TOP > > 胸が痛い!突然の胸痛に襲われたら疑ってほしい疾患とその鑑別方法

胸が痛い!突然の胸痛に襲われたら疑ってほしい疾患とその鑑別方法

突然の胸痛

突然の胸痛に襲われた経験はありませんか?胸の痛みというのは人生でそれほど経験もないでしょうし、場所が場所だけに心配になると思います。

素人であればまず心臓の病を疑う方が多いと思いますが、必ずしも胸痛=心臓の病気ではありません。そこで今回は、突然の胸の痛みに襲われたら疑ってほしい疾患とその鑑別方法を紹介します。

胸痛を伴う心臓の病気

突然の激しい胸痛を感じたら、まず最初に疑ってほしいのがやはり心臓の病気です。心臓の病気は緊急を要するケースも多いので、少しでも違和感を覚えたら周囲に症状を訴えたり救急車を手配することが重要です。

まず最初に説明するのが狭心症です。狭心症とは心臓に繋がる血管が狭くなり、心臓に血液を上手に送れなくなる病です。胸に強い痛み、圧迫感を感じる場合は狭心症の可能性があります。狭心症の発作は15分という短い時間内に収まることがほとんどです。胸痛以外に背中や歯の痛み等を感じることもあります。

次は急性心筋梗塞です。この病は心臓に繋がる血管が完全に詰まってしまうという病です。急性なので前触れもなく突然起こります。突然死の原因ともなる恐ろしい病です。強い胸の痛みが15分以上続き、同時に吐き気や意識障害を起こす場合は急性心筋梗塞の可能性が高いです。

胸痛を伴う血管の病気

大動脈瘤によっても胸痛を感じることがあります。大動脈瘤とは胸部大動脈、腹部大動脈がコブ状に膨れ上がることを言います。初期症状もなく気がつかないうちに破裂してしまうケースも少なくありません。

コブが大きくなるにつれ胸痛・背中の痛み・腹痛などを感じることがありますので、少しでも違和感を覚えたら病院での検査を行いましょう。破裂してしまうと命に大きく関わります。

胸痛を伴う呼吸系の病気

呼吸系の病でも胸痛を感じることが多くあります。その代表的なものが肺炎です。肺炎とは細菌やウイルスによって肺の機能が低下してしまう病です。小さなお子様やお年寄りは特に注意が必要です。呼吸に合わせての胸痛・発熱・咳・吐き気などの症状が見られたら肺炎を疑いましょう。風邪とよく似た症状なので注意が必要です。

我慢できないほどの激しい痛みではないものの、胸に軽い痛みや違和感を覚える場合は気胸の疑いがあります。気胸とは肺に穴が開いてしまい肺の外側に空気が溜まってしまう病のことを言います。胸痛以外の症状としては、動機・呼吸時の違和感・背中の痛みなどがあります。

肺がんの初期症状として胸痛を感じるケースもあります。胸痛は、初期症状がほとんどないと言われている肺がんを早期発見できる重要なサインなのです。

我慢できないほどではないものの、胸の痛みや違和感が継続して起こる場合は要注意です。また、合わせて咳や痰が出るかどうかもチェックしてください。特に空咳が続いている場合は一度病院を受診してみましょう。

胸痛を伴う消化器系の病気

胃酸が逆流してしまう逆流性食道炎でも胸の痛みを感じるケースがあります。激しい痛みではなくチクチクとした痛みや胸焼けを感じるのが特徴です。逆流性食道炎は喉にものが引っかかるような違和感、苦い水が上がってくるなど特徴的な症状があるので比較的鑑別しやすい病と言えます。

胃の上部から胸の辺りが傷む場合、胃潰瘍の可能性があります。胃潰瘍とはストレスやその他の原因で胃酸が粘膜まで消化してしまう病のことを言います。特徴的な症状は上腹部の痛み・背中の痛み・胸焼け・吐血・下血などです。

ストレス社会と呼ばれる現代の日本で急増中の病で、比較的誰にでも発症する可能性が高いので、このような症状を感じた場合は胃潰瘍を疑ってみましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る