TOP > > 薬はなしで発熱に対処!解熱剤を使わないで自然治癒で風邪を治す

薬はなしで発熱に対処!解熱剤を使わないで自然治癒で風邪を治す

風邪は世の中で一番多い病気です。誰でもかかる病気ですし、多い人は1年に何度もかかる人もいます。そして病院にいくと必ず、解熱剤を処方されます。しかし、風邪の発熱に解熱剤を使用することについては賛否両論があります。

私はできるだけ解熱剤を使わない派です。いったいどちらがいいのでしょうか?ここでは風邪と解熱剤の関係と、解熱剤を使用しないで治す方法について掘り下げていきたいと思います。

解熱剤はできるだけ使用しない

解熱剤は風邪を治療するためのものではなく、あくまでも熱を下げて、風邪の症状を緩和するためにあります。しかも体の自然治癒力を抑制する働きがあり、かえって完治を遅らせることになりかねません。

風邪はインフルエンザでないかぎり、それだけで死亡するような病気ではありませんが、発熱や頭痛、鼻水、鼻づまりなど辛い症状で私たちを悩ませます。そこで風邪薬や解熱剤を使用すると症状が軽くなり、あたかも風邪が良くなっているのかと思ってしまいますが、これは全くの間違いです。

そもそも風邪の原因は風邪ウイルスの感染によるものです。体は体外から侵入した風邪ウイルスを攻撃したり、体外に排出しようとしたりと必死の防衛を試みますが、この時に出るのが風邪の症状なのです。特に発熱にはとても重要な意味があります。

ウイルスが一番活性化して増殖するのは体温が37℃前後の時です。そして39℃を超えるとほとんど増殖しなくなります。そのため、解熱剤等を使って症状を無理やり抑えると、ウイルスを勢いづけてしまい、風邪がかえって長引く結果になります。

発熱によりマクロファージが活性化する

体内には、外部から侵入した敵対ウイルスを捕獲して消化してしまう、マクロファージという頼もしいアメーバ状の細胞がいます。また、これを力強くサポートしてくれる「TRPM2」というたんぱく質が存在します。

最近の日本での研究で、TRPM2が体温が37℃から活性化し始めて、38.5℃で最大限に活性化されてマクロファージを増強してくれることが分かりました。体の発熱はマクロファージを最大限に生かすためには不可欠な症状だったのです。

つまり、体が発熱することにより、ウイルスの活動を抑えることができて、ウイルスが弱まっている間にマクロファージが最大限のパフォーマンスでウイルスを退治してくれるというシナリオなのです。

解熱剤はこのシナリオを完全にぶち壊します。解熱剤によって体温がむりやり下がることによって、ウイルスは再び勢いを得て活発化します。逆にマクロファージは力を失い攻撃力を弱めます。その結果、風邪が治りにくく長引く、ということになるのです。

解熱剤が必要となる例外もある

解熱剤は使用しないのが理想ですが、高齢者や乳幼児などのように基礎体力のない人や、別の病気を併発していて体力が疲弊している人などは、発熱した状態が長く続くとそれだけで体にダメージを与えかねませんので、必ず医師の判断を仰ぐようにしましょう。

解熱剤を使用しないで自然治癒力に任せる

前項で述べました例外を除けば、基本的に相当な高温にならない限り、解熱剤を使用しない方がよいと思います。しかし、個人差があるため何度からとは決めかねますので、ここでは私の判断基準を参考に言いますね。

私は、自分の体力はいたって普通と思っています。そしてマクロファージの攻撃力が最大限になるのが38.5℃ですので、39度までは薬を使用しないようにしています。もちろんあまりに症状が辛い場合は飲みます。

あくまでもケースバイケースで、柔軟に対処するべきだと思いますね。でも無理しない程度に、マクロファージのウイルス攻撃を応援してやりたいですね。解熱剤を飲まないことで自然治癒力を高めることができるなんて、「目からうろこ」ですね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る