TOP > > 病院に行く暇がない方、口唇ヘルペスの再治療は市販薬で可能ですよ

病院に行く暇がない方、口唇ヘルペスの再治療は市販薬で可能ですよ

「かぜの華」「熱の華」とも呼ばれる口唇ヘルペスの治療は、抗ウイルス薬を塗るのが一般的です。ウイルスが増殖するのを抑える薬なので、なるべく早く使い始めたほうがより効果的です。

しかし、すぐに病院に行きたくても諸事情で行く時間がとれなくて悪化させてしまうこともしばしばあります。又、この病気は何度も再発してしまうので厄介です。そんな人たちのために口唇ヘルペスに効く軟膏が数年前に、薬局で処方箋がなくても買えるようになりました。

成分のアシクロビルが市販品にも医療用と同じ量、入っています

ただし、市販品も医療用と全く同じように使えるわけではありません。市販品の効能としては、「口唇ヘルペスの再発」の使用のみに限定されています。

過去に医師から口唇ヘルペスと診断された人だけに使用可

初めて口唇ヘルペスの症状が出た場合は、その症状が口唇ヘルペスによるものなのか、他の病気からなのか、患者さんが自分で判断することはできません。初めて口唇ヘルペスにかかった場合、症状が重症化することもあるため、必ず医師の診察を受けましょう。

「口唇ヘルペス再発」用に市販品を使用する場合

ピリピリ、チクチクといった再発の兆しの症状を感じたら、早めに使用するのが効果的です。この時期は、ヘルペスウイルスがどんどん増加している時期なので、早めに使うことでウイルスの増殖を抑え、症状が悪化するのを防ぎます。

使用期間は10日間程度が目安ですが、かさぶたができて水ぶくれが乾燥すれば、薬の使用を中止してもかまいません。又、1週間使用しても症状に改善が見られない、逆に悪化してしまうような場合は、他の病気の可能性も考えられるため、使用を中止して医師の診断、治療を受けましょう。

市販品は口唇ヘルペス以外ヘルペス症状への使用は不可

市販品は「口唇ヘルペスの再発」のみの治療薬です。口唇ヘルペスは、唇とその周りにできる病気です。それ以外の部位に塗ることは絶対に避けましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る