TOP > > COPDを引き起こす有害物質『PM2.5』の本当の怖さと予防法

COPDを引き起こす有害物質『PM2.5』の本当の怖さと予防法

PM2.5による大気汚染が深刻な問題になっています。しかし、PM2.5は大気汚染の原因となるだけでなく、健康にも深刻な影響を与えていることは、まだ認識が不十分なようです。PM2.5が人の健康に及ぼす怖さと、PM2.5の健康被害を予防する方法についてご紹介したいと思います。

そもそもPM2.5とは何か?

PM2.5というものを、実際にはどんなものか理解している人は意外と少ないのではないでしょうか?PM2.5とは、2.5μm(マイクロメートル)以下の、とても小さな微粒子の総称です。

問題なのは、このとても小さな微粒子には、自動車の排気ガスや化学工場やゴミ焼却場から出る有害な排気ガスが多量に含まれていることです。PM2.5のほとんどは中国から日本へ飛んで来ると言わざるを得ないのですが、これは中国でのガソリンや排気ガスなどの環境基準が世界的な基準よりも緩いために起こります。

PM2.5が健康への悪影響を及ぼす理由

PM2.5の形は、実は、まん丸ではなく尖っていて、ちょうどアイスピックで氷を砕いたようにギザギザしています。この尖った部分が、肺や気道などの細かい部分の粘膜や血管を傷つけたり、肺胞という肺の奥で酸素と二酸化炭素を交換するガス交換をする部分にくっついて肺胞の機能を壊してしまうのです。

残念ながら、肺の細胞は一度壊れて機能しなくなると二度と元に戻ることはありません。PM2.5を吸い込むということは、肺の機能を壊しているのと同じことなのです。

タバコを吸う人だけでない、PM2.5によるCOPDのリスク

PM2.5が体に及ぼす悪影響は、肺炎、肺がん、COPD(慢性閉塞性肺疾患)などの呼吸器疾患です。特に最近になり急増しているのはCOPDです。この病気は、簡単に言えば肺の細胞が慢性的に炎症を起こしたり、肺の働きが悪くなって肺のガス交換ができなくなる病気です。

今までは、タバコを吸う人に多くみられる症状だったので、タバコ病とも言われていましたが、PM2.5が原因でCOPDになる人が急増しているのです。

つまり、PM2.5はタバコを吸う人の肺の病気を増悪させ、タバコを吸わない人でもタバコを吸う人と同じくらい肺の病気にかかるリスクが高まるのです。ですから、タバコを吸わないからといって、COPDなど肺の疾患にはかからないとは言えないのです。

PM2.5による呼吸器疾患を防ぐために

1.吸い込んだり皮膚に触れたりしないこと

PM2.5による健康被害を防ぐ方法は、とにかく吸い込んだり、触れたりしないようにすることです。最近はPM2.5の濃度が高くなると各自治体から警報が出ますから、その時には不要不急の外出は控えるようにしましょう。

また、マスクを着用することも予防には効果があります。ただし、PM2.5はとても小さい粒子なので、市販されているマスクでは、マスクのフィルターを簡単に通ってしまいます。

しかし、PM2.5がほこりなど他の物質とくっついて吸い込むことも多いので、その物質ごと吸い込むことを防ぐという点ではマスクには大きな効果があります。

また、PM2.5の吸入を阻害するためにN95規格のマスクというのがありますが、マスクの目が細かい分、息がしづらく、現実的には使えないでしょう。不織布タイプの使いやすいマスクを選べば良いと思います。

2.肺の機能を高めること

PM2.5は、肺のガス交換の機能を低下させるので、全身へ酸素が行き届かなくなり、様々な病気を生じさせます。ですから、機能が弱くなった肺の機能を高める訓練が必要です。

私たちが呼吸をする時には、肺自体を膨らませたり縮ませたりしているのではなく、横隔膜筋という筋肉を動かすことによって、肺の気圧を変えて空気の出し入れをしています。ですから、横隔膜筋を鍛えることで、より多くの空気を吸い込み、酸素をたくさん摂り込むしかありません。

横隔膜筋を鍛えるには、肺の中の空気を全て出し切るようなトレーニングが有効です。肺の空気を全て出し切るイメージで練習をすると、横隔膜筋を鍛え、肺の機能を改善することができます。

3.食事や栄養から予防すること

食事で気を付けることは、食べ過ぎないことです。お腹が膨らむと横隔膜が圧迫されるので、その分、深い呼吸ができなくなります。また、炭酸飲料などガスが出るものも控えた方が良いでしょう。

既にCOPDの症状がある人は、ミネラルが不足しているので、カルシウムやカリウムをしっかりとるように献立を工夫しましょう。

PM2.5は、COPDなど呼吸器疾患に直結します。できる限りの対応をして健康を守っていきましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る