TOP > > 塩なら安くて手軽!塩水うがいに風邪予防の効果は期待できる?

塩なら安くて手軽!塩水うがいに風邪予防の効果は期待できる?

風邪・インフルエンザの予防には

風邪・インフルエンザの予防はウイルスに感染しないこと、それには手洗い・うがい・マスクの着用が効果的とすすめられています。特に手洗いとうがいは重要です。

うがいをすると、しない場合に比べて発症率が4割も減るとされています。うがいは水でも良いのですが、うがい薬を使うと殺菌効果が高まります。また、塩水でうがいするという方法も昔から一般に行われてきたものです。塩ならどこの家庭にもあり手軽なので、是非うがいに使うことをおすすめしたいと思います。

塩水うがいの効果

「塩ってただの調味料でしょう?効果はあるの?」と思う人もいるかもしれません。塩水うがいで十分な効果が期待できるんです。

塩はおいしい味を付けるだけのものではありません。

  • 抗菌作用
  • 脱水作用

があるため、古くから加工調理に幅広く使われてきました。またその作用は私達の健康・美容にも効果があると考えられてきました。

塩水でうがいをすると、ウイルスや細菌を殺菌して洗い流す効果が得られます。これはうがい薬を使った場合も同じです。何も入れない水道水でうがいをするよりも、うがい薬や塩を入れたほうがウイルスを除去する効果が高いのです。

ただしうがい薬の種類によっては刺激が強いため、ウイルスもやっつけるけど、のどの粘膜にもダメージを与えてしまうといった場合があります。これではのどの粘膜にウイルスが侵入しやすい状態になるので、逆効果になってしまいます。

その点、塩はのどの粘膜を傷めることはありませんので、ウイルスだけをやっつけてくれ、安心してうがいをすることができます。

すでにひいてしまった風邪にも効く?

うがいは発症を予防するための対策だけでなく、ひいてしまった風邪の症状を緩和させる効果も期待できます。

塩には脱水作用があるため、炎症を起こしている部分の水分を取り除く効果があります。風邪やインフルエンザの場合、塩水でのうがいによってのどで炎症を起こしている部分のウイルスを水分と一緒に取り除き、炎症や痛みをやわらげる効果があります。

ひいちゃったから今更うがいしても間に合わない・・・ということではないので、こまめに塩水うがいをしてみてください。

上手な塩水うがいのコツ

塩水うがいは簡単です。水に塩を入れて溶かすだけでうがい液になります。濃度は「少し塩辛いと思うくらい」が丁度良いです。コップ1杯の水に塩を一つまみ、または小さじに軽く1杯ほどになります。

帰宅したら手洗いと共にうがいを行いましょう。特に風邪やインフルエンザの流行っている時期や冬はこまめにうがいをするように心がけましょう。

何もしないよりは効果がありますが、ただうがいをするだけではウイルスがしっかり除去できない場合もあります。口の中やのどの入り口だけ洗い流したのでは、うがいの効果が減ってしまいます。

  • 塩水を口に含んだら少し上を向き、口を開けて「ガラガラ!」としっかりうがいをする
  • のどの奥まで洗浄するイメージで「コロコロコロ!」と強めにうがいをする
  • すぐに塩水を吐き出さず、しっかりうがいを続けてから吐き出す

といった方法でうがいをすると効果的です。塩なら安いし、体にもやさしいのでうがい薬のにおいや刺激が苦手な人でも安心、とメリットがいっぱいですね。特に高級な塩にこだわる必要はありません。安い食塩でかまいません。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る