TOP > > 痛くないコワくない?風邪予防に効果のある鼻うがいを成功させるコツ

痛くないコワくない?風邪予防に効果のある鼻うがいを成功させるコツ

鼻うがいとは?

ちょっと怖いけど鼻を洗浄する「鼻うがい」が風邪予防に良いとして意外に人気があるのです。鼻うがいというのは、鼻の穴から塩水を吸い込んで口から流す洗浄法です。

鼻の中をスッキリと洗浄できるために通常のうがいよりもうがいの効果が高いとも言われています。花粉症予防や鼻炎をスッキリさせる効果もあるそうです。

鼻うがいを失敗させないために

「鼻から塩水を吸い込むと痛いのでは?」と思っている人が多いと思います。ちゃんとやれば鼻うがいは痛くなりません。

鼻うがいを失敗させないポイントは

  • 塩分濃度を正確に(塩分0.9%)
  • 人肌のぬるま湯を使う
  • ミネラルウォータか一度煮沸させた水を使う

です。このポイントをしっかり守れば鼻が痛くなりません。

ちなみに鼻に水が入ると痛くなるのは、体液と入ってきた水との浸透圧の違いによるもので、浸透圧が体液と変わらなければ鼻は痛くなりません。

体液の塩分濃度は0.9%ですから、1リットルの水に9gの食塩を溶かしたものが0.9%濃度の塩水になります。1回分ならコップ1杯の200mlのぬるま湯に塩を1.8g(小さじ1/3)溶かしたものと覚えておくとよいでしょう。

器具を使うと簡単

私はお椀に塩水を作ってからうつむいてお椀に鼻を入れ、片方の鼻の穴を指でふさいでのどの奥まで吸い上げていますが、市販されている鼻洗浄用の道具(ポット状になっているものなど)を使えばもっと行いやすいでしょう。

また専用の器具を買わなくても、弁当に入れる醤油入れのような容器で鼻の穴に注入する方法も手軽で簡単です。

もっと簡単にできる方法

鼻うがいはやっぱり怖い、または試みたけど難しくて失敗してしまった・・・という人には、もう少し簡単な方法をおすすめします。

同じ濃度の塩水を用意し、同じように片方の穴から吸い込みますが、のどの奥まで吸い込むのではなく、鼻から塩水を出します。こうすれば鼻うがいにありがちな「むせそうな感じ」がないので誰でもできると思います。

のどの奥までしっかり洗浄する効果は少なくなるかもしれませんが、鼻や耳に穏やかなので安心して行うことができます。

気をつけたい点

メリットいっぱいに見える鼻うがいですが、全ての人におすすめできるわけではありません。副鼻腔炎など鼻の病気の場合はかえって症状が悪化する場合もあるので、かかりつけの医師に相談してから行うことをおすすめします。

やり過ぎると鼻の粘膜を傷めることもあるので、何度も行うのはおすすめできません。また、塩水が耳のほうに流れ込むと中耳炎を引き起こす可能性もあるとされています。

鼻うがいの最中に塩水を飲み込まないようにします。また、鼻の中に残っている塩水が後でポタポタと流れ出てくることがありますが、残った塩水を取り除こうとして鼻をかむと耳のほうに入ることがあります。鼻をかむ時は片方ずつそっと行ってください。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る