TOP > 群発頭痛

群発頭痛と呼ばれる理由は

群発頭痛は頭痛という病名がついていながら、頭ではなく顔面に起こる強烈な痛みが襲ってくる病気です。

鎮痛剤も効きにくいと言われている厄介な病気で、耐えられない痛みから救急車を呼ぶ方もいるほど強烈な痛みが襲う場合もあります。

・痛みが襲ったらこれを試そう
群発頭痛でお悩みの方必見!4つの方法で群発頭痛の痛みにさようなら

群発頭痛は女性よりも男性の方が発症しやすい病気と言われていて、その割合は男女比5:1となっています。ですから特に20代・30代の男性は要注意してください!

群発頭痛はいつ起こるのか

またこの病気の特徴は、名前のとおりまさに「群発」するので、気づきにくいという点にあります。

1日に1~2回ほど眼球の奥や鼻の奥などの顔面に強烈な痛みを感じ始めたら、その症状は短くて1週間、長い時には2ヵ月ほど続きます。

けれどもある時を境に、パタリとその症状が良くなってしまうのです。そして、忘れた頃にまた同じような痛みが襲ってきます。

痛みに異常を感じた頃に、痛みが無くなってしまうという方も多いので、病院を受診しないまま何年もそのままにしてしまう人も少なくはありません。

耳鼻科に行っても原因が特定できずに、精神科や神経科など色んな科を受診しているうちに、症状が治まってしまい病院から足が遠のくこともあるようです。

群発頭痛を自分で防ごう

・自分でできる予防
群発頭痛の原因は日常生活にある!?3つのポイントでしっかり予防!
20代・30代の男性は要注意!群発頭痛の恐怖と予防法について

・薬の使用も視野にいれて
突然起こる激しい顔面痛は群発頭痛。薬によって事前に予防できます

そこでこちらのカテゴリでは、皆さんが群発頭痛について正しい知識を身に付けられるように、群発頭痛の特徴・診断方法・日常生活の中で群発頭痛を引き起こしてしまう原因・その予防法をご紹介しています。

正しい知識を身に付けておけば、もし病気を発症しても適切な対処が行えます。

あなたの顔面に時々起こる、耐えがたい痛み・・・もしかして病気のサインかもしれません。

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る