TOP > > 白ワインで便秘解消+デトックス!あなたを酔わせる健康効果

白ワインで便秘解消+デトックス!あなたを酔わせる健康効果

高ポリフェノールで知られる赤ワイン。美容効果もあると今では愛飲する方も多いと思いますが、毒素排出、いわゆるデトックス効果で言うならば白ワインに軍配があがる模様です。

白ワインに多く含まれる有機酸が腸内環境を良好にし、また豊富なカリウムは余分なナトリウムを排出して利尿作用を強化、新陳代謝を活発にしてくれます。

白ワインで『美腸』を目指す!便秘解消に加え大腸がんの予防にも

白ワインが腸内環境を良くしてくれるのは、いわゆるすっぱい成分である有機酸のおかげ。有機酸には腸内のpH(酸性、アルカリ性の度合いを示す値)を下げ、理想的な弱酸性に保つ効果があります。

腸内が弱酸性に保たれていると、排泄物の腐敗を防ぐ善玉菌が活発になり、逆にガスなどを発生させる悪玉菌は数が減少します。腸内バランスがきちんと保たれていると便秘や下痢になりにくく、また大腸がんの危険性もぐっと下がるため非常に安心です。

有機酸だけであれば他の食品にも多く含まれますが、白ワインが可能としているアルコールと有機酸という組み合わせが実は非常に相性が良く、アルコールの通常の殺菌効果がより強化され、また即効性のあるものに変わる効果があります。

ワインは主に食事と共に楽しむもの。食べた料理の毒素を消毒してくれるのはもちろん、その即効性から食事中に悪玉菌を作り出すのを防ぎ、消化をスムーズにする理想的な飲み物と言えます。赤ワインが神の血液なら、白ワインは神の涙といった所でしょうか。

豊富なカリウムがむくみを防ぐ!ただし安物ワインに注意して

白ワインの長所は有機酸だけではありません。豊富に含まれるカリウムは体内の余分なナトリウムを排出し、利尿作用を強めて代謝を高めるはたらきがあります。女性の悩みに多い、むくみを解消する効果はもちろん、代謝が良くなる事は肥満防止にも繋がります。

まさに魅力にあふれた白ワインですが、どれを飲んでも効果が同じと言えない部分があります。日本に多く出回る安物ワインには成分が調整されているものや、保存料などの添加物が多く入っている場合が多い様です。

特に、コルクが使われていないワインは保存料のために悪酔い、二日酔いを起こしやすく、健康目的で飲むのにはあまりおすすめできません。白ワインは1日におよそ100ml~360mlを目安に飲むのが効果的とされ、いくら健康に良いからと、計画性に欠けた飲酒は控える様にしましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る