TOP > 風邪

風邪対策を身につけよう

風邪とは、鼻や口、声帯までの、吸の通り道に炎症を起こす症状で、正式名称としては、「感冒」と呼ばれます。風邪の9割は、ウィルスによる感染ですが、一部は細菌やマイコプラズマなどによって、引き起こされることが分かっています。

症状としては、咳や鼻水、鼻づまり、発熱、倦怠感が上げられます。季節の変わり目にある、一日の気温の差が大きいときに発症する場合が多く見られます。

初期段階で、症状を抑えることが出来ればいいのですが、ひどくなると、消化器官にまでウィルスが進行し、嘔吐や下痢、腹痛の症状まで出てくるようになります。

こちらのカテゴリでは、風邪の予防法、風邪の治療と対応、風邪を迎え撃つための対策について、ご紹介しています。

風邪の症状

風邪の症状というのは、ウィルス性なのか、細菌性なのかによって、その症状が変わります。原因を知ることで、対応も変わってくるはずなので、どちらに原因があるのかを知ることも、症状を改善するためには必要なことです。
・ウィルス性か細菌性か?それによって症状は違う?
風邪かな?ウイルス性か細菌性か?症状でもある程度は鑑別できますよ
夏風邪の原因「アデノウィルス」特徴と症状を知って対策しよう!

風邪の予防

風邪のウィルス、細菌が、体の外から侵入すると、私たちの体の中では、そのウィルスや細菌と闘おうとする免疫細胞が動き出します。免疫細胞の代表的なものは、白血球、そして唾液です。

白血球は、運動をすることで活発に動き出し、唾液は、噛むことで多くが分泌され、ウィルスや細菌を防ぐ役割をしてくれます。日ごろから、適度な運動、しっかり咀嚼で、風邪を予防しましょう。
・免疫量を上げよう
風邪知らず!免疫力がアップする運動のコツ
食事はたくさん噛むべし!唾液の殺菌効果を活かして風邪予防

風邪の予防で、最も有名なのは、うがいだと思います。ふつうのお水でも悪くはありませんが、それを緑茶や紅茶に替えるだけで、その効果はぐんと上がります。

また、鼻うがいはお勧め!と、よく聞きますが、鼻の奥のつん!とした痛みが怖いという方も多いはず。でも、痛みを感じずに出来る方法があるのです。ぜひ、お試しください。
・風邪予防にはうがいでしょ
お茶うがいで風邪をシャットアウト!驚くべき緑茶の抗菌力
皆さんはうがいを何でやってますか?のどに効果的なオススメうがい液
痛くないコワくない?風邪予防に効果のある鼻うがいを成功させるコツ

ウィルスは、乾燥していると増殖する性質を持っているので、特に乾燥しがちな冬場は、部屋の加湿を心がけましょう。また、寝ている間に喉が乾燥しないように、寝る前に水分を摂取することも、予防としておすすめの策です。
・寝る前の風邪予防
寝る前のひと工夫!風邪を予防するために実践したい5つの対策

マスクは、ウィルスの侵入を防ぐためのもの。と、思いがちですが、実は意外な使用方法があるのです。寝るときにマスクを着用して寝ると、自分の吐息がマスクの中でスチームの役割をし、喉の乾燥を防ぐことが出来るのです。
・マスクの意外な使い方
マスクを効果的に使うには?~「眠りマスク」で風邪予防!

風邪の治療

熱が高いと、心配になりますし、病院からも解熱剤をいただくので、すぐにそれを使用しようとしてしまいますが、風邪の時の発熱は、体の中でウィルスと免疫力が闘っている証拠。体温を上げることで、免疫である白血球が、ウィルスと闘いやすい環境を作っているのです。

解熱剤を使うと、血行が悪くなり、免疫がうまく働くことが出来ません。微熱であれば、解熱剤は使用せず、まずは体を温めて、しっかりと睡眠をとりましょう。
・薬よりも効果的
微熱くらいなら解熱剤なんて必要ない!風邪のひき始めはまず温めよう
風邪気味のとき、お風呂はどうする?昔はダメと言われたけれど…

風邪対策とは

みかんには、たっぷりのビタミンCが含まれています。ビタミンCは、風邪予防にいい!と聞いたことがある方も、多いはずです。それも、焼いて皮ごと食べると、皮に含まれる『ナリンギン』という成分が、喉の炎症を抑えてくれることが分かっています。

皮を食べるのは…という方は、皮をまとめてお風呂に入れられると、保温効果があって、体が温まり、リラックスできること間違いなし!
・風邪に効果のある食べ物とは
みかんを焼いて食べよう!風邪の引き始めに効く意外な食べ物

赤ちゃんというのは、体温が高いので、大人よりも少な目に衣服を着せるようにしましょう。大人が暑いときは、赤ちゃんはもっと暑く感じていると思ってください。

水分をこまめに飲ませるようにし、脱水にはくれぐれも注意してくださいね。水分を摂取すれば、痰の絡みも、楽になることがあります。発熱して冷やす場合は、大きな血管が通っている首や、足の付け根などを冷やすと、効果が上がります。

ただし、直接アイスノンを当てるのは危険なので、タオルなどを巻いて、温度を調整して使用されてください。
・子供が風邪をひいた時
赤ちゃんを風邪から守る大原則!季節の変わり目には必須事項!!
子供の発熱時にはどうすれば良い?正しい対処方法を大発表
知ってましたか?大人の風邪とは違う、子供の風邪の正しい対処法

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る