TOP > > 【喉の痛みでお悩みの貴方】これだけ知っていれば十分な対策法

【喉の痛みでお悩みの貴方】これだけ知っていれば十分な対策法

「貴方の風邪はどこからきますか?」なんてテレビのCMを覚えていますか?毎年のように冬が近づき、空気が乾燥してくると、感染症の季節がやってきます。風邪、インフルエンザなどに注意しなくてはいけませんよね。風邪は簡単に説明すると「呼吸器系の炎症」で、主に上気道の炎症になります。

風邪を引いたら「ゴホゴホ」「コンコン」と咳をするのは、その炎症によるものだったのです。風邪の原因は、細菌やウイルスなどによる気管への感染であり、その多くが口から喉粘膜に進入することによるものです。「貴方の風邪はどこからきますか?」に対する回答は、やはり「喉です!」が多いのではないでしょうか?

風邪は呼吸器の感染状況で呼び方が違う

風邪は「溶連菌」などの細菌や、「インフルエンザ、RSウイルス」に代表されるウイルスによる感染が原因で発症します。風邪を引いたことのない人は少ないと思いますが、一般的な症状は以下の通りです。

  • 38度程度の発熱
  • 身体のだるさ
  • 鼻水
  • 喉の痛み

これらが風邪の症状で、通常は2~3日も安静にしていれば回復する病気です。しかし、インフルエンザのように高熱が出たり、悪化させることで重症化したりすることもあるので、安易に考えてはいけません。風邪の原因の多くが喉粘膜への感染ですが、炎症を起こす場所によっても、症状に違いが出ることをご存知でしたか?

風邪は炎症の起こる場所で症状も違う

一般的に呼吸器とは「上気道」「下気道」からなる気管で、空気を肺に取り込む働きを行っています。実はこの呼吸器が身体の中で一番外界の影響を受けやすく、外敵の侵入も多い臓器とも言えるでしょう。

主に上気道は「鼻腔」「咽頭」「喉頭部」を指し、下気道は「気管支」「肺」を指しています。この各部位に炎症が起こることで、風邪の呼び方にも色々と違いが出てくるのです。

  • 上気道における感染症(咽頭炎、扁桃腺炎、喉頭炎)
  • 下気道における感染症(気管支炎、肺炎)

特に、下気道の炎症である気管支炎や肺炎は重症化しやすく、高齢者や幼児が発症した場合では死亡するケースも少なくありません。風邪は上気道と下気道では、全く違う結果をもたらすことがあるのです。

風邪の予防は喉への対策を一番に考える

喉は外界との接触が一番多い場所であり、ここをしっかり予防することが感染症予防では重要なことです。「喉が痛いなぁ!」と感じたら、もう細菌に感染し、炎症を起こしている可能性があるのです。

そうなる前に、しっかりと対策を取って感染予防をしましょう。そこで、「これだけ知っていれば十分な喉への感染予防法」を紹介します。

喉を守る予防法:初級編

まずは、日常的に常識になっている初級編を紹介します。現時点でこれができていない人は話になりませんよ。実行している人もおさらいをしてみましょう。

必ずやろう!「手洗い」は基本中の基本

感染症対策で手洗いを否定する人はいないと思います。なぜ手洗いが喉を守ることになるのかを説明しますと、喉に入り込む大部分の外敵(細菌、ウイルス)は、手から口に入り込むことが確認されています。

つまり、何らかの接触により手に付着した外敵が、食べ物などを仲介して口に入り込むのです。また、顔を触ったり、髪を触ったりする動作も、外敵を入り込ませる原因になります。現在の感染予防では手洗いは基本であり、一番効果が高い予防法とされています。手洗いを行うタイミングを紹介します。

  • 朝、起きたらまず手洗いをしましょう。
  • トイレ後はもちろん、食事の前後には必ず行いましょう。
  • 料理を作る前後に行って下さい。
  • 外出する前と帰ったら、手洗いをしましょう。
  • 咳やクシャミをしたら、手洗いして下さい。
  • 会社など人が大勢いる環境では、定期的(1時間程度)な手洗いは有効です。
  • 電車や地下鉄に乗った後に、手洗いしましょう。

少ししつこいように感じるかも知れませんが、風邪が流行している季節の手洗いは、これくらい徹底することで効果が表れてきます。

「うがい」は手洗いとセットで行う

うがいは、喉に付着した外敵を洗い流すのに有効な予防法です。定期的なうがいは喉に入り込んだ外敵以外にも、ホコリやチリなどの有害物質を取り除いてくれます。手洗いと同じタイミングで行うことで、手と口が両方クリアな状態になりますので、同時に行うことをオススメします。

しかし、うがい薬の使用には注意が必要です。うがい薬は殺菌作用のある成分が含まれていますが、過度に使用することで喉粘膜を弱くする可能性があります。うがい薬は一日2回程度に抑え、水でのうがいを頻繁に行うようにしましょう。うがいは喉粘膜を傷つけないことが重要なのです。

喉を守る予防法:中級編

初級編は「手洗い」と「うがい」でした。これらは基本的な予防法ですよね。次に紹介するのは中級編です。貴方は実施していますか?

自分に合ったマスクを見つけろ

日本では冬になるとマスクを着けた人を大勢見かけます。駅のホームや交差点など人が集まる場所では、マスクを着けた人のオンパレードと言っても良い状態ではないでしょうか。

これだけ一般的にマスクの装着が普及しているのですから、本来は初級編に分類しても良かったのですが、ここで話したいのはちょっと違うのです。私が見たところ、自分に合ったマスクを着けている人は、マスクを着けている人の3割程度だと思います。

多くの人がマスクの横に隙間があったり、鼻の部分が開いたりしていて効果があるようには見えません。さすがに、ガーゼのマスクをする人は見かけませんが、質の悪いマスクの装着が多いようです。自宅で乾燥防止を目的とする使用であれば問題ありませんが、人混みで使用するにはちょっと問題がありそうですね。

マスクは自分に合ったサイズ、形状のものを探して装着することが、喉を守るのに重要なのです。安いからと言っても効果が無ければ、全く意味がありませんよね。マスクは効果重視で選びましょう。

喉粘膜の乾燥を防ぐ

冬場は空気が乾燥しており、その空気を呼吸することで、喉粘膜も乾燥してしまいます。本来、喉粘膜は潤いがあり弾力もあります。また繊毛の活動も活発で、外敵が進入しても多くが排出されてしまうのです。

しかし、湿度が40%以下になってくると、呼吸により喉粘膜の乾燥が進むことで、機能が阻害されてしまいます。繊毛の動きも悪くなり、簡単に外敵の侵入を許す結果となるのです。喉粘膜の乾燥を防ぐ効果的な方法を紹介します。

  • 外出時にはマスクを着用して下さい。水分を含む「乾燥防止用マスク」も有効です。
  • 眠る時にもマスクを着用しましょう。息が苦しい場合は口だけに着用して鼻にかからないようにして下さい。
  • 室内では加湿器を使用して、湿度を50%~60%に保つようにしましょう。
  • ペットボトルで水分を持ち歩き、少しずつ飲みましょう。
  • 外出時には飴を持ち歩いて、定期的に舐めるようにしましょう。

首の周りを温める

首や喉を冷やすことは、喉の免疫作用を低下させる可能性があります。外出時には首、喉を温める服装が重要で、マフラーを巻いたり、ハイネックの服を着たりするのが効果的と言えます。就寝時に首、喉を冷やすと喉の乾燥が起きますので、睡眠時にも首にタオルを一枚巻くと、喉の免疫を下げる危険性はなくなります。

栄養補給で喉を守る

バランスの良い食生活は様々な病気に有効ですが、喉粘膜を保護する効果も期待できます、特にビタミンBは免疫作用に働きかけて、外敵から喉粘膜を守ります。ビタミンCはビタミンBの作用を助け、粘膜を活性化させる働きがあるのです。

ビタミンBは「豚肉」「レバー」「ほうれん草」「まぐろ」「かつお」、ビタミンCは各種フルーツから摂取できますが、サプリメントでの摂取が簡単で長続きすると思います。

喉を守る予防法:上級編

初級編、中級編まではご存知の内容があったかも知れませんね。それでは上級編です。貴方はどれくらい知っていますか?

ダイコンのおろし汁で喉を殺菌

ダイコンには強い殺菌作用とビタミンが含まれており、喉を守るにはピッタリの食材です。ダイコンはおろしてからガーゼなどで絞り、「ダイコン汁」を用意して下さい。このダイコン汁を使って様々な予防法ができるのです。

  • ダイコン汁でうがいをします。喉の殺菌に良いのですが、刺激がありますので回数には注意しましょう。
  • ハチミツや砂糖を入れて、ドリンクとして飲みましょう。軽い炎症を鎮めてくれます。
  • 鼻の炎症が気になる場合は、ダイコン汁をスポイトで鼻に流します。結構痛みがありますが、効果的です

昔から、民間療法でダイコンは重宝されていたようで、大根おろしを日常的に食べていると喉も強くなるとの話もあります。ダイコンは冬には欠かせない野菜かも知れませんね。

冬の外出時には「風門」にカイロを貼る

東洋医学の漢方の考え方で、風邪は「風門(ふうもん)」と呼ばれる経穴を通って入り込むとされています。風門とは首の裏側で、首を前に倒した時に出てくる骨の少し下に位置しています。

一般的には「背中側の首の根元の少し下」と覚えておきましょう。この部分を使い捨てカイロで温めることで、喉が温まり免疫力も向上してきます。外出時には、使い捨てカイロを風門に貼ることを忘れないようにして下さい。

緑茶の「ちょっと飲み」で喉を守る

緑茶にはカテキンが多く含まれており、その殺菌作用から風邪やインフルエンザの予防に効果があると言われています。ここまでは今や一般的な常識なのですが、実は飲み方によっても様々な効果があることが分かってきました。

一般的な予防法としては「うがい」や「飲む」ことが有名ですが、喉を守る効果が高いのは「ちょっと飲み」です。ちょっと飲みとは、緑茶を少しずつ何回かに分けて飲む方法で、10~15分毎に一口ずつ飲むのです。

これは「嚥下(えんげ)」と呼ばれる方法で、緑茶によって喉に付いた外敵を胃に流し込むのです。大抵の外敵は粘膜にいることで炎症を発症させますが、胃の中に入れば胃酸によって死滅させられます。

定期的に嚥下することで、喉に付着した外敵を胃に流し込むのですね。これならうがいのように水場に出向く必要もないので簡単に実行できると思います。また緑茶の殺菌作用も期待できるので、効果も倍増というところですね。

マシュマロは喉を防御してくれる

マシュマロが喉の痛み予防に効く理由は、含まれているゼラチンにあります。ゼラチンが溶けることで喉粘膜に対するバリア効果があることから、外敵の侵入を防いでくれます。また初期の炎症においても、痛みを緩和したり、炎症を鎮めたりする作用を期待できます。

マシュマロはそのまま食べるのも良いのでしょうが、少し加熱してゼラチンを溶かした方が効果は高いと思います。ココアやコーヒーに溶かして飲む方法がオススメです。

この効果はマシュマロだけではなく、ゼラチンを多く含んだ食べ物で共通しているようです。喉の乾燥が気になった場合、飴類よりもグミを噛まないで舐めた方が効果は期待できます。

肩甲骨を動かして発熱させる

喉の免疫を強くするためには、喉を冷やさないことが重要ですが、身体を温めることも重要です。背中上部にある肩甲骨は、普段意識しないと中々動かすことのない部分です。肩甲骨をストレッチで動かすと、身体の上半身や首周りが発熱して喉が温まりますので、定期的に行うようにしましょう。

方法は左右の肘を閉じた状態で、大きく円を描いて回しましょう。肩甲骨が動いているのを意識しながら行うのがコツです。肩甲骨が動くと周りの筋肉がほぐれ、血行が改善して身体が温かくなってきます。これを一日数回行うことで、冬でも温かい身体となり、喉の免疫力もアップすることでしょう。

喉が弱い人は自分に合った対策を見つけるのが重要

実は筆者も子供の頃から喉が弱く、風邪と言えば喉の炎症が悩みでした。しかし、喉が弱いと認識しているのだから、喉を守る方法さえ理解すれば、やることは限られてくると気が付いたのです。

インフルエンザを除く風邪には特効薬がないという現状をご存知ですか?風邪薬はあくまで対症療法であって、風邪を治す薬はないのです。喉を守る方法は沢山あります。貴方に合った対策法をぜひ見つけて、喉の痛みに悩まされない生活を送りましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る