TOP > > 実数に限りなく近い正確さの統計から初めて明かされる小児がんの実態

実数に限りなく近い正確さの統計から初めて明かされる小児がんの実態

全国初、明らかになる小児がんの患者数

これまで年間2500人~3000人と推計されていた小児がんの患者数が、実数に近いとされるデータとしてこのたび国立がん研究センターにより発表されました。集計を行ったのは平成21年~平成23年の間、3年間で8902人の子供が小児がんと診断されていたことが明らかに。

内訳は男児4796人、女児4106人と若干数男児が上回っています。平成13年より全国には厚生労働省による「がん診療連携拠点病院」が指定されています。この「がん診療連携拠点病院制度」は、全国どの地域にいても高度ながん治療が受けられるように整備するという制度です。

がん患者は高度な医療を受けるために拠点病院に集中しますので、今回はじめて発表されたデータはこの拠点病院からの統計であるため、ほぼ実数であるとみなされています。

種類別では最も多いのが白血病2454人(27・6%)、次いで脳腫瘍が2025人(22・8%)。白血病と脳腫瘍で約半数を占めています。以下では、乳幼児に多くみられる「神経芽細胞腫」、全身をめぐるリンパ系組織に発生する「リンパ腫」と続きます。

日本の小児がん患者への取り組み

こどもの病気とは本人は勿論の事、ご家族にとっても大変なつらい試練となります。現在の日本で私たちはどのような協力が得られるのでしょう。

医療助成

各自治体による医療費助成制度が受けられます。ただし、保険診療が適応される範囲内に限ります。受給資格は自治体によってさまざまで、事前に役所での手続きが必要です。

医療ソーシャルワーカー

病気によって変化したさまざまな日常の問題等なんでも相談できる専門職スタッフが常在しています。

医療保育

家族との連携をもちつつ医療主体の保育が受けられます。

チャイルド・ライフ・スペシャリスト

入院中のこどものこころのサポートをしてくれるスタッフです。心理学などさまざまな専門知識を持つ医療チームの一員。

院内学級

学校へ通う年齢のこどもが入院中でも教育が受けられる、病院内に設けられた学級です。

宿泊施設

自宅からこどもの入院先の距離が遠方になる場合に利用できる家族向けの施設です。

未来に向けて進む小児がん医療

現在日本では一万人以上のこどもが、がんの治療をうけていますが、それに対し専門家が不足しているといわれています。薬の開発の遅れへの懸念もあります。

そんな中、小児がん研究者を対象とした海外留学を支援する取り組みが発足しました。症例数多い外国の医療機関で若手の医師たちがノウハウを吸収し、日本の医療に役立てるのが目当てです。多くの専門家が現れてくれることでしょう。医療の発展と共に未来を担う子供達の健康と幸せを願うばかりです。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る