TOP > > 20代でも起こる?若者に増えている若年性脳梗塞の原因と予防法

20代でも起こる?若者に増えている若年性脳梗塞の原因と予防法

頭が痛い女性

日本人の死因トップ3をご存知ですか?1位は悪性新生物、2位は心疾患、3位は脳血管疾患です。これらは高齢者に多い病気なのですが、近年は若者に脳血管疾患のひとつ「脳梗塞」が増えてきています。

テレビを見ていても、脳梗塞を起こすアーティストやタレントのニュースを目にすることがありますね。

脳梗塞というと中高年や高齢者の病気というイメージがあるかもしれませんが、近ごろでは若い人が発症する事例が増えています。なぜ若い人が脳梗塞になってしまうのか、その原因と予防法を紹介します。

若くして脳梗塞を発症する若年性脳梗塞とは?

脳梗塞は脳の血管が詰まって血流が滞ってしまった結果、脳細胞が壊死する病気です。

脳の壊死した部位がつかさどっている機能が働かなくなってしまい、最悪の場合は死に至り、命を取り留めても重症の場合には体の機能に障害が残ります。

これまで脳梗塞は動脈硬化の起こりやすさから高齢者に多い病気とされてきましたが、最近では30代、40代の比較的若い人に増える傾向があり若年性脳梗塞と呼ばれています。

そして、この10年間で患者数は1.5倍に増えているという報告もあるのです。

若くして脳梗塞を発症するようなことになれば、場合によっては半身不随や介護が必要な状態になるなど、大きな後遺症を抱えてその後の長い人生を生きていかなければならなくなります。

では、なぜ若い人の間に若年性脳梗塞が増えているのでしょうか?

若年性脳梗塞を発症する5つの原因

オークランドテクノロジー大学のバーリー・フェイギン教授によると、近年の若者に脳梗塞が増えている理由は「不規則な生活」「栄養バランスの偏った食事」「ストレス」などの増加とされています。

若い人に多い生活スタイルや日常の過ごしかたが影響していると考えられているのです。

若年性脳梗塞の原因1.生活習慣病の低年齢化

若年性脳梗塞が増えているもっとも大きな原因は、生活習慣病の低年齢化にあります。いまの世の中は昔にくらべ食べ物がふんだんにあります。コンビニやスーパーファストフード店などは24時間営業となり食べたいものを食べたいときに好きなだけ食べることができます。

ファストフードやコンビニ食を利用するのは便利ですが、高カロリーで栄養のバランスを欠いた食事になりやすいといえます。

規則正しい食事の習慣や栄養のバランスが乱れた食生活が若いうちから習慣になってしまうと、歳をとってからその食習慣を変えることはなかなか難しくなります。

そのため、肥満や高血圧、高脂血症など脳梗塞を起こす要因が若いうちから増えることになり、若年性脳梗塞が起こる根本的な原因となるのです。

若年性脳梗塞の原因2.スポーツや激しい運動による脳梗塞

健康のために運動するのはとてもよいことなのですが、場合によってはその運動が脳梗塞を引き起こすことがあります。

とくにゴルフ、スノーボード、フットサル、ボルダリングなど首や頭をひねる動作が多く頭に衝撃がかかりやすい運動やスポーツには注意しなければいけません。

これは脳梗塞を起こす原因の一つに、脳の血管が裂ける「脳動脈解離」という病気があるからです。脳動脈解離が起こると脳の血管が狭くなり健康な人でも脳梗塞を発症しやすくなるのです。

脳動脈性解離による脳梗塞は、高齢者よりも若い人で運動を好む人に圧倒的に起こりやすいといえます。

若年性脳梗塞の原因3.ゆとり世代に多い脳梗塞

若年性脳梗塞はゆとり世代の人に多いとも考えられます。一概に年齢だけでゆとり世代と決めつけることはできませんが、企業戦士となりあくせくと働くことよりも、ゆったりとゆとりを持って生きていこうとする若い世代の人に脳梗塞が増えています。

その理由は、ゆとりを持って生きることを優先することで、現代社会に存在するさまざまなストレスへの抵抗力が弱くなるため、昔ならたいしたストレスと感じられなかったことでも大きなストレスとして脳やからだに負担をかけるからです。

同じような環境や状況でも、ストレスを全く感じない人とストレスを強く受ける人がいます。生まれ持った性格の違いもありますが、ストレスを上手く乗り越える訓練をしてきた人とそうでない人では、ストレスから受けるダメージが異なるのです。

ストレスはある程度は相対的なものなので、ストレスへの適応が難しければ、それだけからだにも負担がかかります。血管が収縮し血圧が上昇、脈拍も速くなり脳の血管に対するダメージも大きくなってしまいます。

また、ストレスを慢性的に抱えている状態が続けば、睡眠不足や過食、偏食など生活習慣病を助長することにもつながります。それらの状況が重なることで脳の血管にも異常が起こり脳梗塞を発症することにつながってしまうのです。

若年性脳梗塞の原因4.ピルの服用による血液凝固異常

女性で月経困難症などの治療のためピルを使用している場合、薬の作用によって「血液凝固異常」が起こり脳梗塞を発症する場合があります。簡単にいえば、ピルの服用による副作用によって血液が固まりやすい状態となるため、脳梗塞が起こりやすくなります。

ピルは低容量のものであれば、簡単な問診だけで比較的容易に手に入るようになっており、若い女性の間でも使用が常習化しています。それが若い女性の間で脳梗塞が起こる原因の一つとなっているのです。

また、ごくまれですがピルだけでなく頭痛薬や睡眠導入剤など医薬品の長期服用によって脳の細い血管が痙攣する「血管攣縮」という症状が起こり脳梗塞が引き起こされることもあります。頭痛や生理痛など多くの女性が抱える悩みもまた脳梗塞の引き金となることがあります。

若年性脳梗塞の原因5.その他の脳の病気や喫煙の習慣

とくに日本人の30~40代にといわれる「もやもや病」という脳の血管が細かく分岐する病気や、心臓にできた大きな血栓が脳の血管を詰まらせる「心原生脳塞栓症」という病気も比較的若い人に起こりやすい脳梗塞の原因としてあげられます。

若年性脳梗塞の原因となる病気「もやもや病」
5~10才頃の小児と40代に起こりやすい脳の病気です。「もやもや」という表現は、細い脳血管の影がタバコの煙のようにもやもやと網状に見えることから使われました。このような細い血管網は脳の血流が不足した時に生じます。

血流不足を解消しようとして脳に細い血管が構築されるのです。アジア人に多く、小児の場合は遺伝子、成人の場合は脳出血の経験が原因で起こります。細い血管は弱く脳出血や脳梗塞を起こしやすいので、もやもや病が発覚した人は適切な治療をしていかなければなりません。もやもや病の特徴は、脳の血流が不足した時に起こる一時的な症状です。

  • 手足の脱力や麻痺が起こる
  • 激しい頭痛が起こる
  • 物がゆがんで見える
  • 色が識別できなくなる

といった発作症状が、次のような行為の後に起こるならば、もやもや病の疑いがあると考えてください。

  • 熱いラーメンにフーフー息を吹きかけた時
  • 楽器を吹いた時
  • スポーツをした時
  • 激しく泣いた時(小児)

聞き慣れない珍しい病気のように見えるかもしれませんが、成人は誰でも脳出血からもやもや病を引き起こす可能性を持っています。脳出血の引き金となる高血圧・糖尿病・高脂血症・肥満を防いでください。

若年性脳梗塞の原因となる病気「脳動脈解離」

若者の若年性脳梗塞で多いのが「脳動脈解離」です。これは外部からの衝撃により、動脈の壁の内側がはがれ、2枚に裂けてしまう状態のこと。脳動脈解離が起こった部分は血液が流れにくくなり、脳梗塞に進みやすくなるのです。

10~20代の健康な人でも、脳血管に衝撃が加わると脳動脈解離を引き起こしてしまう可能性もあります。特に、次のような行為が脳動脈解離を引き起こしやすいです。

  • ゴルフなど首をひねることの多いスポーツ
  • スポーツによる転倒事故
  • 交通事故

日常の動作で、首をひねった際に引き起こされることもあります。首をポキポキ鳴らす癖も良くないと言われていますね。脳動脈解離を防ぐには、脳血管に衝撃を与えないことが基本的な予防になります。

しかし、スポーツや日常生活の何気ない動作を、完全に避けることは難しいでしょう。そこで、頭痛が起こった時には脳動脈解離を含む脳血管の異常を疑い、すぐに受診して大事を防ぐことが対策となります。

脳動脈解離が起こっていても無症状という場合も多いのですが、事故や外傷の後にひどい頭痛が起こるようなら、脳動脈解離または脳卒中に進んでいる可能性も考えておいたほうが良いでしょう。脳動脈解離自体は、内科治療や手術によって治療でき、必ずしも脳梗塞に進むというわけではありません。

若年性脳梗塞の原因となる病気「奇異性脳塞栓症」

「奇異性脳塞栓症」は、心臓の心房に「卵円孔」という穴の開いている成人に起こる脳梗塞です。心臓の穴でなぜ脳梗塞が起こるのか不思議に思われるかもしれませんが、足などの静脈で生じた血栓が、この卵円孔を通過して脳動脈に流れついた時に、脳梗塞を起こすことがあるのです。

ちなみに胎児の時には誰にもある穴で、まれな現象というわけではありません。通常は成長と共に閉じていきますが、20%もの成人には卵円孔が残ります。この穴はとても小さく、普段は閉じているので健康上の問題はありません。

ただし力が入った時には開いて穴から血液が流れ、血栓があれば脳梗塞につながるので注意しなければなりません。心房に卵円孔があっても、ほとんどは無症状で治療は不要であることが多いのですが、卵円孔の開いていることが確認されている人は、血栓ができないように次の対策を心がけると良いでしょう。

  • 長時間同じ姿勢を続けない
  • 水分をたくさん摂る
  • 適度に脚を動かす

また、同じく静脈でできた血栓によって起こる病気に「エコノミークラス症候群(肺血栓塞栓症)」があります。飛行機に長時間乗ることで圧迫された下肢の血行が滞り、血栓ができてしまうことで起こる病気です。

脳血管で詰まれば脳梗塞となるので、飛行機をよく利用する人も特に注意してください。もし重い物を持ったり、せき込んだりした時、めまいやしびれの起こる場合は、卵円孔が開いて脳梗塞の前兆を起こしている可能性があります。早めに受診して検査を受けてください。

若年性脳梗塞の原因となる病気「脳動静脈奇形」

少ないケースですが「脳動静脈奇形」で若年性脳梗塞が起こる場合もあります。脳動静脈奇形は、生まれつき脳の動脈と静脈が直接つながっているために、動脈の圧力によって静脈に血管の固まりが生じてしまう病気です。

血管の固まりは強い圧力がかかった時に破裂して出血を起こしやすく、頭痛やてんかん発作が起こるようなら、この病気の疑いもあります。

脚の静脈に血栓が詰まりやすく、痛みや腫れで気づくことがあります。適切な治療によって脳出血や脳梗塞を未然に防ぐ必要があります。軽い自覚症状があった場合でもすぐに検査を受けるようにしましょう。

また、20代からの喫煙の習慣によっても比較的若いうちから動脈硬化が始まり若年性脳梗塞を引き起こすことも明かになっています。

早めに気づいて受診!脳梗塞の前ぶれTIAを見逃すな

脳梗塞が起こる前には「一過性脳虚血発作(TIA)」という軽い脳梗塞のような前兆がみられることが多いです。もし注意深く症状を観察することができていれば、脳梗塞に早く気づき、受診できるかもしれません。

TIAは一時的に脳の血流がとどこおるため発作が起こるのです。この状態を見逃さず適切に対応できれば、脳梗塞による脳のダメージを最小限にくいとめることができます。

以下のような症状は脳梗塞の前兆TIAの発作である可能性が高いので、注意しなければなりません。とくに若い人はまさか自分が脳梗塞だとは考えない人が多く、TIAの発作を見逃してしまい病気が重症化しやすいといえます。

  • ろれつがまわらない
  • 足がふらつきまっすぐ歩けない
  • 視野が欠けたりものが二重に見える
  • からだの片側にちからが入らない
  • 「イー」と発音すると左右の口の高さが違う
  • 箸を落としたり落とした箸をひろえなくなる

腕を上げようとしても腕が上がらない、「らりるれろ」を連続して言うことができないといった場合ですね。この発作は1回に付き10分くらいで自然に消えてしまいます。

そのため、中には単なる疲れや飲酒による酔いと勘違いされる症状もあります。しかしそのまま放置すると、数日~数ヶ月以内に脳梗塞を起こす可能性が高くなってしまうので、症状が繰り返し起こるようなら危険だと判断するべきでしょう。

TIAについては以下の記事で詳しく紹介しています。是非参考になさってくださいね。
【脳梗塞】一過性脳虚血とは?簡単な検査で早期発見を!

若者の脳梗塞は後遺症に注意したい!脳梗塞の予防法

脳梗塞で怖いのは後遺症です。日本では寝たきりになっている人の3割が、脳梗塞の後遺症によるものとなっています。若くして脳梗塞を起こし、後遺障害が残ってしまったら、その後の長い人生に大きな負担がかかってしまうことになります。

若いから大丈夫という油断こそ、もっとも危険な油断となるかもしれません。

脳梗塞の予防法1.バランスのとれた食生活を送る

若い人は食生活が乱れがちになります。外食やコンビニのお弁当ばかりでは、栄養が偏ってしまいます。とくに若い人は炭水化物や脂質を摂り過ぎる傾向があるため、ご飯は少なめにして野菜をたくさん摂るようにしましょう。肉より魚、洋食より和食を選びましょう。

脳梗塞の予防法2.運動やスポーツはほどほどに

脳梗塞は生活習慣病の一つですから、本来は運動を心がけたほうが良いのですが、あまり激しい運動を急に行なったり、慣れないスポーツに無理に挑戦することは控えたほうが良いようです。運動するは準備運動を入念に行なうことや水分補給をしっかり行いましょう。

とくに最近、女性に流行している「ホットヨガ」の最中にからだの水分が不足し、若年性脳梗塞を起こす人が増えています。汗をかく量が多い運動やスポーツにはとくに注意が必要です。

脳梗塞の予防法3.ストレスに強い生き方・考え方を工夫する

ストレスはからだに悪いというイメージがあるかもしれませんが、ストレスがない世の中はありませんし、多少のストレスがあったほうが、それを乗り越えるためのエネルギーが沸いてくる原動力となることもあります。

大事なことはストレスを避けるだけではなく、ストレスに立ち向かい溜め込まないように工夫することです。そのためには、次のようなことを習慣にして抱えたストレスは、できるだけその日のうちに解消するようにするとよいと思います。

  • 毎日の入浴は肩までしっかり浸かり心身の疲れをとる
  • 大きな声を出すとストレスが軽減するので、カラオケなどで発散する
  • 心が乱れたときは一つ一つの動作を集中して行う
  • ウソでもいいから無理やりにでも笑う
  • 解決法を考えなくてよいのでストレスの原因や問題点を書き出す
  • 酒やタバコに逃げない(ストレスが増加するため)

こうしたことを繰り返していくうちに、自分がどんなことでストレスを感じやすいか、ストレスをどうやって解消できるか、その考え方が身につくようになります。

脳梗塞の予防法4.ペットショップや猫カフェでリラックス

とくに女性は、動物と触れ合うことで心の癒しにつながることが明かになっています。これは母性本能とも関わりあっていて、動物をみたり触れ合うことでオキシトシンという愛情ホルモンが分泌され、ストレスの解消にも効果があることがわかっています。

もし動物を飼うことができなくても、ペットショップで動物をみたり、最近流行している猫カフェなどを利用すれば、動物と触れ合うこともできます。

脳梗塞の予防法5.脳梗塞を予防するツボ押し

脳梗塞は血液の流れがとどこおることで起こるので、血流を改善するツボを押すことによって多少なりとも予防につながると考えられます。

hyakue-roukyu-and-yuusen-point

  • あたまのてっぺんにある百会(ひゃくえ)
  • 手のひらの一番くぼんだ部分にある労宮(ろうきゅう)
  • 足のうらの一番くぼんだ部分にある湧泉(ゆうせん)

この3つは血のめぐりを改善しストレスをとりからだをリラックスさせる効果があります。

ツボを刺激するときは、ボールペン先の先などを使って刺激したほうが効果が高いといわれていますので試してみると良いと思います。

もしや…?と思ったら脳卒中科、神経内科、脳神経外科へ!

この記事を読んで、若年性脳梗塞が不安になった方は健康管理を行い、もし思い当たる症状がある方は、すぐ脳卒中科または神経内科、脳神経外科など専門科の受診をおすすめします。

若いからといって脳梗塞を発症しないということはありません。若いからこそ気の緩みや油断が生じやすいともいえます。これから先の長い人生を不自由な生活を強いられることがないように、日常でできるちょっとした工夫を積み重ねて病気を予防していきましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る