TOP > > 高齢者は室内の温度差に要注意!暖房で冬場の事故防止を!

高齢者は室内の温度差に要注意!暖房で冬場の事故防止を!

日本は超高齢化社会です。今や4人のうち1人は高齢者なのですから、もっと環境にも気を配る必要性が出てきたのではないでしょうか?そのひとつに冬場の日本の家屋の寒さがあげられます。海外と日本の暖房の違いを比べながら、どうすれば高齢者の健康を守れるのかをみていきましょう。

寒すぎる日本の家屋は高齢者には負担

日本の冬は寒すぎます。決して気候のことを言っているのではなく、家の中のことです。特に暖かい温度の部屋と寒い温度の廊下では温度差が激しく、身体的機能が衰えてきている高齢者にとって優しい環境ではありません。環境を見直して高齢者の健康を守る必要があります。

日本の家は極寒のロシアの家より寒い

日本は世界の先進国です。しかしその民族性からか、先進国にしては発展が遅れているものがあります。そのひとつが暖房でしょう。海外では真冬でも建物の中に一歩入れば、上着を脱いでTシャツで過ごせるのです。

海外ではセントラルヒーティングが主流

海外の先進国の暖房システムは、セントラルヒーティングがほとんどです。電気を各家庭に供給するのと同じように、暖房も供給システムが組まれ、各家庭に熱源が配給されるようになっています。暖房の熱源は温水で、ボイラーで温められ各家庭に届けられる仕組みです。

セントラルヒーティングは家全体を暖めますので、室内ごとの温度差はありません。各家庭では利用する床面積の広さによって毎月支払うシステムで、経済的負担も少なく、しかも安全に寒い冬を暖かく過ごすことができます。

いまだに古典的な暖房システムの日本

日本の暖房システムは、いまだに昔ながらです。海外のように家全体を暖めるセントラルヒーティングはまだまだ普及していません。ほとんどの家が灯油ストーブにコタツ、ファンヒーター、エアコンの利用ですね。

エアコンは安全ですが、灯油を使った暖房は危険で、実際に冬になると灯油ストーブが原因の火災がよく発生します。海外では屋内で灯油を使った暖房は危険ですから、利用禁止にくわえ灯油自体を販売していない国もあるくらいです。

暖房に安全性を求める意識は、日本よりも海外の先進国の方が強いようですね。また暖め方も家全体を暖めるのは不経済ですから、人がいる部屋だけを暖めます。そうするとどうしても、暖かい部屋と寒い廊下などの温度差がでてくるようになってしまうわけですね。

室内の温度差と高齢者の健康

「高齢者は家にいれば安心」と油断してはいけません。身体的機能の衰えた高齢者にとっては、若い世代には何でもないことが、生命の危険を及ぼすことがあります。特に冬は各室内の温度差に気をつけなければいけません。

温度差によるヒートショックとは

急激な温度差が身体に影響を及ぼすことを「ヒートショック」呼びます。エアコンや灯油ストーブがついている暖かい部屋から、暖房のついていない廊下に出た時や、入浴後の暖かい浴室から寒い脱衣所に出た時など、身体は急激な温度変化にびっくりしてしまいます。

暖房のついた暖かいリビングから寒い廊下に出た時に、ブルブルッとしたことがありませんか?それがヒートショックです。ではこのような時、身体ではどのようなことが起きているのでしょうか。

ヒートショックによるさまざまな症状

暖かい所から寒い所へ移動すると、その急激な温度差に身体がびっくりして血管が収縮します。血圧も急激に変動し、脈拍も速くなります。高齢者は身体的機能が衰えていますから、脳卒中や脳梗塞、心筋梗塞に繋がりますので、生命の危険性まであります。

高齢者でも特に、高血圧症や動脈硬化症、糖尿病、不整脈、肥満気味な方は注意が必要です。実はこのヒートショックは、家の中で亡くなる原因の4分の1も占めています。

一番危ない入浴事故

日本人は世界でも稀に見るお風呂が大好きな民族です。欧米などではシャワーですませることがほとんどであり、また毎日入ることもありません。それは欧米での入浴の考え方が「清潔を保つため」のものであり、対して日本人の入浴の考え方は、清潔にくわえて「リラックスするため」という考え方の違いからでしょう。

確かにゆっくりと湯船に浸かることは、一日の仕事を終えたあとの憩いの時間です。しかし入浴の仕方によっては、高齢者にとって逆に身体にとても負担がかかることになります。それは暖かい、寒いの温度差を一番強く感じるのが入浴時だからです。浴室と脱衣所の温度は、できるだけ差がないようにしなければいけません。

温度差をなくすことのメリット

冬の室内の温度差をなくせば、身体的な危険を防止するだけでなく、高齢者には大きなメリットがあります。

身体の負担が軽減される

室内の温度差がなくなることによって、ヒートショックを起こすことがなくなり、身体の負担が減ります。家中暖かいのですから、急激な血圧の上昇もありませんし、脈も速くなったりしません。身体はいつも穏やかな一定の状態を保つことができます。

高齢者の運動量が増える

寒くなると、高齢の方じゃなくてもコタツから出たくなくなるものです。トイレに行くのも億劫になるものですよね。しかし家の中の温度差がなくなれば、自然と腰を上げるのも苦ではなくなります。高齢者は外出機会が少なくなるので、家の中でできるだけ動くことがとても大切です。

じっとしている時間が長くなればなるほど、ドンドン筋力が弱り、ますます動くのが億劫になってきます。しかし家中が暖かくなれば運動量も増えますし、筋肉を使うことにより健康に繋がります。

室内の温度差をなくす方法を考える

海外のようにセントラルヒーティングの設備もなく、熱源を供給してもらえない日本では、どうすればよいのでしょうか?可能ならばセントラルヒーティングを設置したり、床暖房にするのが一番良い方法ですが、お金がかかります。では、他の方法で室内の温度差をなくす工夫をご紹介していきます。

小型の暖房器具を置く

やはり一番安上がりで簡単なのは、家の寒い場所に小型の暖房器具を置くことです。最近ではすぐ温まるものが増えていますし、トイレに置けるものもあります。またこれらには、センサーがついているものが便利でしょう。

そうすればいちいちその都度スイッチをいれなくても、近づいただけで感知して瞬時に暖めてくれます。冷えやすい廊下やトイレに置いておくと良いでしょう。また脱衣所には、温風暖房機はおすすめできません。温風の場合は、風によって逆に体温が失われてしまいます。

浴室にはお金は少しかかりますが、専用の暖房機を設置しましょう。また最もお金もかからず簡単な方法として、湯船の蓋を開けておきます。こうすれば浴室と脱衣所の温度差が緩和されます。

さらに高齢者は、一番最初にお風呂に入るよりも、若い人に先に入ってもらいましょう。二番目からは浴室が暖まっていますし、湯船の温度も適温で丁度良く、身体への負担がぐんと軽減されます。

まとめ

日本の暖房システム事情は、当分このまま続くでしょう。いずれ海外の先進国のようにセントラルヒーティングが主流になるかもしれませんが、いつのことになるかは分かりません。ですから、各家々が冬の室内の温度差対策をして、高齢者の健康を守ってあげることが大切です。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る