TOP > > 平熱を1度上げただけで発熱に強い身体になるって本当?

平熱を1度上げただけで発熱に強い身体になるって本当?

平熱は高めの方がいい

1~2度熱が出ただけとはいっても、普段の平熱が何度なのかでその状況は違ってきます。例えば、低体温症で、平熱が35度~36度5分くらいの人だと、37度台でも体調が思わしくない、熱が出たと訴えます。ところが、平熱が36度以上の人だと、熱が出たと感じるのは、38度以上の時が多く、たとえ38度以上、39度台だったとしても、平気で動き回れたりするのです。

熱が出るというのはどういう時でしょうか。基本的には、体内に入った菌やウイルスの活動を抑えようと戦っている時です。そもそもの体温が低いと、この戦いに耐えるだけの体力が少ないため、身体の持ち主である本人が、とてもしんどくなるというわけです。

それに対して、普段から平熱が高目の人だと、ある程度の戦いは日常茶飯事なので、少しぐらい戦いが大きくなった所で、倒れるほどではないということです。

身体は慣れるようにできているので、少しぐらいの熱は下げようとせず、出るままにしておくと段々と免疫力がついてきて、丈夫な身体になるという仕組みです。

どうすれば平熱を上げられる?

体内の熱は、筋肉によって作られるのですが、つまり代謝力の高低が大きく関係しているといえます。男性に比べ筋肉率の低い女性は、冷え性になりやすいのです。冷えているということは、体内で燃焼作業があまり起きていないことを意味します。そうなると、血行が悪くなり、末端まで血液が循環しにくくなって、色々な弊害が出てしまうのです。

つまり、代謝を上げて、燃焼しやすい体質にすれば、自然と平熱も上がり、免疫力もアップしてくるということです。

ちょっとイメージしてみて下さい。暖房もなく冷え切った部屋にいて、立ちっぱなしで固まってしまった衛兵と、暖炉などで薪が勢い良く燃えて、暖かい部屋にいる兵隊と、外敵が攻めてきた時に、どちらがより頼りになると思いますか?

活力と温度の因果関係は、案外単純な所にあるのだと思います。ウォーミングアップといいますが、激しい動きをする前に、少しずつ身体を動かして、筋肉が動きやすくして上げることです。直訳すれば暖かさを上げるということです。

代謝を上げる方法は、食べ物では、ショウガや香辛料のような刺激のあるものが、体内の代謝を上げてくれます。また、必須ビタミンの中にも、様々な代謝を助けてくれる働きがありますので、緑黄色野菜や動物性たんぱく質を中心に、毎日バランスよく食べることも必要です。

運動では、有酸素運動を毎日少しずつやることが大切です。例えばラジオ体操のように、自分の知っている運動を取り入れたり、毎日同じ時間に20~30分のウォーキングをするのもいいでしょう。家事をこなす時も、使う筋肉を意識しながらやるというのも案外効果的です。

また、身体のメンテナンスは夜寝ている間に行われますので、必ず3時間以上の良質な睡眠を毎晩とることも大切です。せっかく材料(食事)と工場設備(筋肉)を整えても、メンテナンス時間が十分とれないと、意味がないのです。

代謝を上げると体温が上がる

このように、健康維持の基本である、バランスのとれた食事、適度な運動、良質な睡眠がとれるようになると、新陳代謝も活発になり、筋肉もできてくるので、体温も上がってきます。たとえ体温が上がらなくても、身体ができてきて、体力がついてくると、少しくらい体温上昇、つまり熱が出ても、そんなに気にならなくなるのです。

基礎代謝や体質は人によって違うので、一概に何度でなければダメだとか、37度台なら病気じゃないとか言うことはできません。その本人にとって、それがとても辛いことなら、ある意味病気なのです。

問題は、身体の変化に対応できる体力を作ることと、なぜ具合が悪くなるのかという原因を知っておくことです。自分は偏食があるからいけないのだと思えば、色々なメニューを試して、偏食を克服し、バランスの良い食事を心がけて下さい。

運動不足で筋肉が足りないと思えば、タンパク質を多目にとって、同時に少しずつ運動を取り入れるようにして下さい。一気に頑張る運動ではダメです。毎日短時間でも続けられる運動が一番望ましいのです。

そして、よく眠るようにして下さい。そのためには、長めに入浴するとか、足先や鼠径部のマッサージをするなど工夫してみて下さい。

発熱は身体が生きて動いているという証です。高熱は困りますが、発熱の理由も考えながら、日々の生活で、発熱に耐えられる体力づくりを心がけましょう。やたらと薬で解熱することはやめた方がいいと思います。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る