TOP > > インフルエンザワクチンがあなたの心血管病リスクを下げてくれる!

インフルエンザワクチンがあなたの心血管病リスクを下げてくれる!

インフルエンザワクチンの意外な効能!

毎年、肌寒くなると周囲から言われるのがインフルエンザワクチンの接種ですね。もう皆さんは接種しましたか?今年は少し出回るのが遅めでしたね。

心臓病を持っている人や心臓の弱い人は、インフルエンザにかかると余計に心臓への負担が大きくなるため、必ず接種して下さいと念押しされているはずです。

これはあくまでもインフルエンザを摂取しないと心臓に悪いからという理由からですが、今回の検討でインフルエンザワクチンを接種することで心臓病にかかるリスクも減らすことが可能だということです。

心強いインフルエンザワクチンですね

こんなお話を聞くと心臓病になりやすい家系の方や、現在も心臓が弱めだと医師から言われている方にはとても心強いのではないでしょうか?

実際にインフルエンザワクチンを接種した心臓疾患の患者さんと、そうでない患者さんと比べると、インフルエンザワクチンを接種した患者さんは明らかに心臓病が重篤化することが無かったそうです。しかしインフルエンザワクチンを打っていない心臓病患者さんは心臓病の症状が重くなることが多かったそうです。

心臓病を持っていなくても明らかに差が出ているそうです

このことは心臓病を持っている患者さんでなく、健康体の人でも同じことが言えるそうです。インフルエンザワクチンを接種しなかった人は心臓病を発病していることが多いそうです。

しかしインフルエンザワクチンを接種している人は、心臓病を発症することがとても少ないことがわかりました。このことからインフルエンザワクチンには心臓病を予防する役割があるのではないかという結果が出たそうです。

毎年、インフルエンザワクチンの接種を心がけましょう

このように、インフルエンザだけではなく心臓疾患にも影響があるインフルエンザワクチンですが、皆さんは毎年接種していますか?インフルエンザワクチンを接種することは毎年流行するインフルエンザをある程度、予防してくれます。その上、心疾患にも良い影響があるのなら、必ず毎年接種した方が実は良いのです。

保険がきかず自治体やお医者さんによって料金が高くついてしまうところが悩みの種ですが、免疫力がまだ弱い子供や高齢者、また接客業など普段から不特定多数の人々と接する職業が多い人は、特にきちんと接種して下さい。ご自身だけでなく、ご家族を守るためにも大変大事なことです。

ページ上部に戻る