TOP > > 群発頭痛でお悩みの方必見!4つの方法で群発頭痛の痛みにさようなら

群発頭痛でお悩みの方必見!4つの方法で群発頭痛の痛みにさようなら

群発頭痛になると、のた打ち回るような頭痛や、目の奥をえぐり取られるような、強烈な痛みが襲ってきます。その痛みは、出産を上回ると言われ、自殺を考える人もいるほどです。

でも、そんな痛みを予防する方法があります。そこで今回は、群発頭痛の痛みを予防する、簡単な4つの方法をご紹介します!

お酒を断って群発頭痛の痛みを予防!

まず1つ目の群発頭痛の痛みを予防する方法は、お酒を断つことです。これは、群発頭痛の痛み予防に絶対欠かせない要因です。群発頭痛は、血管拡張型の頭痛です。つまり血管が拡張する事が引き金となって、強い痛みが発生するのです。

アルコールには、血管拡張作用がある事で知られています。つまり、アルコールを飲むことで血管が拡張され、強い群発頭痛の発作が現れます。一般的に群発頭痛は、痛みの発生する時期や時刻が、決まっていることが多いとされています。

つまり1年間の内の数カ月間、またその間の夕方など、頭痛発生時間がある程度固定されているのです。しかし、群発頭痛を持っている方は、アルコールを飲むことで普段とは違う時間であっても強い痛みの発作が現れやすくなります。ですから、群発頭痛を予防するためには、お酒を断つことが必要不可欠なのです!

深呼吸で群発頭痛の痛みを予防!

2つ目の群発頭痛の痛みを予防する方法は、「深呼吸」をする事です。「深呼吸くらいで本当に予防できるの?」と思う方がいらっしゃるかもしれません。でも、意外に深呼吸も高い予防効果が確認されているのですよ。

では、どのような時に深呼吸をすると、群発頭痛の予防につながるのでしょうか?群発頭痛は、多くの場合痛みの出る5分前くらいに、肩の張りなどの前兆が現れます。この前兆の後くらいに、深く深呼吸を行いましょう。

深呼吸は、鼻から息を吸い込んで、口からゆっくり息を吐き出していきます。簡単ですが、群発頭痛の発作予防にはとっても効果的です。群発頭痛を予防したい方は、ぜひお試しください!

長湯をやめて群発頭痛の痛みを予防!

3つ目の群発頭痛の痛みを予防する方法は、「長湯をやめる」事です。日本人は、お風呂が好きな民族で知られています。お風呂に入ると、体の汚れが落ちて清潔になりますし、疲れもすっきり洗い流すことが出来ます。しかし、群発頭痛を持っている人は、長湯が禁物です。お風呂に長く入ってしまうと、血管が拡張されていきます。

群発頭痛は、血管拡張型の頭痛です。つまり、長湯をしてしまうと、血管が拡張され、群発頭痛の痛みを引き起こしやすくなるのです。ですから、群発頭痛の発生時期は、長風呂をやめておきましょう。シャワーで汚れを洗い流す程度にした方が、群発頭痛の発生リスクを抑える事が出来ます。

病院での治療を受けて予防につなげましょう!

4つ目の群発頭痛予防方法は、病院での治療です。群発頭痛は、目の奥をえぐり取られるような恐ろしい痛みが襲ってきます。一人で痛みに耐えようと思っていても、そう簡単に耐えられるものではありません。

やはり、病院で治療を受ける事も必要な頭痛なのです。でも、病院ではどのような治療が行われるのでしょうか?病院で行われる治療は、薬物療法が主です。群発頭痛は、病院で処方される薬である程度痛みをコントロールする事が出来ます。

ただ、強い薬になりますので、中には胃痙攣をおこす人もいらっしゃいます。ですから、胃腸が弱い方などは、あらかじめドクターにその旨を伝えておきましょう。

また、酸素吸入やスマトリプタン皮下注射なども、群発頭痛患者さんに有効だと言われています。様々な治療方法がありますので、まずは医療機関でご相談ください!

このように群発頭痛の予防方法は、禁酒、深呼吸、シャワー、薬などが有効です。群発頭痛は激しい痛みでとても苦しいですので、しっかり予防して痛みが現れないようにしましょう!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る