TOP > > 便秘と言っても原因はいろいろ!そんな便秘を解消させる方法は?

便秘と言っても原因はいろいろ!そんな便秘を解消させる方法は?

1日1回排便があってスッキリできることが理想ですが、なかなかそういかない方も多いのではないでしょうか?ただ、毎日排便がないからと言って心配しなくても大丈夫です。2~3日に1回でも快便なら問題ないですし、毎日排便があっても残便感があるようなら便秘と言えます。

便秘といってもその原因や症状は人それぞれです。旅行や一時的な生活の変化でも便秘になることがありますが、これは原因が解決すれば解消するので問題ないでしょう。問題になるのは慢性の便秘です。

慢性便秘の原因は大きく二つに分けられ、器質性便秘と機能性便秘になります。そのうちの機能性便秘は、原因によって三つのタイプに分けられています。

器質性便秘

消化管の病気が原因となるものです。腹痛、発熱、血便を伴う便秘の場合には重大な病気の可能性もありますので、すぐに病院へ行くようにしてください。主な病気としては腸閉塞、腸管癒着、大腸ガン、子宮筋腫などがあります。

機能性便秘

腸の機能低下によって起こる便秘で、一般的な便秘です。

・直腸性便秘

直腸の感覚が鈍くなり、便意を感じにくくなることで起こる便秘です。直腸内に便がたまってしまい、水分が吸収されてますます便は固くなっていき、排出しにくくなります。

便意を我慢し過ぎたり、下剤を使い過ぎたりすることで直腸の感覚が鈍くなって起こります。他に骨盤底筋という、骨盤を支えている筋肉が衰えてくることでも起きます。排便後も残便感があります。

水分や水溶性食物繊維をしっかり摂って、トイレに行く習慣を生活リズムの中にきちんと入れることが大切です。そして便意を感じたら、我慢せずすぐトイレに行くようにしましょう。

・弛緩性便秘

大腸の運動が低下することで便がなかなか動かず、便秘になります。高齢者や運動不足の人に多く、便秘の中でも一番多いタイプです。運動不足や腹筋など筋力の低下が原因です。便意はあるのに便が出ず、お腹がはって苦しくなります。

軽めの運動を毎日続けるとよいでしょう。また腸内環境を整えて、善玉菌を増やすことも大切です。野菜など食物繊維を多く含む食事をするように心がけてください。オリゴ糖入りヨーグルトなどもよいでしょう。慢性化しやすいため、普段から生活習慣に気をつけていってください。

・けいれん性便秘

便秘と下痢を繰り返し、腹痛を伴います。ウサギのようなコロコロした便で排便後もすっきりしません。ストレスや過労などで自律神経が乱れて腸が過敏になり、腸が動き過ぎている状態です。

過敏性腸症候群の症状としてもみられます。仕事でストレスの多い男性に多くみられますが、最近は女性にも増えてきているようです。症状がひどいようでしたら、一度病院へ行ったほうがよいでしょう。自己判断で様子をみていると、より重症化して日常生活に支障をきたしてしまうこともあります。

けいれん性便秘の解消には?

けいれん性便秘の大きな原因はストレスです。ストレスをため込まない、たまにストレスを発散させるなど心がけてください。ただストレスを完全になくすのは難しいかもしれません。

規則正しい生活を送るようにし、心をリラックスさせる時間を作るようにしましょう。忙しいと夜は遅くなってしまい、朝はギリギリで起きて朝食抜きで出掛けることも多いかもしれません。昼食も慌てて食べ、夜も遅くまで仕事やお酒の付き合いがあったりするでしょう。

これでは緊張の連続で自律神経が乱れてしまいます。自律神経の乱れが腸の乱れに繋がり、便秘になってしまうのです。夜更かしはしないで時間を決めて就寝し、朝は余裕をもって起きて朝日を浴び、朝食を食べてから出社してみてください。

そして日中、ストレスを感じた時には深呼吸をするとよいでしょう。その時は先に息を吐き出してから、吸い込むようにしてください。少し心が落ち着くと思います。

適度に運動したり、ぬるめのお湯でゆっくり入浴したりというのもよい方法です。運動は無理にがんばるのではなく、軽く汗をかくくらいがよいでしょう。休みの日は思いっきり休みましょう。

食生活も見直してみて下さい。水溶性食物繊維を摂るようにし、乳酸菌やオリゴ糖を摂って腸内環境を整えるようにしましょう。水溶性食物繊維は寒天・昆布・ワカメなどの海藻類、オクラ、コンニャク、完熟した果物などに多く含まれています。水も飲むようにしましょう。

よく便秘の時は食物繊維を多く摂るように言いますが、けいれん性便秘の方が不溶性食物繊維を摂ると症状が悪化してしまいます。不溶性食物繊維はゴボウ、穀類、小麦ふすまなどです。小麦ふすま(ブラン)のシリアルは注意しましょう。

アルコールやカフェインは腸に刺激となるため、摂りすぎないようにしましょう。また、コーラックやセンナなどの便秘薬は大腸を刺激するため逆効果になります。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る