TOP > > 大腸がんの治療はいくら必要?治療費の目安と治療内容について!

大腸がんの治療はいくら必要?治療費の目安と治療内容について!

大腸がんは、ガンの中でもかかりやすいガンだと言われています。また、大腸がんは進行性の病気ですから、一刻も早く治療を受ける必要があります。でも大腸がんの治療には、いったいどのくらい費用が必要となるのか、不安に思う人も少なくありません。そこで今回は、大腸がんの治療にかかる費用の目安と治療内容をご紹介します。

大腸がんの治療に必要な費用の目安について!

大腸がんの治療費は、症状や治療方法によって異なります。内視鏡治療、開腹手術、腹腔鏡手術などがあり、いずれも数十万円~100万円程度の治療費がかかります。しかし、これを患者さんが全額負担するわけではありません。

大腸がんの治療は、保険が適応されます。その為、年齢に応じて1割~3割負担をする事となります。更に治療費が高額な場合は、高額療養費制度を利用する事ができます。こういった制度を利用する事で、年間の治療費は約10万円前後に抑える事ができます。

ただ、高額療養費制度は、先進医療には適応されません。先進医療の治療を受けた場合は自己負担となり、高額な治療費を負担する事となります。しかし、民間の医療保険などに加入している場合は、先進医療費が支払われる事も多いです。まずは、ご自身の保険内容をチェックしてみて下さい。

大腸がんの治療について!

大腸がんの治療は、いったい何が行われるか、ご存知でしょうか?まずは手術で、癌細胞を取り除く治療が行われます。病状によって、内視鏡手術、腹腔鏡手術、開腹手術などの手術方法が適応されます。

そして手術後には、化学療法や放射線治療などが行われます。癌の症状が初期の場合は、体への負担が少ない内視鏡手術が適用される事が多いです。内視鏡手術は安全性が高く、術後の回復も早いと言われています。

しかし、大腸がんの症状が進行してしまって、リンパ節への移転が認められる場合は、開腹手術が行われる事が多いです。開腹手術は入院期間も長くなりますし、手術のリスクも高くなります。ですから、大腸がんはなるべく初期の段階で治療を受けた方が、治りが早く体にかかる負担も少なくて済むのです。

大腸がんは、年齢が進むにつれかかるリスクが高まります。ですから、年に1回は大腸がん検診を受けておいた方が安心です。大腸がんは、初期症状の内に治療を行えば、ほとんどの人が完治します。ですから、恐れずに大腸がん検診を受けて下さい!

このように、大腸がんにかかると治療費がかさみます。また、治療の為に手術が必要となる為、体への負担もかかります。ですから、食生活の見直しなどを行い、大腸がんにかからないよう日頃から予防に努めて下さい!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る