TOP > > 長引く咳にステロイド吸入薬が出された。私は喘息なの?

長引く咳にステロイド吸入薬が出された。私は喘息なの?

風邪をひいた後、咳だけがまだ治らないことがよくあります。このような時、ステロイド吸入薬を処方されて驚く人がいます。「私、喘息になっちゃったの?」って。特に心配を増強させてしまうのは「ステロイド」という言葉。

ステロイド薬について最近は正しく理解されるようにはなりましたが、まだまだ、「ステロイド薬は恐ろしい」という考え方の人も沢山おられるようです。喘息とは思わないのに、何故、恐ろしいステロイド吸入薬が処方されたのでしょうか?

せき喘息という診断が下されたのです

喘息のように「ヒューヒュー」と喉が鳴るわけでもない、息が苦しくなるわけでもなく、咳が長く続いてしまうような場合、せき喘息を疑います。

せき喘息は心配されるような本命の喘息ではありませんが、喘息になる前段階と考えられています。治療しないと3割ぐらいの人がその後、本命の喘息になるといわれています。

せき喘息は本命の喘息の薬がよく効きます

せき喘息は一般の咳止め薬や風邪薬は効かないのですが、喘息の薬「気管支拡張薬」がよく効くのです。3週間以上、空咳が続き、他の病気や薬の副作用がなく、喘息の薬で症状が和らぐのであれば、せき喘息の可能性が高いです。

せき喘息によく効く吸入ステロイド薬

せき喘息には気管支拡張薬、抗アレルギー薬、吸入ステロイド薬がありますが、まずは吸入ステロイド薬がすすめられます。気管支拡張薬は一時的に咳は止まりますが、使用をやめると再発します。

吸入ステロイド薬のメリット

吸入ステロイド薬は炎症をしずめ、病気が本命の喘息に進行するのを防いでくれます。再発を防ぐために、咳が治まってからも数ヶ月は続けたほうがよいとされています。吸入ステロイド薬は、ステロイドの飲み薬と違い、全身的な副作用はほとんどありません。

従って、安心して使うことができます。吸入ステロイド薬の副作用といえば、口の中に残った薬が原因で感染症がおきやすくなってしまうことですので、吸入後には必ず、うがいをしましょう。

せき喘息と診断された患者さんの中に、軽症の喘息になってしまった人が混じっていることもあるので、できるだけ、呼吸器科などの専門医の診察を受けられることをお薦めします。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る