TOP > > 臨床心理士は心理の王様?カウンセリングの効果を考えよう

臨床心理士は心理の王様?カウンセリングの効果を考えよう

心の専門家である臨床心理士について、正しく理解していこう。日本には心理やメンタル系の資格が多数存在しています。有名無名なものを合わせても、100以上の資格があると言われています。

ここで注意をしておきたいのが、カウンセリングの知識がさほどなくても、誰でもカウンセラーとして名称をかかげることができるのです。実はこれほど危険な行為はないのです。

カウンセリングとは?

始めに、カウンセリングについて、ご説明していきたいと思います。カウンセリングとは、依頼者のかかえる悩みや問題に対して、心理学的知識や技法を用いて行われる、相談援助のことを意味します。

カウンセリングを実践する者をカウンセラーと呼び、カウンセリングを受ける者をクライエントと呼んでいます。カウンセリングは医療行為にはあたらないため、誰でもカウンセラーとして名乗ることができるのです。実はここに大きな危険性が隠れているのです。

カウンセリングの基本は、クライエントの悩みに共感し、傾聴する姿勢が最も大切であると言われています。誰でもそうですが、自分の考えを真っ向から否定されたりすると、気分が害されてしまいますね。

カウンセラーは、例えクライエントの考えが歪んでいたとしても、そこは肯定も否定もせず、まず抱えている悩みを受容することからスタートしていきます。カウンセリングは単なるアドバイスではありません。

カウンセラーがクライエントに対して、直接アドバイスを送ることは原則的にありません。これは、カウンセリングの場で、クライエント自らが抱えている悩みにきちんと向き合えるように、認知の歪みや起動修正のお手伝いをしていくことが、カウンセラーの役目でもあります。

そのために医師から依頼されれば、心理検査や心理療法といったプロフェッショナルな技法を実践していくのです。

カウンセリングの危険性

では、なぜカウンセリングが危険なのでしょうか?日本において、心理系の資格には国家資格が1つも存在していません。指定の大学院を卒業している臨床心理士さえも、国家資格ではありません。心理系の資格は民間資格がほとんどです。

資格によって求められる専門性は千差万別であり、中には詐欺まがいの資格も存在しているのが現状です。人の心を扱う専門家として、安易にカウンセリングを行うことは、クライエントの命を落とすことにもなりかねないのです。

専門的知識に欠けていたり、倫理的配慮に欠けていたりする心理系の民間資格は、あらゆる問題性や危険性がたくさん指摘されているのです。高度な知識が要求される心理検査や心理療法といった技法は、臨床心理士だからこそできるのです。

そこには、何十年という長い年月が必要とされてきます。しかし、どんなに高度な勉強をしても、どんなに心の勉強をしても、人の心を読むことには限界があるのです。

心の専門家である臨床心理士さえも、クライエントの心を読むことはできないのです。安易な考えからカウンセリングを行い、クライエントの症状を悪化させてしまうことも大いにあるのです。

臨床心理士

では、心の専門家である臨床心理士について、ここから詳しくご説明していきたいと思います。臨床心理士は、カウンセリングや心理検査、心理療法を行います。しかし、医師と違って薬物治療を行うことはできません。

診断書を記載することや、診断や治療方針を決定する権利は一切ありません。すなわち臨床心理士はカウンセリングや心理検査から、クライエントの見立てや方向性を立てる立場であることが分かります。

臨床心理士は心理系の資格の中では、最も認知度が高く、信頼性も高い資格であるといわれています。臨床心理士になるには、指定大学院を卒業後、受験資格が与えられ、この試験に合格すると臨床心理士の資格を取得することができます。

しかし、仕事の需要率は非常に低く、臨床心理士だけで生活をしていくのが厳しい世界でもあります。ここが国家資格になっていない現状でもあり、まだまだ臨床心理士の仕事が世の中に浸透していないのが現実なのです。

高度な知識が要求される臨床心理士は、求められるものも非常に多く、カウンセラーとして一人立ちできるのには、何十年という年月が必要とされてきます。大学院を卒業しても、すぐに現場に適応できるわけではありません。

カウンセリングの危険性を認識しているからこそ、安易なカウンセリングはできないのです。それだけ人の心を適切に理解する厳しさが要求されてくるのです。私は決して、民間の心理系資格を否定しているわけではありません。

しかし、浅はかな考えからカウンセリングを行い、クライエントの命が落とされることも大いにあるということを強く主張したいのです。この機会に臨床心理士が行うカウンセリングの効果を、ぜひ考えてみてください。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る