TOP > > レントゲン検査の被爆が怖い?健康診断は良くてCT検査は危険!?

レントゲン検査の被爆が怖い?健康診断は良くてCT検査は危険!?

被曝国日本

世界中で唯一、原爆を落とされた国が我々の住む日本です。その影響か放射能のことになると、非常に神経質になっているかもしれません。

原子力発電所についてもそうですし、医学検査で放射線を使っていると、発がん性のことを心配する方も多いようです。

レントゲンなどの放射性物質は、人間のカラダを突き抜けその部位の細胞が破壊されることが問題とされます。また、それらの細胞が突然変異により、がん化することも知られています。

レントゲンと発がん性

住民検診や会社の健康診断や人間ドックでは、胸部や胃部のレントゲン撮影を行ないます。また、骨密度の検査やマンモグラフィー検査も微量ですが被曝の可能性はあります。

会社での健康診断でお世話になるレントゲン車での、間接撮影といった撮影方法が、特に被曝量が多いことはご存知でしょうか?

しかし、近年は病院やクリニックで採用されているフィルムレスのデジタル撮影のレントゲン車も多くなってきています。デジタル撮影は被曝量が非f常に少なく、鮮明な画像が撮影ができるのが大きな特徴です。

しかし、いくら被曝のことを心配しても、外出すれば宇宙から降り注ぐ宇宙線といった放射線を浴び続けています。1年間で、胃のレントゲン撮影程度の放射線を浴びているといわれています。

そのことを考えれば、胸部レントゲン程度(デジタル撮影は、特に被曝量は少ない)では、妊婦を除いて特に問題があるとは考えにくいと思います。

逆に、年に1回程度の頻度であれば、胃部レントゲン撮影位の放射線の浴びた方が新陳代謝が活発になり、健康に良いという発表もされています。

多量のレントゲンを浴びること

広島・長崎での原爆被爆者の場合、大量の放射線を全身で長時間浴びたため、予想通り死因の第一位はがんです。また、チェルノブイリ等の原発事故の時に被曝した方は甲状腺がんが多いこともよく知られています。

一方、医療用のCT検査を行うと、胸部や胃部レントゲンより確かに被曝量は多くなります。

そのため、体の断面を垂直に撮影すると照射時間が長くなるため、現在ではスパイラルCTといって、らせん状に撮影することで撮影時間が非常に短く、被曝量を最小限にとどめるようになってきています。

発がん性の不安より、CT検査で病気が見つかった方が、健康にとって利益があったと解釈しても良いのでしょうか?

仮にがん化したとしても、1cmのがんになるためには10年以上もの歳月が必要ですので、毎年きちんと検診を実施していれば早期発見につながります。同じように、がんを治療するための放射線治療も強い放射線を照射します。

治療とはいえ、がん細胞も正常な細胞も死滅してしまうため、最新機器では正常な細胞に影響がないように、がん細胞だけを照射するようになってきています。

このように、医療の場合は発がんのリスクについては細心の注意を払い、照射する量も部位も最小限で、なおかつ照射時間も短時間であるため、あまり神経質にならなくても良いのではないのでしょうか。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る