TOP > > 20代・30代の男性は要注意!群発頭痛の恐怖と予防法について

20代・30代の男性は要注意!群発頭痛の恐怖と予防法について

20代・30代の男性は、群発頭痛(ぐんぱつずつう)に悩まされている人も多いです。群発頭痛は、普通の頭痛と比較すると痛みが非常に強いという特徴があります。そこで今回は、群発頭痛の恐怖の症状と、予防方法についてご紹介していきます。

群発頭痛の具体的な症状とは?

群発頭痛(ぐんぱつずつう)の症状は、目をえぐり取られるような強烈な痛み、激しい頭痛、目の充血、鼻水、汗などで、約15分~数時間程度続きます。特に目と頭の痛さは、他の頭痛にはない激しいものだと言われています。そして、片側だけに痛みが現れると言う特徴もあります。

また、群発頭痛は、頭痛発症の数分前に、前兆がある場合が多いです。群発頭痛の前兆として有名なのは、首が張ったり目がかすんだりという症状があります。

そして、群発頭痛の最大の特徴は、決まった時期に頭痛が起こるという点です。群発頭痛は1年の内の数週間~数か月程度、頭痛や目の痛みと言った症状が現れる時期があります。

この時期は、一般的に「群発期(ぐんぱつき)」と呼ばれています。群発期には、激しい痛みがあり日常生活に支障をきたす人もいます。しかし、この群発期が過ぎると、嘘のように痛みは消えてなくなるのです。

しかし、群発期が過ぎて頭痛が無くなったからと言って、群発頭痛が完全に治ったかどうかは分かりません。なぜならば、一定期間後にまた群発期に入る事が多いからです。いずれにしても強い痛みを伴う頭痛ですから、早めに医療機関を受診しましょう!

群発期の頭痛を予防方法!

群発頭痛(ぐんぱつずつう)は、上記で説明した通り、群発期に入ると激しい痛みを伴う頭痛がおこります。群発頭痛は耐えられないほどの激しい痛みだと言われますので、なるべく痛みが出ないように生活したいところですよね。

では、群発頭痛の予防は、どのようにしたらいいのでしょうか?群発頭痛は、血管が拡張する事で強い痛みが発生すると言われています。

ですから、予防するためには血管が拡張する事を、控えなくてはなりません。そこでお勧めしたいのが、お風呂の代わりにシャワーで済ませる事です。お風呂に入ると、疲れが取れますし、とっても気持ちが良いですよね。

でも、お風呂に入って体が温まると、血管が拡張してしまいます。血管が拡張すると、群発頭痛の症状が出る事があります。その為、お風呂に入るよりもシャワーで済ませた方が、群発頭痛の症状が出にくいと言う訳なのです。

また、気圧変化やアルコール類も、群発頭痛を発生させるリスクを、アップさせてしまいます。一般的に群発頭痛は、決まった時期の決まった時間帯に痛みが現れます。しかし、アルコール類を飲んだ時や気圧の変化が激しい場所に行くと、予定外の時間に頭痛が起こる可能性があります。

ですから、群発期の頭痛を予防するためには、アルコールを控える、シャワーを利用する、気圧変化の激しい場所を避けると言った生活を心掛けましょう。

しかし、こういった事を実践しても、痛みが出る事はしばしばあります。群発頭痛の痛みは、本当に激しいですから、痛みを我慢せずに病院で治療を受ける事をお勧めします!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る