TOP > > 便秘の解消にアルコールが効く?アルコールが持つ意外な効果とは

便秘の解消にアルコールが効く?アルコールが持つ意外な効果とは

お酒が便秘解消に役立つと聞いたら、みなさんはどう思いますか?確かに「酒は百薬の長」ということわざもあるくらいですから、飲み方さえ注意すれば、健康維持にも役立ちます。また赤ワインに含まれるポリフェノールは、美容効果も期待できる事から、女性に人気がありますね。

まさに目からウロコでした

実はこれ、私の体験談なのですが、私もお酒好きの1人です。1日仕事を頑張って晩酌するのが楽しみでもあり日課となっています。毎日といっても週に1回は休肝日を決めていますし、量はそれほど大量には飲みません。

しかしシーズンによって飲み会などが増えると、つい飲みすぎてしまい、体が辛くなる事も多々あります。特に理由は無いのですが、ある時ふと「お酒をしばらく辞めてみよう」と思ったのです。前日まで普通に晩酌をしていましたが、その日から一切アルコール断ちをしました。

ちょうど風邪気味で体調がすぐれなかった事も手伝って、意外な程すんなりとアルコール断ちできました。気持ちの問題もあるかもしれませんが、何となく朝の目覚めも良く1日を気分良く過ごせます。

風邪が回復し、一時期お酒が恋しくなった事もありましたが、とりあえず飲まずにいられたので、もう少し続けようと思ったのです。ところがお酒断ちをしてから数日の間、突然便秘になってしまったのです。

自称健康オタクなので食事には気を使っていますが、それでも出ないのです。それまでは便秘になる事もほとんどなかったので、ガスがたまりお腹が張り、とにかく苦しくて辛くて何をするにも憂鬱でした。

原因を考えたのですが、ここ数日で変わった事といえばお酒を辞めたことしかありません。まさかとは思いましたが、試しにその晩、数日ぶりにお酒を飲んでみたのです。

アルコールが便秘に良いのは本当だった?!

一口、二口と飲んでいくと、しばらくして自分でもあれ?と驚いてしまったのですが、あんなにパンパンに張っていて痛いほどだったお腹の張りが、スーっと楽になったのです。

いつも飲んでいるのはビールかチューハイですが、その日はチューハイを飲んでみました。狐につままれたような気持ちで、おつまみも適当に食べながら飲み終わった頃には、全くお腹の張りもなくなり、痛みもどこかに消えていました。

その時は半信半疑だったのですが翌日便秘も解消され、たった数日間でしたがあんなに悩んでいたのが、嘘のように思えます。そこで気になってインターネットで調べてみると、アルコールが便秘にいいと書いてあり、二度びっくりした次第です。

アルコールが便秘を解消した理由

アルコール自体に便秘解消効果があるというのではなく、私の場合はチューハイに含まれていた炭酸の発泡が腸を刺激して、お腹の張りや便秘の解消に繋がったようです。そういえば飲みすぎた日の翌朝は、お腹がゆるい事も何度かあったので、きっとこの影響なのだろうと納得します。

お酒は飲み過ぎると肝臓にも負担をかけますが、適量なら血行促進効果を期待できるので、こういった事がプラスに作用したのだと思います。飲みすぎは逆に便秘になる事もあるそうです。私の場合は毎日のように飲んでいたのを、ある日突然辞めるというちょっと強引な方法だったので、それもいけなかったのかもしれません。

決してお酒を飲んでくださいとすすめるわけではないのですが、普通に飲んでいるのに突然辞めるのも、体にとっては急激な変化だったので、良くなかったのかな?と思っています。それ以降休肝日は週2日に増えていますが、間をあけているので、苦しい思いはせずに済んでいます。

また体質などもあるので、必ずしもお酒を飲めばたちまち便秘が解消されるという事でもないと思いますので、あくまでも参考程度にしてください。しかし今思っても、飲んだ直後にお腹の張りが楽になったのには驚きました。

それまでお酒好きという事もあって、飲み過ぎは良くないと、どこか後ろめたさも感じていたのですが、適度に取り入れていけば調子が良いので、今のところは無理にやめようとせず、マイペースでチビチビと飲んでいこうと思っています。

それとお酒にも種類はありますが、今回の私のように炭酸の発泡が役立つようなので、もしも同じ理由で取り入れる場合は、炭酸が入ったものがおすすめです。おつまみも栄養バランスを考えて、ヘルシーな物を選んでください。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る