TOP > > きゅうりに秘められた驚きの健康効果でがんを未然に予防する

きゅうりに秘められた驚きの健康効果でがんを未然に予防する

きゅうりと言えば野菜サラダでも主役にはならず、逆に子供などには嫌われる存在であったりします。そして、きゅうりはたいした味もないし、ほとんどが水だから栄養もない!逆に身体を冷やすだけの悪では?という風に言われたりもします。

しかし!きゅうりにはがんを予防したりと驚きの健康効果があったのです!今までのきゅうりに持っていたイメージを変え、これからはきゅうりで健康になりましょう!

きゅうりに秘められた健康効果

今まであまり目を向けられる事がなかったきゅうりですが、実は癌などの病気予防!美容効果!ダイエット促進!夏バテ防止!と、様々な効果があるのです。一つずつ見ていきましょう!

むくみ解消

まずは、きゅうりのむくみ解消効果についてご紹介したいと思います。きゅうりに含まれる成分に「イソクエルシトリン」という成分が含まれます。

これは一般的に利尿作用を促進する成分と言われ、体内の老廃物などを積極的に体外へ排出してくれるため、足や腕などのむくみ解消や、体内の老廃物を体外へ排出してくれるのに有効であると言われております。

また、タマネギなどに多く含まれる「ケルセチン」という、高血圧や動脈硬化を防ぐ効果があると言われている成分の吸収を促してくれると言われております。

血液がサラサラに

次は、きゅうりの血液サラサラ効果についてご紹介しましょう!きゅうりに含まれる成分の1つである「ピラジン」という成分に注目してみましょう。

きゅうりには子供が嫌いになる原因の一つである、独特の青臭さがあると思いますが、この匂いの原因は、この「ピラジン」という成分によるものなのです。

この「ピラジン」には血液をサラサラにする効果があると言われ、血液がドロドロな人が侵される血栓による心筋梗塞、脳梗塞といった重病を未然に防ぐ事ができます。

ダイエットに

他にもダイエット効果があるのですが、実はきゅうりという食材は、「果実の中で最も栄養価が低い!」とギネスブックで認定されてしまっているのです!

しかし、脂肪を分解する酵素の「ホスホリポーゼ」や、食材の消化を助けるタンパク質を分解する酵素である「プロテアーゼ」が含まれているのです。

これらの効果を纏めると、きゅうり自身は栄養価が低いものの、様々な酵素をふくんでいるため、ダイエット効果があるだけでなく、太りにくい体質を作る事ができます。

抗がん

そして一番の注目は、今まで捨てられる事が多かったきゅうりのヘタ部分!

なんとこのヘタの部分にある苦み成分である「ククルビタシン」は、抗がん効果があり、癌の予防をしてくれるだけでなく、「ステロール」という近年問題視されているコレステロール値を減少させてくれる成分が入っているのです。

つまり、飲み会の席でも、ビールや焼酎を飲み続けるのではなく、きゅうりの漬物や、サラダを食べることでダイエット効果と抗がん効果が期待できそうです。

頭皮&髪の健康

さらに、女性にも喜ばれそうなのは、頭皮や髪の毛を活性化させるために必要な「シリカ」という成分によって、健康的な素肌や髪の毛の生成に必要とされる「コラーゲン」を作る事ができるようになり、顔や体の皮膚にハリが生まれ、頭皮も引き締まってくる効果があります。

きゅうりの正しい選び方

ここまで、きゅうりの色々な効果をご紹介してきましたが、きゅうりと一言で言っても形や色、見た目など千差万別です。

ということで、どのようなきゅうりが一番効果を発揮するのか?きゅうりの選び方をご紹介したいと思います。まず一番の注意点は、きゅうりという食材は、身体を冷やす働きを持っている、ということなんです。

つまり、一気に大量のきゅうりを食べてしまうと身体に大きな負荷になってしまいます。また、夜寝る前などに食べることもできるだけ避けた方が良いとされています。

どうしても食べることが避けられないのであれば、酢の物や梅干しなど、きゅうりの冷やし効果を中和してくれる食べ物と組み合わせて食べることをおススメします。

また、きゅうりの選び方ですが、つやつやしており、緑鮮やかで真っ直ぐなきゅうりを選びたくなるところですが、本当に新鮮で良いきゅうりというのは、見た目がトゲトゲしており、表面に白い粉がふいているものとされております。

また、変に真っ直ぐになっているきゅうりよりも、自然な形で曲線を描いているきゅうりの方がナチュラルと言えます。

ということで、様々な健康効果を持っているきゅうりですが、一方で身体を冷やしてしまうなど、マイナス面も持ち合わせているので、十分に注意を払いながらきゅうりで健康生活を送っていきましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る