TOP > 心血管疾患

心血管疾患は時には命の危険もある

心血管疾患は大きなくくりの病気ですが、だれにでもなる可能性のある病気です。

心臓及びその周りの血管に関する病気を総称して言うのですが、遺伝によってなりやすい人もいれば生活習慣によってもかかってしまう病気の一つなので注意してください。

具体的な心血管疾患について

具体的にどういうものが心血管疾患として扱われているか?ですが、心血管疾患の一番多い症例としては不整脈がります。

脈拍が増えるか減るかするもので、ストレス性のものもあり誰にでもかかる可能性のある病気です。次に虚血性心疾患というものもあります。

これは冠動脈やその周りの異常が起こる病気です。心臓弁膜症というのは心臓にある弁がうまく動かないなどで起こる病気のことです。

こういった心臓関係以外の病気とその周りの血管に関する病気も含みます。

血管に関するものであれば動脈硬化や大動脈瘤など、危機馴染みのある病気もあれば、動静脈瘻やレイノー病といったあまり聞き慣れないようなものもあります。これらも全て心血管疾患の中に含まれるものです。

心血管疾患の予防と治療

心血管疾患の予防は生活習慣に寄るものも多くありますから、その生活習慣を正すことが第一歩です。

・こんな入浴はすぐやめて
やはり熱い風呂は心臓、血圧にはノー!安全な入浴法とは?

ストレスを軽減する、お酒や食べる量を制限する、運動をするなど生活習慣病の予防と同じように、運動と食事、ストレスに気をつけることが予防の第一歩です。

・だれにでも起こる心血管疾患
心血管死は太っている人だけとは限らない!痩せていても要注意!

また治療については民間両方や自宅でできるようなことがほとんどありませんから、病院の検査でいち早く見つけてもらうことが肝心となります。

少し胸がドキドキするであるとか痛みがあるなどの症状があれば、かかりつけ医に相談するのがいいでしょう。

・意外なもので予防ができる?
インフルエンザワクチンがあなたの心血管病リスクを下げてくれる!

毎年の健康診断でも要検査があればすぐに病院に行って精密検査を受ければ、治療も短くすむ可能性は高いと思います。

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る