TOP > > 痛い手のひび割れでお悩みの貴女!すぐに始められる対策はコレだ

痛い手のひび割れでお悩みの貴女!すぐに始められる対策はコレだ

女性の冬の悩みの中には手の「ひび割れ」や「あかぎれ」があるようです。真っ赤になってひび割れた手は、痒みや痛みで見ているのも辛くなるような症状ですよね。寒くなると現れるひび割れやあかぎれ。いったい原因は何なのでしょうか?効果のある対策はあるのでしょうか?

冬のひび割れの原因を探ろう

冬につきものの「ひび割れ」や「あかぎれ」ですが、その原因は何なのでしょうか?その理由を考える上で、症状を理解する必要があります。

ひび割れとあかぎれの違いを知ろう

ひび割れやあかぎれの違いって知っていますか?両方共に冬場に発症する皮膚トラブルなのですが、実はあかぎれの方が、ひび割れよりも重症化している症状になります。

つまり、皮膚のひび割れはあかぎれの前段階であり、ひび割れの時点で正確な対処を行うことで、あかぎれは防げることを意味しているのです。そこで!この記事ではひび割れにスポットライトを当てて紹介させていただきます。

皮膚のひび割れはどうして起こる?

皮膚のひび割れがなぜ冬場に多いかと言うと、冬独特の気候が原因となります。つまり、気温が低く湿度も低い環境が、皮膚にひび割れを発症させるのです。当たり前ですが冬は寒いですよね。一年中で最も寒いこの季節は空気が乾燥しており、皮膚の水分も蒸発しやすい状態にあります。

また私達の身体にある自律神経も、身体の体温を守るために血管を収縮して汗をかかないようにしてしまいます。そうなると皮膚の乾燥はますます進行してしまい、皮膚を覆っている皮脂成分も作られにくくなるのが原因です。

なぜひび割れが手にできやすいのか知っていますか?

どんなに寒くなっても、お尻やお腹にひび割れができることはありませんよね。これがなぜだか分かりますか?寒さによって自律神経が血管を収縮してしまう影響が、汗以外にもう一つあったのです。収縮した血管は血管内が細くなってしまい、血流が悪くなってしまいます。

血流が阻害されると皮膚まで十分な酸素や栄養が運ばれてこなくなり、その結果として新陳代謝が正常にできず、肌の乾燥が進行してしまうのです。また、肌の栄養不足は末端の細胞ほど影響を受けやすく、手や足などにひび割れが多くできてしまう原因となるのです。冬場は身体の末端ほど注意が必要だったのですね。

生活習慣によってもひび割れは発症する

冬の気候だけがひび割れの原因ではありません。日常的に行っている生活習慣にも、ひび割れを起こす原因が隠されています。もともと手のひび割れは、ある仕事での職業病と言われていました。

美容師や理容師がそうなのですが、彼らに共通するのは「手をシャンプーで濡らす」ことです。毎日何人ものお客さんにシャンプーを行うために、手をお湯につけて石鹸成分で洗い流していたのです。そのような環境では手の油分が取れてしまい、皮膚の保湿成分も低下してしまいます。

またすぐにドライヤーを使用することで、ますます手の乾燥を進めてしまう原因にもなりました。冬になると手の荒れた美容師を見かけるのはこのためだったのです。このような状況は一般家庭においても起きており、洗濯、食器洗い、水拭きなどが原因になり得ます。

家族が多い家庭ではお母さんが、毎日大量の洗濯や食器を洗うことでしょう。手には洗剤が付着して、寒い冬は熱いお湯を使用するかも知れません。その状況が手の保湿成分を失わせ、ひび割れの原因となるのです。

ひび割れの症状を知ろう

ひび割れが起こるにはいくつかのステップがあり、初期のステップで対策を取ることが、ひび割れを予防する上で重要になります。

ステップ1. 気温が下がり湿度も低下しているが、皮膚上特にカサカサ感も感じられない。
ステップ2. 若干皮膚にカサつきを感じてくるが、痛みや痒みはない。皮膚の角質が弱くなっている状態。
ステップ3. 皮膚がめくれたり毛羽立ったりする状態で、乾燥が進行している。
ステップ4. 肌の溝に沿って亀裂が生じひび割れが発症する。
ステップ5. ひび割れた皮膚に雑菌が入り込み炎症を起こし、痛みや痒みが出る。

一度炎症を起こしてしまうと完治するのに時間が掛かるため、ステップ1やステップ2の段階で対処を行うことが、ひび割れ予防にとって重要だと思います。ひび割れの症状をよく理解して、ステップ5に進行させないようにしましょう。

すぐに始められるひび割れ対策

ひび割れの発症は外部的要因が多く、その多くは予防することが可能です。今からすぐに始められるひび割れ対策を紹介します。

手洗い時の石鹸成分には注意が必要

風邪などの感染症予防で、手洗いを習慣にしている人は多いはずです。それ自体はとても良いことなのですが、方法に問題が隠されています。つまり過度に洗いすぎることは、手の角質を剥がし保湿成分をなくしてしまう可能性があるのです。

また、石鹸でよく洗っているのですが、すすぎが十分でないケースも多いのです。しっかりとすすぎを行わないと、手に石鹸成分が残留することとなり、角質を痛めてしまいます。冬は手を洗う機会が多いと思いますが、必要以上の洗いすぎは角質を痛める可能性があることを理解しましょう。また、手を洗う度に保湿クリームを塗ることも忘れないように行いましょう。

お湯の温度に気をつけよう

寒くなると、手洗いに使用するお湯の温度も上がりがちです。お湯は熱くなればなる程、手の油分を剥がしてしまい、乾燥の原因になります。手洗いを行うお湯の温度は38℃程度として、40℃を超える温度での手洗いはやらないようにしましょう。

1日1回程度の入浴では問題ありませんが、何回も行う手洗いで高温のお湯を使用することは、手の乾燥を早める原因になりますので、注意が必要です。

ゴム手袋を利用しよう

手が乾燥するからと言って、水仕事をやらない訳にはいきませんよね。そのような場合は「ゴム手袋」を使用するのも良いと思います。ゴム製の手袋は水を通さないので、手荒れの原因となる洗剤やお湯と触れる心配がありません。

特に初期のひび割れが発症したら、極力洗剤やお湯に触れないようにする必要があります。アレルギーなどでゴム手袋に抵抗がある人は、ビニール製の手袋も販売されているので、そちらを利用するのも良いでしょう。

ここで注意ですが、同じゴム手袋を長期間使用していると、手袋内部に雑菌が繁殖して、手に悪影響を与えることがあります。定期的に洗濯、殺菌することを心掛けて下さいね。

クリームによる保湿対策

手の乾燥を防ぐには、保湿クリームを使用するのが効果的です。保湿クリームとしては、保湿成分である「尿素」や、血行を促進する「ビタミンE」を配合した製品が効果的です。

一般的には「ワセリン」が皮膚の乾燥予防に良いとされていますが、ワセリン自体には保湿成分が含まれていないことから、保湿クリームを塗ってから、乾燥予防としてワセリンを塗るのが良い方法と言えます。「手洗いを行ったら保湿クリームを塗る」冬の生活習慣にされたらいかがでしょうか?

就寝時の手袋って何?

実は一日で最も乾燥しやすい時間帯が夜と考えられています。しかし反対に考えますと、長時間に渡り水も石鹸も触れる必要のない時間帯とも言えますよね。その時間を、手の乾燥予防に使用できないのは勿体ないと思いませんか?

やり方は簡単、手にタップリの保湿クリームを塗って、綿製の手袋を着用するだけです。手袋によって保湿クリームは効果的に皮膚に入り込み、手の乾燥を直してくれます。

あかぎれ状態に進行していても、手袋が布団の接触から守ってくれるので、雑菌も入りにくくなります。しかし、手袋の衛生管理には注意しなくてはいけません。手袋を数セット用意して、毎日洗濯したものを使用するようにしましょう。

ビタミンEで血行を促進しよう

保湿クリームに配合されることの多いビタミンEですが、サプリメントとして服用するのも効果的です。ビタミンEは血管の拡張作用があることから、収縮した血管を広げ、血流を改善する働きがあります。

ビタミンEはアーモンドなどナッツ類や植物オイルに多く含まれていますが、サプリメントでの摂取が簡単だと思います。保湿クリームで外部から、サプリメントで内部から、同時に手の乾燥を予防しましょう。

外出から帰ったら手のマッサージを

冬場に外出から帰ったら、身体全体が冷えていると思います。ストーブなどの暖房にあたると身体は徐々に温まってくるのですが、指先や手は冷たいままのことが多くありますよね。

「温まった」と感じても、それは脳が一部を判断しただけであり、身体全体が温まった訳ではないのです。このような状況を放置していると、手足など身体の末端部分の血行は悪いままなので、皮膚が乾燥する原因になってしまいます。

そうならないように、帰宅時には手足をさすって軽いマッサージを行いましょう。摩擦によって皮膚表面を刺激し、温め、血流を改善するのです。ストーブにあたるだけでは表面が温かくなるだけなので、内部から温めるようにしましょう。

ひび割れ対策は日々の生活習慣が大切

私達には様々な生活リズムがあり、生活習慣もあります。手のひび割れを予防するには、少しその習慣を改善するだけで良いのです。これらの習慣はひび割れの問題だけではなく、様々な皮膚トラブルの予防策にも共通するところがあるのです。「毎年のことだから」「冬は仕方がない」とあきらめる前に、自分でできることから始めてみませんか?

キャラクター紹介
ページ上部に戻る