TOP > 小児がん

小児がんを知る

病死になる病気として日本では三大病というものがあります。その一つががんです。がんは昔からあるものですけれども、小児がんというものはまた別で存在します。

同じようなガンではありますが、小児がんは特別な治療などが必要なのです。

・統計からみる小児がん
実数に限りなく近い正確さの統計から初めて明かされる小児がんの実態

小児がんの原因

小児がんというのは一般的に子どもに起こるがんのことをいいます。

若いうちはがんというのはできにくいのですが、小児がんはもともと何らかの臓器になろうとしていた細胞が胎児の時からあり、それが成長するに連れて大きくなってがん化したと考えられています。

小児がんについては様々なものがありますが、大人ではほとんどかからないようなガンも多く存在しています。

例えば白血病や悪性リンパ腫などは大人でも発症しますが、脳腫瘍や神経芽腫など小児がん独特の癌の種類が多いのが特徴的です。

現在、子どもの死因として不慮の事故と並び非常に多くの子どもが小児がんでなくなっています。

こういった状況を知ったスポーツ選手や有名人など、海外でも日本でも数多くのチャリティーや寄付を行って、小さな命を助けようとしています。

小児がんは助かる?

小児がんは昔はほとんど治らないかのように思われていましたが、幸い最近では早く病院にかからないといけないというように、検査を急ぐ親も増えたこともあるのか、治療の成果が出ています。

がんの種類によっては高い確率で治療できるものも増えています。ただ、予後についてもその後二次発生する場合もありますし、治療の後遺症や合併症が起こりうる可能性もあります。

ですので治ったからと言って安心せずに注意深く毎回の検査を欠かさないようにせねばなりません。しかしそれで普通の生活もできるレベルになってきているのは事実です。

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る