TOP > > 頑固な便秘に効果あり!生野菜と果物を「先に食べる」新習慣

頑固な便秘に効果あり!生野菜と果物を「先に食べる」新習慣

女性の体の特性上、なかなかさけることができないと言われる便秘。便秘を一度も経験していないという女性はいないのではないかというぐらいに、多くの女性を悩ませている症状です。

便秘症の女性の3人に1人は便秘薬や浣腸などの薬を利用しているというデータもあります。便秘に効くとされているさまざまな手段を使っても、便秘を解消できないという人が多いということの表れだと言うことができます。

しかし、薬が体に決して良いものではないということもみなさんよく知っています。便秘薬は一度使い始めるとなかなかやめられなくなってしまいます。便秘薬でしか出せなくなってしまうのです。

できるならば薬に頼らず便秘を解消したい。そう考えている方へおすすめしたいのが、生野菜と果物を「先に食べる」という食習慣です。どういうものなのか、どのように便秘に効果が期待できるのかをご紹介します。

生野菜の「エネルギー密度」に注目!

野菜、その中でも特に生で食べられる野菜というのは、「かさ」の割にエネルギー密度が低い食材です。言いかえると、たくさん食べても熱量(エネルギー量)が少ないということ。たくさん食べてもカロリーを気にしなくてすむのです。

実際、同じカロリーでもご飯で摂取するのと、サラダで摂取するのとでは、その量は歴然。サラダの方が圧倒的に「かさ」が大きいのです。便秘解消にはなんといっても食物繊維が効きます。食物繊維が豊富な野菜はたくさん取り込みたいですよね。

しかし、ご飯の「おかず」としてサラダを食べようとすると、ご飯や他のおかずなどがお腹をいっぱいにさせてしまい、たくさん食べることができません。ですから食事の一番最初に食べる方が、生野菜をしっかりたくさん食べられるのです。

フレッシュな野菜と果物が持つ「酵素」に注目!

酵素は最近注目を集めている成分。私たちの体は、生命維持のため、酵素を絶対必要とします。酵素は、食事として体内に取り入れたものをスピーディーに分解・消化し、栄養素が上手く吸収できるように助ける働きをします。

そのため、酵素をたくさん取り込むと体の代謝がスムーズに進みます。言いかえると、体が老廃物をためておかなくなります。当然便秘にもなりにくくなります。

すごいパワーを持っている酵素をどのように体内に取り込むのか。一番手っ取り早い方法が、生野菜と果物をたくさん食べるということなのです。フレッシュな野菜と果物は、自分自身をすばやく消化させるための酵素を持ち合わせています。酵素を食事の一番最初に取り込むことで、他の食材の消化も助けてくれます。

レストランなどではサラダが一番最初にでてきます。それはとても理にかなったことなのです。フルーツを食後のデザートとして食べる方も多いでしょうが、便秘解消には食事の最初に食べることをおすすめします。

野菜と果物の水分に注目!

便秘解消に水分が不可欠ということはみなさんご存知のはず。しかし、いくら水分を多くとらなければいけないからといって、水ばかり飲んでいても面白くありませんよね。

フレッシュな野菜や果物にも水分は豊富に含まれています。それに水だけでは他の栄養素は摂れませんが、野菜や果物からは水分以外にもたくさんのミネラル・ビタミンを摂取することができ、まさに一石何鳥にもなるわけです。

食事の前に生野菜と果物を食べることによって、空腹だったお腹もすこし落ち着きます。暴飲暴食防止にもつながります。

以上の3点に注目し、生野菜と果物を「先に食べる」食習慣をご提案します。今すぐにでも始められますし、無理がないので長い間続けることができます。あらゆる便秘対策を講じてきたけれど、なかなか続けることができなかったという方にもおすすめです。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る