TOP > > つらい冬の水仕事!手荒れ・ひび割れを予防するハンドケア5つの方法

つらい冬の水仕事!手荒れ・ひび割れを予防するハンドケア5つの方法

冬は空気が乾燥するので、手荒れやひび割れなど、手に関するトラブルが起こりやすい季節です。また、室内も暖房によって、空気はさらに乾いています。水仕事をすることが多い主婦の方であれば、何とかして手荒れやひび割れを防ぎたいことでしょう。そこで、水仕事で荒れた手を冬の乾燥から守る、ハンドケアの方法をご紹介します。

冬の手荒れを防ぐ5つのハンドケア

1.手を洗い過ぎないこと

皮膚の表面を覆っている角質は、皮膚の水分を外に逃がさない働きをしていますが、水仕事などで濡れた手は、角質にある皮脂が落ちやすい状態になっています。この時に手を洗い過ぎると、さらに皮脂が落ちてしまうので、手が乾燥しやすくなり、手荒れが起こるので注意しましょう。

また、水仕事の後は、皮膚の表面を拭き過ぎないようにしましょう。これは、皮脂を取り過ぎたり、角質を傷つけたりしないためです。手を拭く時は、やさしく肌をたたくように水分を拭き取るのがコツです。

2.ラテックスの入ったゴム手袋を使わないこと

ゴム手袋にはラテックスという素材が使われています。ラテックスはゴムの材料ですが、直接触ったり、水に溶けたりして皮膚に触れるとアレルギー反応を起こす人が多いのです。水仕事の時には、ゴム手袋ではなく、綿の手袋やビニール製の手袋に替えることで手荒れを予防することが出来ます。

3.ハンドクリームを使う際には、手のひらに多めに塗り込むこと

皮膚は、部位によって薬効成分の吸収力が異なります。手のひらは皮膚が厚く出来ているので、水仕事の後、ハンドクリームを使う時は、手の甲は薄く、手のひらを厚めにするとちょうど良く、手荒れを防げるのです。

また、ハンドクリームにも多くの種類がありますが、尿素が手に刺激を与えて手荒れがひどくなることもあるので、有効成分の量を目安にするよりも、自分の手に合ったものを選ぶ方が効果的です。

4.ひび割れは、防水タイプの絆創膏で傷口をガードする

ご家庭に絆創膏を常備されている方も多いと思いますが、水仕事の時、普通の絆創膏では傷口に水分や洗剤などの刺激物が入るので、ひび割れはなかなか治りません。防水タイプの絆創膏を使って、水分に触れないようにすることがひび割れを早く治す方法です。

また、防水絆創膏は、普通の絆創膏よりも幾分、気密性が高いので、肌の水分を逃がさない保湿効果もあります。

5.紫外線が当たらないように、普段から手袋を使うこと

意外にも冬は紫外線が強いので、紫外線による手のダメージを防ぐことも予防の1つです。外出時はなるべく手袋を着けるようにして、紫外線を防ぐようにしましょう。

その他にも、体の内側から保湿成分を補充することも出来ます。コンドロイチンを食事から摂ることによって、手の保湿成分の生成を促進するので、手荒れの予防や改善には効果的です。

手荒れやひび割れは、水や洗剤がしみたり、見た目にも、きれいとは言えませんね。保湿クリームを塗るだけで済まさず、こうした手荒れ予防の工夫を加えることで、手荒れ、ひび割れの予防効果はさらに高まります。是非、試してみて下さい。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る