TOP > > お腹の赤ちゃんにも安心!妊娠中でもできる便秘対策、教えます

お腹の赤ちゃんにも安心!妊娠中でもできる便秘対策、教えます

妊娠中に気になる症状のひとつ、便秘。妊娠前には便秘とは無縁だったはずなのに、妊娠したら便秘に苦しむようになってしまった、なんて人もいるでしょう。

妊娠中は、腹筋を使う運動やお腹のマッサージも赤ちゃんのことを思うとできず、市販の便秘薬も使えませんよね。

そうかと言ってそのまま何日も放置していては、ただでさえ重いお腹がますます重く苦しくなるばかり。毒素をお腹の中に溜め込むことにもなり、赤ちゃんのためにもよくありません。そこで今回は、赤ちゃんにも安心で、妊婦さんにもラクラクできる便秘対策をお教えします!

妊娠中の便秘の原因はコレ!

妊娠中の便秘は、普段の便秘とは原因が変わってきます。まずは原因をしっかりと把握しましょう。

腸の運動機能が低下する

これは、ホルモンの影響によるもの。妊娠中は「黄体ホルモン」という女性ホルモンの一種が盛んに分泌されるようになります。この「黄体ホルモン」に影響されて、腸の働きが弱くなり、便秘になりやすくなってしまうのです。

水分が不足する

妊娠すると、体が必要とする水分がぐんと増えます。お腹の赤ちゃんもたくさんの水分を必要とするようになるので、普段よりも水分不足になりやすく、便秘になってしまうのです。

また、つわりや体のだるさなどで飲み物を摂りづらくなる場合もあるでしょう。これも便秘の原因のひとつです。

子宮が腸を圧迫する

赤ちゃんが大きくなるにつれて、子宮もどんどん大きくなります。大きくなった子宮は腸を圧迫するため、便秘につながってしまうのです。

妊娠と便秘は深く関係している理由がわかりますね。では次に、妊娠中の便秘対策を挙げていきましょう。

まずは食事で対策!

つわりが落ち着いて食事がしっかりととれるようになったら、食事内容をきちんと見直して便秘対策をしましょう。野菜中心の食事を心がけて。

オススメは、大豆などの豆類。食物繊維だけでなく葉酸や鉄分など、妊婦さんに必要な栄養素を豊富に含んでいます。納豆、豆腐、おからなどで積極的に取り入れましょう。

ジャガイモやサツマイモなどのイモ類や、ゴボウ、ダイコンなど根菜類も良いでしょう。食物繊維のほかにビタミンやミネラルが豊富なうえに体を温める効果もあって、妊婦さんにはうれしい食材です。

運動するならウォーキングを!

ジョギングなどの激しい運動はもちろんダメですが、適度な運動は大切。ウォーキングや散歩などで、ストレス発散も兼ねて体を動かしましょう。ただ、くれぐれも無理はせず、医師と適宜相談のうえ行ってくださいね。

こまめな水分補給を!

普段よりもこまめに水分を摂るよう心がけましょう。また、ここで言う「水分」は、できれば温かいものにすること。妊娠中に冷えは禁物です。夏場などでホットのものが飲みづらい場合は、せめて常温か温めにしましょう。

大きなお腹をかかえてお茶をいれに立つのも億劫で、なかなか水分補給ができないこともありますよね。そういうときにオススメなのが、大きめの水筒。

ルイボスティーや麦茶、ほうじ茶などノンカフェインのものを水筒いっぱいにつくっておき、いつでも飲めるように手元に置いておきましょう。リビングや寝室など、どこへでも持っていくことができ、気づいたときに飲むようにすれば、水分不足を予防できます。

医師に相談すれば妊娠中でも使える薬はあるけれど、自然な方法で便秘を解消するに越したことはありません。便秘対策万全のお腹で、赤ちゃんの胎動を感じましょう!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る