TOP > > 妊娠中に便秘になりやすくなるメカニズムとその解消方法

妊娠中に便秘になりやすくなるメカニズムとその解消方法

妊娠中の便秘

便秘に悩む女性は大変多いと思います。何日もお通じがない、お通じがあってもスッキリしないなど、その度合いや症状は人それぞれですが本当に辛いものですよね。また便秘が酷くなるとお腹が張る・吐き気がする・食欲がなくなる等の弊害も現れてきます。

この辛い便秘ですが、妊娠中の女性にとってはより深刻な問題となります。それは自分の体だけでなく赤ちゃんにとっても大きな影響を与えるからです。妊娠中は気軽に市販の便秘薬を飲むわけにはいきません。刺激の強い便秘薬を服用した場合には切迫流産という最悪の結果を招くこともあります。

今まで便秘だった女性が妊娠を機に更に酷い便秘に陥るケースもありますし、妊娠して初めて便秘を経験する人もいます。ではどうして妊娠中に便秘になりやすくなるのか?そのメカニズムと妊婦さんの便秘にお勧めの対策法を紹介していきます。

原因1.黄体ホルモンの影響

生理の前になると便秘になりやすいという方はいらっしゃいませんか?これは黄体ホルモンという女性ホルモンが影響しているからです。黄体ホルモンは生理前にかけて多く分泌され、この影響で便秘になる女性が多いと言われています。

これと同じことが妊娠中にも起こります。特に妊娠初期は黄体ホルモンが多く分泌され、この影響で便秘を招きやすくなります。今までほとんど便秘を経験したことのなかった女性が妊娠を機に便秘になるのは、この黄体ホルモンの影響が大きいのです。

原因2.赤ちゃんの成長

赤ちゃんが子宮の中で成長するにつれ、子宮の近くにある大腸も圧迫されます。これにより便の停滞が起こりやすいと言われています。赤ちゃんが成長するにつれ症状が出やすくなるので、妊娠中期からの便秘はこの理由によるものが大きいです。

また妊娠中はお腹の赤ちゃんに優先的に栄養や水分が送られていきます。自分はしっかりと水分を摂っているつもりでも、母体は水分不足になっている可能性があります。水分が不足すると便が固くなり、排出しにくくなってしまいます。

原因3.生活習慣の変化

妊娠により食生活を始めとした生活習慣が大きく変化することがあります。この変化が便秘を招いてしまう可能性があります。妊娠中はつわりなどで大変なものです。そうなるとつい簡単なもので済ませるようになり、野菜不足や水分不足に陥ることも。また妊娠前に比べてどうしても運動不足になりやすいことも挙げられます。

妊娠中のストレスも便秘を招く大きな原因になります。妊娠中は不安も大きいですし、生活習慣の変化により知らず知らずのうちにストレスを抱えてしまっていることも多いのです。強いストレスは自律神経を乱すので、排便リズムにも影響を与えてしまう可能性があります。

妊娠中の便秘対策

軽い便秘であれば食生活を少し気をつけるだけで改善が見込めます。水分をたっぷりと摂るように心がけ、1日3食バランスの良い食事を心がけましょう。特に海藻類は食物繊維が豊富で便秘解消に効果的ですし、妊娠中に必要な栄養もしっかりと入っているのでお勧めの食材と言えます。またバランスの良い食事に加えて軽い運動も心がけてください。

自分で努力をしても改善が見られない場合は担当医に相談をしてみましょう。プロの視点からの適切なアドバイスや薬の処方が行われます。病院で市販される便秘薬は妊娠中でも赤ちゃんに影響を与えない刺激の弱いものとなります。決して自己判断で市販の便秘薬を服用しないでください。

市販の便秘薬を飲んではいけない理由

妊娠中に市販の便秘薬を飲んではいけない理由は、赤ちゃんに大きな影響を与え、最悪の場合は流産という結果を招いてしまう可能性があるからです。

便秘薬の多くは大腸に直接刺激を与えるタイプのものです。このタイプのものは妊娠中の母体にとってあまりにも刺激が強すぎるのです。また便秘薬には子宮を収縮させる作用のある成分が含まれている場合もあります。

市販の便秘薬の中にも『大腸を直接刺激しない』『自然なお通じ』というような表記のものがありますが、絶対に自己判断では飲まないようにしてください。必ず担当医に相談し、病院から処方された薬のみを飲むようにしましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る