TOP > > 便秘解消の特効薬!海藻を食べて毎朝快便

便秘解消の特効薬!海藻を食べて毎朝快便

便秘に効く食べ物

便秘は誰もが一度は経験し、辛い思いをする症状です。中には消化器疾患を伴っている場合がありますので、ひどい場合には検査を受けてください。そういった便秘ではなく「なんだか最近すぐれない」という生活習慣からくる便秘で悩む人におすすめしたいのは海藻です。

便秘に良いという食材は色々と紹介されています。中でも野菜をちゃんと食べなさいという話はよく耳にすると思います。これはもちろん栄養を摂るためにも大切ですが、食物繊維を摂ることが良いとされているのです。そして食物繊維は野菜だけでなく海藻にも含まれているのです。

海藻の食物繊維

海藻に含まれている食物繊維はアルギン酸とフコイダンと呼ばれる成分です。そもそも食物繊維はヒトの消化酵素では消化されず、腸内に辿り着く成分を指します。最終的には腸内細菌が分解するものもあります。

消化されないということは、ある程度の大きさを保ったまま消化管を通過するということになります。つまり、食物繊維を多く摂取したときの便は、多く摂取していないときに比べて大きくなり、便意を催しやすく、排便しやすくなるという効果が期待できるのです。

また、消化管を活性化する働きもあります。腸内環境を整えるという意味では、ビフィズス菌などの人体に有益な腸内細菌の増殖を助ける機能もあり、様々な面から便秘を予防、改善してくれます。他にも糖の吸収を遅れさせることで血糖の急激な上昇を抑えたり、ナトリウムの排泄促進など、生活習慣病の予防も期待できます。

食事への取り入れ方

一口に海藻と言っても様々な種類があります。昆布、わかめ、もずく、ひじきなどがあり、生のものもあれば、乾燥されているものもあります。これらをどのようにして料理に取り入れていくかで、日々の食物繊維の摂取量は変わっていきます。

まず、だしを取り終えた昆布は捨てずに料理に使うようにしましょう。甘い塩味の佃煮にすると良いご飯のお供になります。わかめはみそ汁によく使われますが、生野菜のサラダにトッピングすると、簡単にたくさん食べることが出来ます。

ひじきは水で戻し、煮物や和え物に重宝します。同じく食物繊維の多いおからと組み合わせて煮物を作ると美味しい上に、便秘解消の効果をさらに期待することが出来ます。寒天も海藻から出来ているので、食後には寒天で固めたゼリーなども良いでしょう。

便秘は薬に頼らず、生活習慣を見直すことで改善することが可能です。薬を買う前に、海藻を買って食事に取り入れてみてはいかがでしょうか。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る