TOP > > マスクを効果的に使うには?~「眠りマスク」で風邪予防!

マスクを効果的に使うには?~「眠りマスク」で風邪予防!

マスクの効果とは何でしょう?風邪予防?日本人は特にマスクをつけるのが好きな民族。しかし実際のところ、風邪に代表されるウイルスは驚く程小さく、マスク程度で防げるものではありません。

高いウイルス遮断性をうたう製品も多い中、正しい掛け方でなければそれらも全く効果をなさないため、マスクに対する正しい知識を身につける事が必要です。

マスクの役目は「保湿」!顔にフィットさせないと効果ゼロ

マスクをつけると吐息の水分がマスク内にこもり、冷たい外気から鼻、のどを守り粘膜を潤す事が出来ます。ウイルスは低温低湿を好むため、気道に十分な水分があれば炎症の予防として機能します。

室内、電車の中などの密閉された空間ではくしゃみ、せきなどでウイルスが蔓延しやすく、直接吸い込む確率を下げるためにマスクが利用出来ます。ただし、気をつけたいのがマスクと顔の間になるべく隙間が出来ない様に装着する事。

鼻の部分にワイヤーが入っていればきちんと形に沿わせて折り曲げ、また頬の部分もなるだけふくらみを持たせて顔にフィットさせる様にしましょう。どんなに目が細かいマスクも、サイズや掛け方が合っていないとウイルスをガードする事が出来ません。

マスクは接触感染の予防に効果的!使用済みマスクの再利用は危険

風邪などのウイルスは、たとえ流行っているからといって周囲のどこにでも存在する訳ではありません。屋外では風によって空気が常に動いているため、ウイルスを吸い込んで感染するというのは非常に稀。マスクを保湿目的で着用する方もいますが、通常は鼻呼吸で十分粘膜を守る事が出来ています。

実のところ、風邪は空気感染よりも汚染された指で口を触るなどして発症する「接触感染」の方が圧倒的に確率が高く、予防にはむしろ手洗いを徹底するべきとも言えます。マスクをつけていると口や鼻を手で触る頻度が大きく減るため、小さな子供にはとりあえずマスクをさせるのも少なからず効果があります。

一度使用したマスクを再度使用しないというのも重要なポイント。マスクの外側および内側には想像以上に菌が付着している事が多く、それを直接触ってしまうと接触感染のリスクを高めてしまう事になります。

マスクをはずす時には必ず紐の部分のみ触れる様にし、使用後のマスクはすみやかに処分する事を心がけましょう。使用サイクルを早めるのも効果的。高いマスクを長時間つけるよりは、安いマスクを頻繁に付け替える方が清潔で、効果が高い場合があります。

「眠りマスク」で肌潤う!風邪の予防と一石二鳥

体温が低くなると身体の免疫力は大きく減少します。これに当てはまるのが就寝中。寝ている間は口をあけている可能性もあり、乾燥しやすく、最も風邪をひきやすい時間帯です。

息苦しくないマスクを選び、なるだけ鼻と口を覆う面積の広いものを選びましょう。保湿力を高めるために、水で濡らしたものを使用するのも効果的。この時濡らすのは少しだけにして、呼吸がしにくくならない様にしましょう。

マスクをして眠ると、吐息がスチームとなって肌を潤し、翌朝の肌や唇を美しくする効果もあります。またマスクにほんの少し好きな香りをつける事でリラックス効果を得る事も出来ます。安眠を妨げない様に、上手にマスクを利用して病気の予防につとめましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る