TOP > > 高齢者も危険な便秘の怖いリスク!便秘を解消する3つの方法

高齢者も危険な便秘の怖いリスク!便秘を解消する3つの方法

便秘という症状は、この症状で悩んでいる人であればあるほど、「便秘とは一生付き合っていかなければならない」とか、「便秘は遺伝的なものもあって体質だから」と、症状の改善を諦めている人が多いのです。

特に、便秘というのは女性に多く、悩んでいる人は多いものの、それほど危険性を認識している人は少なく、症状を放置している人がたくさんいます。しかしながら、便秘という症状を長い間放置していると、身体の様々な部分で副次的な不調を来たすようになるのです。便秘を放置することによる怖い症状をご紹介するとともに、その症状の対処法をご紹介いたします。

便秘の現状

便秘という言葉は女性を中心に日常的に聞く言葉なので、かなり麻痺している人も多いですが、日本でも約700万人が便秘で悩んでいるというデータもあります。つまり、全人口の5~7%くらいの人が便秘で悩んでいる計算になりますが、特に多いのは女性であり、この700万人の中でも、70%は女性と言われております。

この数字を見ると、自分だけではないので、ちょっとした便秘は放っておいても問題ないだろう?と考えるかも知れませんが、それが大問題なんです!便秘を放っておいたら、便が出なくなるだけでなく、様々な副次的な悪影響が発生するのです。今回はそれを紹介するとともに対処法をご紹介していきたいと思います。

便秘が引き起こす恐ろしい症状

何度も述べますが、便秘という症状は軽視されがちです。日常的に便秘の症状に悩まされている人も多いと思いますので、便秘がもたらす怖いリスクを認識して、症状の改善に努めましょう!

便秘を放っておくと現れる可能性がある症状

・肌荒れ:便が溜まり、腸の働きが悪くなるため、肌にくすみなどが生じたり、腸に老廃物がたまる事によって、ニキビや吹き出物の原因となります。
・肥満:便秘になると腸に古い便が溜まることになるので、腸で栄養を吸収しにくくなり、働きが悪くなります。そして、新たに摂取した栄養は腸で消化されず身体へ蓄積されてしまいます。
・口臭や体臭:便秘によって腸内に老廃物がたまると、腸の中で長い間放置されるため、腐敗が始まります。それが逆流し口臭となったり、体外へ排出され体臭となります。

便秘を解消する方法

便秘の恐ろしい症状を理解していただいたところで、どのようにして便秘を解消したら良いのでしょうか?便秘を日常的に抱える人の多くは、便秘薬などに頼る傾向にありますが、便秘薬に頼り過ぎると、次第に便を自分で体外に排出する筋肉や働きが弱ってしまうため、薬漬けの状態になってしまいます。

と、いうことで、自分の力で便秘を解消するために役立つ方法をお伝えしましょう。

1.運動をする:運動の種類は問いませんが、お腹周りを活発に動かす事によって、腸の動きを促したり、代謝を上げることによって便秘を解消しやすくなります。
2.規則正しい生活をする:早寝早起きを意識することによって、朝起きた時に朝日を浴びるという習慣が身に付き、それによって自身の自律神経が整えられます。自律神経が整えられると、体内の老廃物を体外に排出しようとする作用が活発になります。
3.整腸作用のあるものを取り入れる:オリゴ糖をかけたヨーグルトなど、整腸作用のある食材を取り入れることによって、腸の働きを活性化させましょう。

ガンなどの大病に比べ、放っておかれる事が多い便秘という症状ですが、多くの人が悩んでいる事も事実です。これを機に、食生活の改善などを施し、便秘とともに生活する日常から脱出しませんか?

キャラクター紹介
ページ上部に戻る