TOP > > 若いうちから気をつけよう!白内障になりやすい人ってどんな人?

若いうちから気をつけよう!白内障になりやすい人ってどんな人?

80歳以上のほとんどの人にみられる白内障

視力低下を引き起こす目の病気の一種に「白内障」があります。昔は白そこひとも呼ばれていました。この病気は目の水晶体が白く濁るために起こる病気です。

白内障にかかると視力障害が起こり、症状が悪化すると生活に支障が出るため、治療が必要な病気です。しかし加齢に伴って発症しやすい病気で、80歳以上の場合、ほとんどの人が白内障にだと言われています。

高齢者にはよくみられるポピュラーな目の病気・白内障とは、どのような病気なのでしょうか。

白内障とは

目の中には水晶体という透明なレンズ状の組織があります。水晶体は目が物を見る時に遠近にピントを合わせる調節機能を持っています。物の距離に併せて水晶体の厚みを変えてピントを調節しています。

白内障は、この水晶体のたんぱく質が変性して白く濁ってしまうために起こります。この現象は老化によって起こりますが、その他の原因で起こることもあります。

水晶体が変性して白濁すると、正常なら黒く見える瞳が白く見えるようになってきます。年齢的には40代半ば頃から白内障が起こり始め、加齢に伴って発症する人が増えてきます。

白内障にかかると水晶体がすりガラスのように白く曇っているために、クリアな視界でものを見ることができなくなります。また、最初は自覚症状がありませんが、徐々に白濁が進行し、それに伴って視力障害が進みます。

一度白濁した水晶体は元に戻ることはありません。

白内障の症状

白内障になると以下のような症状が起こります。

  • 視力が低下した気がする
  • ものがぼやけたり、かすんで見える
  • 夜に光を見るとまぶしい
  • 明るい所がまぶしく感じる
  • 目が疲れやすい
  • 色がクリアに見えない

水晶体の白濁が進むほど、視野は狭くなり霧がかかったように白っぽく見えるようになります。

白内障になりやすい人とは

白内障は老化によって自然に起こりやすい病気とも言えますが、若い人でも老化以外の原因によって発症しやすくなることもあります。

外傷

外傷、打撲、強い衝撃を目に受けた場合に発症することがあります。

糖尿病

血糖値が高いと水晶体のたんぱく質クリスタリンの変性を引き起こしやすくなるため、糖尿病性白内障を併発することがあります。

アトピー性皮膚炎

痒みで皮膚をこするために炎症が起こりやすいとされています。

目の病気

ぶどう膜炎、網膜剥離などの目の病気に併発することがあります。

遺伝

家族に白内障の人がいる場合には発症する確率が高くなると言われています。

紫外線・赤外線

紫外線や赤外線といった有害な光を目に浴びることで水晶体が変性しやすくなるとされています。

喫煙・飲酒

これらは健康に良くない習慣とされますが、白内障の発症にも少なからずとも影響します。

偏った食生活

栄養バランスが偏った食生活は白内障のリスクを高めます。たんぱく質やビタミン類が不足するのは良くありません。

白内障の予防と治療

白内障は治療で症状を改善することが可能です。症状が初期のうちは進行を抑える目薬を用います。症状が進行してしまい視力障害が強い場合には手術を行うのが一般的です。

目薬は白内障を完全に治す目的のものではありません。ただし早いうちに治療を始めることで症状をくいとめるのに効果が期待されます。手術は水晶体を摘出して人工の水晶体を挿入する治療になります。短い時間で済み、視力障害が解消されます。

できれば発症を予防し、目の健康を少しでも長く保ちたいものです。40代以上で発症の可能性が出てくるので、自覚症状のないうちから定期的に眼科で検査を受けることがのぞましいです。

また、家族に白内障の人がいる場合には発症のリスクが高まるので、意識して早めから検査を受けることがおすすめです。

野外で長時間労働している人、スポーツしている人、日焼けサロンを利用している人は紫外線によって白内障のリスクが高まります。目に光を浴びないように気をつけるようにしましょう。

不規則な食生活は白内障のリスクを高めるので、栄養のバランスに気を配ります。脂っぽい食べ物を避けてビタミンやたんぱく質の豊富な食事をとるようにしましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る