TOP > 脳梗塞

脳梗塞を発症させる前に

脳梗塞とは、脳卒中と呼ばれる症状の中で、最も発症する割合が高い病気です。生活習慣病と呼ばれる、高血圧や糖尿病が原因で起こる動脈硬化により、脳内の血管が詰まったり、狭くなって、脳内へ血液がまわらなくなり、血液が運んでいる酸素や栄養が行き渡らず、脳の細胞や組織が壊死してしまうという、恐ろしい病気です。

脳梗塞の症状には、予兆と呼ばれる症状が出ることがあり、家族による観察なども重要です。急に言葉が出なくなったり、呂律がまわらなくなったり、食事中に箸を落とす、などの症状が出たら、一刻も早く病院を受診されてください。

医学は日々進歩しており、昔は脳梗塞と言えば、助からない病気とされていましたが、初期の段階で診断が出来るようになっています。まだ症状が軽いうちに治療を始めることが出来れば、命にかかわることはありません。

こちらのカテゴリでは、脳梗塞を予防するための方法、脳梗塞を起こしやすい季節について、脳梗塞の予防のための食事や治療中の食事、などをご紹介しています。

脳梗塞の予防方法とは

生活習慣病が増加している現代では、運動不足が深刻な問題としてあげられます。筋肉が固まってしまっていることも多く、無理な激しい運動をいきなり始めることは危険です。そこでおススメなのが、ストレッチです。

お風呂上りなどの体がほぐれているときに、簡単なストレッチを取り入れることで、生活習慣病を防ぐことにつながり、ひいては脳梗塞の予防にもなるのです。

・ストレッチで脳梗塞予防
毎日の生活にストレッチを取り入れ脳梗塞を予防しよう!

何もしない、ぼーっとテレビを流し見る。という毎日を送られていませんか?このような生活は、脳を衰えさせてしまう原因になります。趣味を持つ、楽しいことを考える、読書をする、クイズを考える、などの脳トレは、脳を活性化させることが出来ます。脳梗塞予防には最適です。ぜひ、お試しください。

・脳トレで脳梗塞予防
本当に脳に効果がある?脳トレで脳を鍛えると脳梗塞が予防できるわけ

季節で見る脳梗塞

冬に多いと言われているのは、脳出血です。脳出血、脳梗塞は、生活習慣病に大きく関わっており、高血圧や糖尿病は、それらを発症させる要因となります。

冬は、室内と室外で、大きく気温の変化があるため、血圧に変動をきたしやすく、脳出血を起こしやすいのです。反対に、脳梗塞は、春や夏に多いとされています。

これは、気温が上がることによって、体内の水分が減るために、血液がドロドロになりやすく、血管を詰まりやすくしてしまうためです。生活習慣の見直しは基本ですが、暑い日、気温が高い日などは、水分補給を忘れないようにしましょう。

・水分を十分に
脳梗塞の多い季節は春だった!発症させないためには水分摂取が大切
意外!夏場に多い「脳梗塞」その理由はなんと脱水症状!?
命にもかかわる怖い脳卒中!冬に多い脳出血と夏に多い脳梗塞について

脳梗塞の食事方法とは

脳梗塞は、生活習慣病に大きく関わっているため、食事には注意したいものです。血圧を下げる効果があるカリウムは、サプリメントでも摂取できますが、やはり栄養は食事から摂取したいものです。

少しの心がけで、生活習慣は見直すことが出来ます。自分の体ですから、自分で守りましょう。

・栄養は食事から
血圧と脳梗塞予防のためにカリウムを摂取しましょう!

脳梗塞の治療薬として効果があるとされているワーファリン。このお薬を服用されている方は、食事によるビタミンKの摂取は要注意です。特に納豆は、健康食品と思いがちですが、ワーファリンを服用されている方には、逆効果です。正しい食事のあり方の指導を受けられてください。

・ワーファリンを服用されている方への注意
知らないと大変なことに!脳梗塞服薬治療中の正しい食事法

脳梗塞の知識

脳は、私たちの体を動かす司令塔の役割を担っています。その脳に何かしらの原因が起きると、物が二重に見える、言葉が出なくなる、呂律がまわらない、手足にしびれが出る、などの症状が出ることがあります。

すぐに治まる場合もあるので、治まったことで安心し、放置すると、命の危険にさらされることになりかねません。自覚症状がある方、家族やまわりの方が気づかれた場合は、一刻も早く病院を受診されてください。

・脳梗塞の予兆を知っておこう
脳梗塞を見逃さないために知っておきたい4つの秘訣

生活習慣病である高血圧、糖尿病などの疾患を持っている方は、アルコール摂取後のお風呂、こたつで長時間寝る、などの行為は、血液中の水分不足から、脳梗塞のリスクを倍増させる危険性があります。

自ら、脳梗塞を起こそうとされているようなものです。隠れ脳梗塞が増えている現代、自覚症状がないからと安心せず、定期健診などを受け、生活習慣の見直しを計りましょう。

・リスクを上げる危険を知ろう
脳梗塞のリスクが倍増の恐怖!これだけは絶対やっていけない事

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る