TOP > > 紅茶うがいでインフルエンザを撃退しよう?カテキンの殺菌作用を探る

紅茶うがいでインフルエンザを撃退しよう?カテキンの殺菌作用を探る

秋も深まり寒くなってきましたね。寒くなってくると心配なのが、風邪などの感染症です。寒くなり乾燥してくるととたんに流行してしまい、「ゴホゴホ」やってしまいます。私は喉が弱いので、毎年のように喉を腫らしてしまい炎症を起こしてしまいます。

ところでこの時期からの感染症対策は何をやっていますか?大部分の人が「うがい」「手洗い」「マスク着用」などではないでしょうか。私も喉が弱い体質から、うがいは重要視していまして外出後には必ず実行しています。

うがいは喉についた細菌を体内に入り込ませないように洗い流す行為であり、場合によっては喉の殺菌も行います。つまりうがいを何で行うかによって効果も違ってくると言う訳なのです。

手軽に効果のあるうがいを行うためには殺菌力のある液体でうがいをしましょう!

貴方はうがいを何でやっていますか?「水」「塩水」「うがい薬」などが一般的ですが、特にうがい薬は薬局やコンビニで多く見られるようになりました。

うがい薬にも色々と種類があり、代表的なものはヨード(ヨウ素)を使用したうがい薬になります。ご存知の通りヨードには強い殺菌性があり、様々な消毒に利用されています。

しかし、慢性的に使用することでの弊害も指摘されており、喉粘膜のただれやヨウ素アレルギーなどがその理由として上げられています。それでは何でうがいをすれば効果的で安全なのでしょう?答えは「お茶」なのです。

紅茶には殺菌能力のあるカテキンパワーが一杯詰まっているのです

普段私達が飲んでいるお茶にはカテキンと呼ばれているフラボノイドが含まれています。カテキンはお茶の渋みを演出する物質としても有名で、日本茶や紅茶などさまざまな茶類に含まれている物質です。

カテキンには強力な殺菌作用があり、これでうがいをすると効果的と言う訳なのです。

カテキンの含有量はお茶の種類によっても違いがありますので確認が必要ですが、一般的には日本茶よりも醗酵茶(紅茶、ウーロン茶)の方がカテキンの量は多いようです。

もちろん緑茶では効果がないと言うことではありません。お茶を飲むことは日本人にとって、当たり前のことなのでちょっとビックリですが、お茶は健康食品としても見直されており有効に利用したいものですね。

私がやっている紅茶を使ったうがいの方法を伝授します

私が実践している方法は毎朝、濃い紅茶を500ccくらいつくります。それをビンやペットボトルに入れて、うがいをする洗面所に置いておきます。外出する時もペットボトルごと持ち運びすることもできます。

うがいはこの濃い紅茶を4倍~5倍に薄めて使用しています。薄める時は冷たい水は禁物で、人肌程度のぬるま湯で紅茶水を作ります。うがいは「ガラガラ」しないで、上を向いて紅茶水を喉に溜める感覚が良いでしょう。

暫く含ませたらそれを吐いて、2回目を同じ要領で行います。喉にカテキンをいかに接触させるかが問題なので、静かに深く含ませた方が有効だと考えています。

人によってはお茶うがいの後のお茶は、吐かないで飲んでしまう人もいるようですがどうなんでしょうか?特に問題はないとも思えますが、気持ち的にちょっと考えてしまいます。その辺は個人の自由と言うことで…。

お茶はうがい薬と違って普段から食用として親しんでいるものですから、安全性には問題はありません。上手に利用して冬の感染症を撃退しましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る