TOP > > ストレスの多い人は要注意!不調を起こす歯ぎしりの自己チェック法

ストレスの多い人は要注意!不調を起こす歯ぎしりの自己チェック法

知らない間にやっている歯ぎしりとは

「昨夜あなたの歯ぎしりすごかったわよ」と家族に言われて、自分が寝ている間に歯ぎしりをやっていたということを知る人もいるでしょう。他人に指摘されても自分では全く記憶はないものです。本人は気持ちよく寝ているのに家族は歯ぎしりの音で起こされるとしたら、いい迷惑かもしれませんね。

歯ぎしりというのは、上の歯と下の歯を強く噛み合わせたり、こすり合わせるような動作をする現象のことです。ブラキシズム、咬合神経症とも呼ばれます。一般に歯ぎしりというのは寝ている間に起こるイメージがありますが、日中の起きている間にも起こることは多いです。

不快な音を鳴らすことが多いため、一緒に寝ている人の安眠を妨げるだけでなく、歯ぎしりは本人の体のためにも良いことではないので、予防することがのぞましいです。ではなぜ歯ぎしりが起こるのでしょうか。

歯ぎしりの正体

正常な噛み合わせの場合、上下の歯は噛みしめられておらず、わずかなすき間があります。しかし、歯ぎしりというのは上下の歯が強く噛み合わせ、大きな力が歯や顎にかかった状態になります。

歯ぎしりには3つのパターンがあります。

グラインディング・・・歯ぎしりに最も多い。上下の歯をすり合わせてギシギシと音を立てる。
タッピング・・・上下の歯をカチカチと鳴らす。
クレンチング・・・上下の歯を強く噛みしめる。音はしない。

歯ぎしりの詳しい原因はハッキリ分かっていませんが、ストレスによるものという説が最も大きく、ストレスを解消するために無意識に歯ぎしりをしていると考えられています。

また、子どもに起こりやすく、顎の骨格の成長が影響しているために起こります。大人になると自然と歯ぎしりは減ってきます。

歯ぎしりは体に悪影響を及ぼす

歯ぎしりは無意識にとても強い力を歯や顎にかけてしまいます。そのためにさまざまな悪影響を及ぼすことがあります。歯をこすり合わせたり強く噛みしめることで歯や歯茎にダメージを与え、全身にも症状が及ぶ場合があります。

  • 歯の表面がすり減る
  • 歯が欠ける、割れる
  • 歯周病にかかりやすくなる
  • 知覚過敏
  • 歯の詰め物が取れやすくなる
  • 顎関節症
  • 肩こり、頭痛

歯ぎしりしているか自己チェックしてみよう

他人からの指摘で気付くことの多い歯ぎしりですが、自分で思い当たる症状がないかチェックすることもできます。

歯ぎしりをする人にみられる症状

  • 日中の黙っている時に上下の歯がくっついていることが多い
  • 歯を噛みしめる癖がある
  • 朝起きると顎や首の筋肉が疲れている
  • 朝起きると舌や頬の内側に歯形がある
  • 知覚過敏
  • 歯の表面に溝やヒビがある
  • 顎関節症
  • 肩こり・頭痛がある

これらに多く該当する人は歯ぎしりを行っている可能性が考えられます。また、性格的に競争心が強い、攻撃的、ストレスを溜めこむといったタイプの人はストレスが強いために歯ぎしりが起こりやすくなります。ストレスを感じやすい人は、ストレスが強くならないように行動パターンを変えてみることもおすすめします。

歯ぎしりの予防と治療

歯ぎしり自体は病気ではありませんが、長く続く場合には歯科に相談することをおすすめします。歯ぎしりの治療には専用のマウスピースを就寝中に歯にかぶせて歯のダメージを減らしたり、炎症から来る痛みをやわらげる薬を使うといった方法がありますが、歯ぎしりを治すものではありません。

歯ぎしりを治すには日頃からストレスを溜めないように心がけたり、寝る前に暗示をかけてリラックスした状態で就寝することなどの予防を行うしかありません。

また、日中に歯を強く噛みしめる癖がある人は、噛みしめていることに気付いたら意識して口元の緊張をゆるめるようにし、歯や顎に余計な力がかからないように治していくことも歯ぎしりの改善につながります。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る