TOP > > その疲労を慢性化させないために!日常的に改善したい5つの生活習慣

その疲労を慢性化させないために!日常的に改善したい5つの生活習慣

貴方は疲れていませんか?とにかく日本人は真面目な性格もあって、疲れを溜めている民族だと聞いたことがあります。疲れ(疲労)にも色々な種類がありますが、大きく分類して肉体的疲労と精神的疲労の2種類があると思います。

肉体的疲労は主に肉体労働や立ち仕事など、筋肉を使う作業で多く見られますが、栄養不足や睡眠不足によっても感じることがあります。精神的疲労はストレスが原因であることが多く、仕事や学校など人間関係によるものが多いと見られています。

また、長期間の肉体疲労が精神疲労へ移行することもあり、初期においての対策が重要ではないでしょうか?

最近、日常的に疲労を感じている人が増加しているそうです。中には半年以上も疲労を訴えて、原因不明の微熱や筋力低下などの症状が現れる場合もあります。このレベルになると疲労も重症化しており、日常生活にも大きな障害となってしまうでしょう。

疲労で一番重要なのは慢性化させないこと。慢性的疲労にならない方策を考えてみましょう。

疲労の原因を探してみよう

疲労と言っても人によって感じ方は色々とあるようです。まず男性と女性では体力も違いますので、筋力作業においては同じことを行っていても、女性の方が疲労を感じやすくなります。

同じように男性でも筋肉モリモリの人とガリガリや肥満の人では体力が違います。このように疲労は体力によっては感じ方が大きく違うもので、一律に判断はできないことがあるのです。

また、筋力以外においても免疫力や代謝などの違いによっても疲労の度合いは変わってくるので、自分の感じている疲労が何によって現れているのかを探すことも重要ではないでしょうか?

疲労を慢性化させないための5つの生活習慣

疲労を慢性化させないためには健康的な生活を送ることが重要ですが、このストレス社会においてはなかなか難しい注文かもしれません。そこで、簡単に改善できる生活習慣をまとめてみました。

◆睡眠は疲れた筋肉や脳を休めるためにとても重要です。疲労を慢性化させる原因の一つに睡眠障害があり、睡眠不足で肉体的・精神的疲労が発生します。7時間の睡眠を心掛けるようにしましょう。

◆昼寝は疲労を軽減するのに効果的な方法です。10分程度でも効果はありますので、「疲れたな」って感じたら少しの昼寝を試してみましょう。

◆栄養バランスは疲労を回復させるためにとても重要なポイントです。日本人は疲れると炭水化物を多く摂取しがちですが、筋肉の回復にはタンパク質などが重要になります。ビタミンやミネラル、タンパク質などの栄養素をバランスよく摂取しましょう。

◆サラリーマンの中には朝早く出社して夜遅く帰宅する人もいるようです。ここで問題なのが太陽を浴びていないことになります。太陽を浴びないことは体内時計や自律神経を乱す原因になり、疲労に繋がるのです。昼休みの散歩など太陽を浴びるように心掛けましょう。

◆入浴は疲労を解消するのに最も効果的です。入浴することで交感神経をリラックスモードにし、硬くなった筋肉も緩和させることができます。忙しくてもシャワーだけにしないで湯船に浸かって身体をリラックスさせましょう。

疲労は放置することでだんだんと蓄積される場合も多く、気が付いたら手遅れになってしまいます。そうならないように日常生活の中で対策を行って下さい。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る