのでしょうか?

日焼けによるほてりの場合は、とにかく冷やすことです。冷たいシャワーを浴びたり、氷やアイスノンを使って、ほてりが気になる場所を冷やしてください。

冷やし続ける事で、ある程度ほてりが解消しますよ。ただ、ほてりがあまりにもひどい場合や、熱が出た時などは病院で診察を受けておいた方が安心です。

自律神経失調症が原因の「ほてり」と解消法!

3つ目のほてり原因は、「自律神経失調症」です。自律神経失調症は、生活習慣の乱れや、過度のストレスが原因となっておこる病気です。現代はストレス社会ですから、多くの方々が自律神経失調症を患っています。自律神経失調症になると、口の乾き、頭痛、耳鳴り、ほてりなど、多くの症状が現れます。

では、自律神経失調症が原因の「ほてり」は、どうやって改善させればよいのでしょうか?やはり自律神経失調症が原因ですので、病気の治療を受ける事が最も重要になります。自律神経失調症は、婦人科、神経科、漢方科などで治療を受ける人が多いです。もちろん他の科でも診察を受ける事はできます。

また、自律神経失調症は、ストレスが原因となっている事も多いので、ストレスを上手に発散したり、ストレスの元を遠ざけたりしてみましょう。

そうすることで、自律神経失調症が少しずつ改善していくかもしれません。自律神経失調症が改善されれば、その症状の一つである「ほてり」も、次第になくなっていきます!

発熱が原因の「ほてり」と解消法!

4つ目のほてり原因は、「発熱」です。風邪やインフルエンザなどで高熱が出ると、全身が火照ってきます。こういった発熱が原因のほてりを解消するためには、熱を下げる事が最も有効です。病院で治療を受けたり、解熱剤を飲んだり、氷枕やアイスノンで体を冷やしましょう。

また、熱が下がっても、ほてりが続くという場合もあります。その場合、高血圧など他のほてり原因が考えられます。熱が下がったにも関わらず、ほてりの症状が続くと言う方は、病院でドクターにご相談ください!

このようにほてりの原因は、更年期障害、日焼け、自律神経失調症、発熱などがあります。それぞれの症状に合わせて、適切な解消法をお試しください。また、ほてりの症状が長期間続く場合は、病院で検査をした方が安心です!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る