TOP > > コンタクトレンズの曇り除去?原因が目の乾燥なら、あくびが有効

コンタクトレンズの曇り除去?原因が目の乾燥なら、あくびが有効

今でこそ、コンタクトレンズを使用するなんて、誰でも当たり前という時代になりましたが、筆者がコンタクトレンズの装用を始めた数十年前には、それこそ珍しい物を眼に入れ始めたという話題が飛び交い、下校時には同級生が群がって覗き込みにきたりなど、クラス中で大騒ぎになったのを覚えています。

レンズの曇りで眼科をハシゴ

それでも筆者が、ハードだけに限定されるものの、コンタクトレンズの装用者としては、かなり歴史の長い部類に入る事は、たぶん間違いないでしょう。その体験上、実感できる事柄なのですが、コンタクトレンズの愛好家にとって、レンズの曇りは切実な問題です。

確かに、レンズが曇るという悩みは、コンタクトレンズ装用者の間で、日常的に聞かされたものです。かくいう筆者自身も、コンタクトレンズが曇る悩みで、学生時代に眼科めぐりを繰り返した思い出があります。その眼科めぐりというのは、実際には眼科のハシゴと言うべきものでした。

つまり、どの眼科を受診しても解決しないので、次の眼科に移行するという状態だったのです。その眼科のハシゴが更に、「一旦止めても、また始まる」という具合に、期間を置いては繰り返されたのですね。

その間、眼科の医師からは、様々な対処法が提案されましたが、どれも曇りの解決には至りませんでした。要するに、何の病気もない健康な眼球だった訳ですから、医師にとってはそれを「曇る」と言われても、途方に暮れる状態であったに違いありません。

レンズの曇りには心因性も

ただ不思議な事に、その時まだ若かった親から、「今気になる事がたまたま、眼に来ているだけではないのか?他に気になる事が出来たら、レンズの曇りは気にならなくなるのではないか」と言われたのです。

その時は「そんな馬鹿な。本当に曇るのに」と思いましたが、数十年も経過した今その時の親の言葉が正解だったと、感嘆と共に認めざるを得ません。何故なら、その後の人生で、あらゆる悩みが押し寄せる中、ある日気が付いた時には、コンタクトレンズの曇りは解決していたからです。

そうです。レンズの曇りは解決したのではなく、完璧でなければならないと思い込む心が、レンズの曇りから他の事柄に移行しただけなのです。素人が勝手に病名を付けてはいけませんが、これがコンタクトレンズの心因性の曇りでしょう。

結局のところ、目から分泌物が出るのは当然なのだから、コンタクトレンズに白い液が付着するなんて、誰にでもあって当たり前の現象なのですね。それなのに「視界は透き通っているもの」という完全主義を持つからこそ、「これは曇りだから、取り除きたい」と願う気持ちを起こしたという事に他なりません。

勿論、コンタクトレンズの曇りの中には、明らかに眼球に病的な異常がある場合もあります。でも、こうした心因性のコンタクトレンズの曇りは、結構な割合で存在しているに違いないのです。

点眼を続けるコツ

え?それでも「でも目から外したレンズに、白い液が付着しているのが、本当に気持ち悪くて。目にはめている時でも、白い液が出て来て、気になって仕方ない。何とかクリアな視界を持ちたいのですが…」と、どうしてもお望みなのですね?

それでは、乾燥が原因の曇りの場合ですが、人口涙液タイプの目薬を、こまめに点眼する方法はいかがでしょう?「そんなこと、すでにやっていますよ」と言われそうですが、目薬って何かに収納してしまっては、つい面倒で目には差さなくなるものなのです。

そこで、こまめに点眼するコツですが、外出時の場合は、目薬を箱や袋から出した容器の状態で、鞄の中でも出しやすい場所に入れるに限ります。また自宅の場合には、収納の先生からは叱られそうですが、安い物で良いから目薬を何本も買い揃えて、自分が移動する場所の全部に並べるかですね。

あくびをすると、涙で眼が潤う

それから、涙で眼を潤す特効薬に、自発的なあくび(欠伸)があります。不思議な事ですが、あくびをすると涙が出るのは、誰でも経験済みでしょう。「でも、眠くもないのに、あくびなんて自分から出来る訳が…」なんて思わないで…誰も見ていない場所で、思い切り腕を上に伸ばすだけでも、あくびなんて簡単に出て来ますから。

誰かをマッサージすると、自分にあくびが連発する

それでも、あくびが出ない方には、とっておきの秘訣をご紹介しましょう。マッサージするのです。それも自分にではなく、誰かをマッサージしてあげるのです。まさかと思うでしょうが、効果はテキメン、相手の身体を押し続ける間、自分の口からはあくびが止まりません。

そして自分の眼は涙で濡れ、コンタクトレンズを通した視界は、透明な美しさを取り戻すのです。こうした、自発的なあくびを今後は習慣化し、コンタクトレンズの曇りから解放されて下さいね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る