TOP > > 整体師が伝授する!風邪をひきやすい人は風門対策がオススメ

整体師が伝授する!風邪をひきやすい人は風門対策がオススメ

「コンコン」「ゴホゴホ」寒くなってくると、あちこちで風邪を引いている人を見かけます。一般的に風邪と言いますが、その原因は様々で、何種類ものウイルスや細菌が引き起こすとも考えられています。風邪はウイルスの種類によって一年中発症する可能性があり、特に寒い季節の病気とは言えません。

症状は「発熱」「咳」「鼻水」が代表ですが、おおむね上気道(鼻や口から声帯まで)の炎症が症状と言えるでしょう。東洋医学において、風邪は邪気が身体に入り込むことで発症すると考えられており、この邪気こそがウイルスや細菌を表しているのかも知れません。

東洋医学においての風邪とは?

風邪(かぜ)のことを東洋医学では風邪(ふうじゃ)と呼びます。実は邪気が入り込む病気は風邪だけではなく「熱邪(ねつじゃ)」「寒邪(かんじゃ)」「湿邪(しつじゃ)」などいくつかの種類があり、それぞれが現在の風邪の症状を表しています。

例えば風邪を引いて発熱すれば「熱邪」にあたり、寒気がすれば「寒邪」に該当します。西洋医学では風邪の症状を分けていますが、東洋医学はそれぞれを別の疾患として区別しているのです。

風邪(ふうじゃ)とは「風邪のように様々な部位で不調が起こる」症状で、他の症状と合わさることで悪化させると言われています。その点では風邪が症状のまとめ役なのかも知れませんね。

風邪の原因である邪気が入り込む風門

東洋医学では、風邪の原因である邪気は、風門を通って身体に進入すると言われています。風門とは背中に位置する経絡(ツボ)の一つで、邪気はここから出入りするとされています。経絡とは身体に走るエネルギーの通り道であり、風門はその出入り口という訳なのです。

風門から入り込んだ邪気は、身体中を周り様々な症状を引き起こし「風邪」「熱邪」「寒邪」などの病気を発症させます。風門は背中にあるツボなので、実際にそこからウイルス(邪気?)が進入することはありません。

しかし、血液の巡りにとって重要なポイントであり、風門を刺激することで免疫力をアップさせることが可能です。風邪予防にはぜひオススメしたいツボですね。

風邪の予防には風門を温めよう

それでは、私も実践している風邪予防法を紹介します。特に季節が変わる秋から冬にかけては、気温差も激しく免疫力の低下も見られることから、この風門を刺激することで血液循環を活発にさせます。そのためには温めることが効果的でしょう。

■風門の位置は背中の上部に左右2箇所あります。真直ぐ立って首を下に曲げると、首の下に大きな骨が出てきます。この骨から下に指2本分下がった場所の左右が風門の位置です。

■風門の正確な位置は難しいので、だいたいの位置を把握して下さい。

■使い捨てカイロを用意します。風門の位置に大まかで良いので、カイロを貼って温めます。

■位置が分かりにくい場合は、大き目のカイロで肩甲骨の真ん中全体を温めても良いでしょう。

■カイロは直接身体に貼らずに、シャツなどの上から貼るようにしましょう。

風門を温めることは、温かい血液を身体全体に流すことになり、冷え性の人にもオススメの方法です。風門を温めることで、寒さにより弱った免疫機能を整え、細菌やウイルスに負けない身体を手に入れるのです。

疲れやすく、熱っぽいなどの風邪の引き始めには特に効果があります。また冬の外出時にも、風門を温かくすることで、寒さを感じにくくなりますのでウィンタースポーツでも試してみて下さいね。背中を温めることで風邪予防とは驚きですが、本当に身体が温まりますので、風邪を引きやすい人はぜひお試し下さい。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る