TOP > > 膀胱炎がクセになって困っている女性必見!日頃からできる予防法

膀胱炎がクセになって困っている女性必見!日頃からできる予防法

一生この痛みを知らない人もいるのに・・・と、うらめしくさえ思えてしまう、ツラ~イ膀胱炎。クセになってしまうと、ちょっとトイレを我慢しただけでなってしまう人もいるほどデリケートなのに、人に相談もしづらいものです。そんな辛さを少しでも軽減できる予防法、知りたくありませんか?

まずは膀胱炎の種類を知っておこう

いまだに膀胱炎で病院へ行くと、「性交渉が原因だ」とか「大腸菌が原因だ」と、ほぼ100%原因がそれであるかのように決めつけて話す医師もいて、不快に感じられた女性はとても多いのではないでしょうか。

しかしそれではどうしても解明できない場合もあるのです。

最近になってやっと少しずつ原因が解明されつつありますが、まだまだ医師の間でも認識が低いのかもしれません。それなら自分の知識を高めて、きちんと診てもらえる病院をこちらが選ぶくらいのつもりでいましょう。

まず、膀胱炎にも種類がある事を知っておくのが大事なポイントです。

単純性膀胱炎

膀胱の機能が正常に働いている人に起こるのはこの単純性膀胱炎です。細菌による感染で起こる事もあれば、冷えや尿意の我慢で起こる事もあります。女性には生理がありますが、それが原因で起こる事もあり、実に様々な理由で症状が出ます。

複雑性膀胱炎

単純の逆は複雑ですが、こちらは膀胱の機能に何らかの異常があったり、細菌源が常にあったりするケースです。抵抗力が落ちた事で発症する事もあり、感染を繰り返すので慢性化します。

間質性膀胱炎

これは膀胱がうまく通常の尿量を溜め切れないために起こる膀胱炎です。原因としては膀胱の内側に炎症が起き、そのために筋肉が萎縮すると言われていますが、その炎症の原因までは特定されていません。

出血性膀胱炎

子供がかかりやすいと言われていますが、目で見て分かるほど尿が赤く血の色をしているものです。単純性などでは尿が白く濁る事がありますが、この出血性にはありません。原因としてはアデノウイルスによるものが多く見られます。他に、アレルギーや抗がん剤による副作用の場合もあります。

その他・・・嚢胞性膀胱炎、真菌性膀胱炎、神経因性膀胱炎

嚢胞性は膀胱の粘膜に起こる病気で、真菌性はカビによって起こる炎症です。神経因性とは、膀胱が何らかの異常によって正しい働きを行えなくなる事です。病気やケガが原因となって起こります。これらの原因ははっきりしています。

一般的によく言われる「急性膀胱炎」は細菌が原因と言われていますが、これは単純性膀胱炎のひとつです。今回は病気やケガ、治療薬などに原因のある膀胱炎ではなく、普段の生活でかかる膀胱炎について考えて行きましょう。

膀胱炎に有効な予防対策

こうやって見てみると、細菌があるかないかだけでも大きな違いがあるのが分かりますね。細菌がある場合は薬で軽減されますが、検査をしても細菌が出ない場合もありますし、アデノウイルスによる膀胱炎には効果的な薬もまだ無いために自然治癒するのを待つしかない時もあります。

そんな時には負担の少ない漢方で症状を軽減する方法もありますが、日頃から気をつけて予防対策をしておいたほうが、かかる回数を減らす事にも繋がるので効果的と言えるでしょう。

体、特に下半身を冷やさない事

夏でもエアコンで体が冷えやすい環境が増えています。一枚上からはおるものを常に用意しておく事はもちろんですが、腹巻きや足首ウォーマーなどを一緒に使って、下半身の冷えを防ぐ事がとても大事です。

清潔を保つ

生理の時になってしまいがちな人は、こまめにナプキンを替えるなどして清潔を保ちましょう。目安としては1時間に一度の取り替えが理想です。

水分をこまめに補給する

トイレが近くなるのを怖がって水分を摂らないようにしてしまう人がいますが、これは絶対にしてはいけません。逆に水分はしっかり摂って、正常な量を出す事で細菌を洗い流す必要があるのです。

こまめにトイレに行き過ぎない

タイミングが難しいかもしれませんが、我慢し過ぎても良くないのと同じように、トイレに行き過ぎても実は良くないのです。尿意を感じる前に出すクセがつくと、膀胱が水分を溜める働きを邪魔してしまい、正常な量を溜める大きさまで膨らみ切れなくなってしまいます。こうなると尿量の減少に繋がり、間質性膀胱炎の場合には症状を悪化させるおそれがあります。

普段からクランベリーを飲む

日本ではあまりポピュラーではありませんが、ジュースやサプリメントなどがあり、クランベリーの持つ高い殺菌効果が膀胱炎の予防に良いとも言われています。ビタミンCを多く含む健康食品ですから、飲み続けて害はありませんし、試す価値は充分あると思います。

日頃から無理なく予防して快適な毎日を過ごしましょう!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る