TOP > > がんが消えた!余命3ヶ月を克服した7つの免疫アップ法とは

がんが消えた!余命3ヶ月を克服した7つの免疫アップ法とは

アナタがもし余命3ヶ月を宣告されたら、そこからどんな人生を過ごしますか?3ヶ月を精一杯生きようとする人もいるでしょう。抗がん剤治療に専念する人もいるでしょう。ここでは、ある方法で余命3ヶ月の末期がんを完全克服してしまった人の克服方法をお伝えします。

オーガニックで自然療法

日本でもオーガニックという言葉が話題になってきていますが、いまいち、どのようなモノなのか?本当に身体に良いのか?分かっていない人もたくさんいます。この余命3ヶ月を宣告され、克服した女性もオーガニック薬膳料理を中心とし、食事面からのアプローチでガンを遠ざけました。

ということで、オーガニック薬膳料理が、ガン細胞にも影響を及ぼすことを理解してもらいましょう。料理・食事は、未来のアナタを作り上げます。日々の食事がアナタの身体を作り、アナタの身体にガン細胞を呼び寄せるのです。

オーガニック食品の立ち位置を分かりやすく例えると、化学物質たっぷりの肥料で運動もさせてもらえずに人工的に作られた豚と、自然界の食べ物と広々とした土地で十分な運動をして育った特別な豚。

前者が今までの食事だと考えれば、後者がオーガニック料理と考える事ができます。オーガニック料理は、新陳代謝を高め、女性に多い身体の冷えや、むくみ、疲労を取り除くと言われています。この後に触れていきますが、冷えはガンを始めとした大病の元です。

食事は薬であり、医療である

中国の長い歴史の中でも、食事というものがどれほど重要か?語られてきています。食事は薬同然である。食事は医療同然である。先ほども述べましたが、食事はお腹を満たすための単なる行動ではなく、生きる意欲を生み出し、あらゆる病気を遠ざけるために重要な役割を果たすのです。

これを認識した上で、この後に説明する「免疫力を高めてガンを吹き飛ばした方法」を学んでほしいと思います。

免疫力が常識を覆す

これから、免疫力をアップするための手法について説明していきます。なぜ免疫力なのか?という点ですが、この余命3ヶ月を宣告された女性も、オーガニック料理を中心に免疫力を高める食事や行動を行った事によって、ガン細胞の住みにくい体内を作りだしたのです。これが免疫力の高い状態と言えるでしょう。

もちろん、ガンを宣告された人がこれらの免疫力を高める行動を起こすことによって、ガン細胞を遠ざけることも出来ますが、今現在は健康な人であっても、免疫力を高める手法を取り入れることで、ガンを遠ざけ、さらなる健康状態を手に入れる事が出来るでしょう。ということで、免疫力をアップさせるための行動をお伝えしていきます。

免疫力をアップさせる行動

1.腸内環境を清潔に保つ
2.体温を36.5℃以上にする
3.動物性の食材は控え、植物性の食材を積極的に取り入れる
4.血液循環を良くする
5.22時までに眠る
6.ポジティブに考える

いかがでしょうか?これらの行動は、ガン細胞を医療で取り除くのではなく、自然な形でアナタの身体に住みにくい環境を作りだしているのです。

免疫力アップの具体策

1.腸を綺麗に保つために

  • 朝一番に、りんごと人参のフレッシュジュースを作り、飲む。
  • 発酵食品を積極的に摂取する。
  • 玄米を取り入れる。

2.体温を上げ、血液循環を高めるために

  • 浴槽に浸かっての入浴をする。
  • 朝一番のウォーキングをする。
  • 足裏やふくらはぎのマッサージをする。
  • 入浴後にストレッチなどをする。

他にも、笑顔を絶やさないことや、年中元気で生命力に溢れている子供と時間を共にする事、必要以上にストレスを溜めない事などがあります。今日からすべての行動を実践に移すのは非常に難しいと思います。

とは言え、何も変えなければ、アナタの未来は真っ暗かもしれません。何か1つでもいいと思います。是非、今日からアナタの未来を明るいものにするために、変化をもたらしてみましょう!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る