TOP > > これで夜もぐっすり眠れます。子どもの咳を上手にホームケアする方法

これで夜もぐっすり眠れます。子どもの咳を上手にホームケアする方法

風邪の引きはじめのケアが大切

咳が出はじめたら、空気の通り道「気道」に病原菌が入り込んだサイン。この時点で病原菌を上手く排除できれば感染を最小限に抑えられます。

子どもがコンコン咳をしはじめたら、まず換気をしましょう。室内の空気を入れ替えて病原菌を追い出します。次に水分を多めに与えましょう。子どもは上手に痰を出すことができませんね。特に水分の少ない痰は粘度を増し気道に絡みつき排出しづらくなります。水分を多く摂ることによって痰をやわらかくして、出しやすくします。

水分の摂取は柑橘系の飲み物や乳飲料は避けます。気道を刺激して吐き気をもよおすことがある為です。加湿器や洗濯物の部屋干しで室内の乾燥も防ぎましょう。

蒸しタオルでのどや鼻の周りを温めるのも有効です。血行がよくなり痰が出やすくなる効果と、暖かくて気持ちが良いので子どもが落ち着きます。

子どもが咳こんで眠れないときは

朝晩にひどくなる傾向がある咳の症状は、子どもを睡眠不足にしてしまいます。体力のない子どもが睡眠不足になってしまうと回復に支障を来たし症状が長引いてしまうことも。

そんな時は、縦に抱っこして眠らせてあげましょう。寝ている状態よりも起き上がった状態であると気道が広がる為、痰の排出をスムーズにしたり、呼吸が楽になったりします。

背中をトントンたたいてあげるとつかえも取れるうえ、リズムが心地良く、ぐっすり眠れます。お世話をする方は大変ですが、子どもがすやすや眠ってくれた方が気持ちも楽になりますね。

受診が必要になる心配な症状

咳の症状とともに熱がないか確認しましょう。発熱していたらすでに罹患していると考えます。咳の原因となる病気は多くありますので、すぐに治まらない場合は熱がなくても念のため受診しましょう。特徴のある咳が出る場合や、小児ぜんそくと診断されたことがある場合も医療機関へ。

痰の排出が上手くできずに、病原菌が肺に入り込んだり、痰が肺の中に溜まったりという状態が肺炎です。子どもは痰を上手く出すことができないので、このような経緯から肺炎になってしまうケースが多くあります。咳の症状を放っておくとすぐに重症化してしまうのでご注意を。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る