TOP > > 胃もたれ・食欲不振を改善!少しでも食べると良い食べ物

胃もたれ・食欲不振を改善!少しでも食べると良い食べ物

胃がもたれたり、食欲がわかないことはありませんか?胃もたれや食欲不振の時には、何も食べないでいるよりも、少しでも食べたほうが、症状が早く回復します。食べたくないからといって食べないでいると、症状はなかなか回復しません。胃もたれの時に、少しでも食べると症状が楽になる食べ物を紹介します。

胃もたれ、食欲不振の原因

誰にでも胃がもたれたり、食欲がわかなくなることはあると思います。胃もたれが起こる原因は、ストレス、過労、睡眠不足、運動不足、体力低下、腸の不調など、何らかの体調不良によって胃の蠕動運動が弱くなり、食べたものが胃に停滞して、小腸へ排出されにくくなることによって起こります。

食欲不振も原因は同じで、自律神経の働きが乱れ、食欲をコントロールする食欲中枢の機能が低下することによって起こります。胃もたれも食欲不振も、胃腸以外の体調やストレスと深く関わっているので、基本的には、日頃の体調管理やストレスを溜めない生活を心掛ける事が大切です。

胃もたれや食欲不振の時に症状を楽にする食べ物

胃もたれや食欲不振の時には、大根を食べましょう。大根には、食べ物の消化を助ける働きをするジアスターゼやアミラーゼといった消化酵素が豊富に含まれています。大根を食べると、胃に滞留した食べ物の分解を促進するので、胃もたれが解消でき、胃を正常な状態に戻す働きをします。

ただし、消化酵素は熱に弱い性質があるため、できるだけ生のまま、すりおろして食べると効果的です。また、ヤマイモも胃もたれには良い食べ物です。ヤマイモに含まれるアミラーゼやグルコシターゼなどの消化酵素も、消化を助け胃もたれを解消する働きをします。

こちらの消化酵素も熱に弱いので、すりおろして生で食べるようにして下さい。果物では、パイナップルがお奨めです。パイナップルの果肉には、プロメリンというたんぱく質を分解する酵素が含まれるので、胃に滞留している食べ物の消化を助ける働きをします。

食欲のない時は、果物のほうが食べやすいかもしれません。もし食欲不振というだけであれば、生姜、唐辛子、ニンニクや、梅やレモンなど、香辛料や柑橘を使って食欲を刺激してみましょう。香味野菜や香辛料には、胃の働きを高めて消化を促進する働きがあります。

消化が良い食べ物とは?

胃の調子が悪い時には、消化が良い食べ物を食べると良いといわれますが、消化がよい食べ物とは、どのような食べ物を指していうのでしょうか?消化が良い食べ物とは、胃での滞留時間が短く、消化液と混ざりやすい食べ物の事をいいます。

ただ単に、食べ物が柔らかいとか硬いというだけで決められるものではないのです。例えば、柔らかくてフカフカしたできたてのパンは、水分を多く含んでいるので胃に入るとだんごのように固まり、消化液と混ざりにくくなってしまいます。

パンは、トーストにして、中の水分を適度に追い出して、カリッと硬くしたもののほうが、胃液と混ざりやすくなり消化が良くなります。また、口の中でよく噛んで、唾液に含まれる酵素と十分に混ぜ合わせるようにすると、胃腸での消化吸収を助け、胃もたれの予防になります。

胃もたれや食欲不振は、胃の働きが一時的に弱くなり、消化が順調にいかなくなっている状態です。胃の働きを活発にする食べ物を上手に使って、胃の働きを回復させるようにしましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る