TOP > > その唇の荒れ、「口唇炎」の可能性は!?症状と治療法

その唇の荒れ、「口唇炎」の可能性は!?症状と治療法

唇が荒れてくると、ついつい舐めてしまいませんか?でもその行為、さらに悪化を進めているだけなんですよ。

唇の荒れと腫れ

冬場などは特に乾燥しますから、「唇の荒れ」も悪化しやすいですね。どの様なケアを行っていますか?

薬用リップクリームをマメに塗る。という人が多いかと思いますが、逆に、そのリップクリームが、「荒れ」の原因になっている可能性があるとしたら、どうしますか?

実は、薬用リップクリームを常用しているうちに、洗い落とされなかった油分が原因で、「荒れ」が悪化してしまった。という症例が報告されている様なのです。

成分が合わなかった。という事だとは思いますが、リップクリーム購入時には、成分チェックをする事も大切なのかもしれません。

「唇の荒れ」を防ぐ為には、唇をキチンと洗う事が大切です。たとえ、リップクリームだけだとしてもです。

合わせて、ビタミンの摂取も重要です。ビタミンB2とビタミンB6を摂ると良い様です。特にビタミンB2は欠乏すると唇の荒れに繋がりますので、積極的に摂っていきたい栄養素です。レバー・乳製品・玉子などに含まれていますよ。

また、朝起きたら唇が腫れている。そんな経験はありませんか?

虫さされなら、すぐに冷やせばいいのですが、そうで無い場合、思い当たる原因が無い場合は、放置をせずに病院へ行った方が良いかもしれません。(皮膚科への受診になります)

大抵の場合は、唇に触れた物に対してのアレルギー反応なのですが、原因物質の確定が難しいので、怪しいと思われる物に触れた場合は、すぐに洗い流す方法を取るしかありません。口に入る物全てが疑われますので、なかなか厄介です。

もし、唇の腫れと同時に喉の痛みを感じている場合は、すぐにでも病院へ行く事をオススメします。何かの病気の可能性があります。

また、軽い痛みを伴っていたら、口の周りをよく見てください。小さな水泡がプツプツでていませんか?(出ない事もあるそうです)

単純疱疹、「ヘルペス」の疑いが大です。これは、人から人に感染りますので、注意が必要です。放置していても自然治癒するものですが、感染の可能性を考えると、皮膚科へいく事がいいかと思われます。

「口唇炎」かも

単なる唇の「荒れ」だと思っていたら、「口唇炎」と診断された。そんな話も聞きます。

口の周りがカサカサする・唇の皮が剥ける・乾燥が酷くてすぐ割れてしまうなど、乾燥状態が酷い場合や、菌の感染による症状が出ている場合などは「口唇炎」と診断されます。

白いコケの様な物が付着していた場合などは、真菌によるものの場合がありますので、すぐ病院へ行かなければいけません。(抗生剤は効きません。市販の薬も真菌用以外は効きません)

「口唇炎」が厄介なのは、治療法が確立されていないという事なのです。そのため、日常のケアがとても大切です。

唇を舐めない事・口での呼吸はしない事(口内が乾燥してしまいます)・唇に付いた油は放置しない事・唇を洗うときは優しく丁寧にする事など、意識して実行してみてください。

また、ビタミンの摂取だけではなく、バランスのとれた食事を心がける事が一番重要なのかもしれません。

乾燥に負けない強い唇(?)を目指しましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る