TOP > > 便秘にお悩みの方必見!2つの食物繊維とそれぞれの役割について

便秘にお悩みの方必見!2つの食物繊維とそれぞれの役割について

「便秘の解消に効く」と言えば、まず食物繊維を思い浮かべる人は多いかと思います。しかし、食物繊維をたくさん含んでいそうなものをただ食べればよいというわけではないのです。

よりよい効果を得るには、食物繊維には2つの種類があるということと、それらの正しい摂取方法を知る必要があります。

食物繊維には「不溶性」と「水溶性」がある

食物繊維には2つの種類があると言いましたが、1つは「不溶性食物繊維」と言います。これは多くの人がイメージする食物繊維かと思います。つまり、ごぼうや芋などの根菜や豆類などに豊富な食物繊維です。

一方、もう1つの「水溶性食物繊維」は、こんぶやわかめなどの海藻や果物に多く含まれます。こちらはあまりイメージがないかもしれませんが、こちらも非常に重要な食物繊維です。

2つの食物繊維の役割

不溶性と水溶性の2つの食物繊維には、便秘解消のためのそれぞれの役割があります。

不溶性食物繊維は腸の掃除屋さんです。繊維が消化されずに腸へ移動しますので、便の量が増え、腸が刺激されて動きが活発になります。それが排便へとつながるのです。

ただし、スムーズな排便のためには、不溶性食物繊維だけをたくさん取っていては便が硬くなってしまい、逆効果になることもあります。

そこで、もう1つの水溶性食物繊維が重要になってきます。こちらの食物繊維は水を含み便をやわらかくする役割をしてくれるのです。

また、便がするっと出やすくなります。というのも、海藻の表面のぬるっとした粘り気、あれが水溶性の食物繊維です。つまり、このぬるぬるの成分が水を含みゼリーのようになって便をやわらかくし滑りもよくしてくれ、スムーズな排便となるわけです。

2つの食物繊維を上手に摂取しよう

便秘の解消には腸の動きを活発にする不溶性食物繊維とスムーズな排便を助ける水溶性食物繊維の2つが必要であることがわかって頂けたかと思います。この2つの食物繊維はどちらも便秘解消には必要なものですから、バランス良く摂るように心がけましょう。

食材を上手く組み合わせて摂っていくのも良いですし、中には納豆のように、不溶性・水溶性どちらの食物繊維もバランス良く含まれた食べ物もあります。

これら2つの食物繊維に着目したサプリメントやシリアル食品など手軽に摂取しやすいものも出回っていますので、便秘にお悩みの方はぜひ、ご自分に合った方法で不溶性・水溶性2つの食物繊維を意識して取り入れてみてくださいね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る