TOP > > 【こんな食事にがんリスクあり!】がんになる危険な食べ合わせ

【こんな食事にがんリスクあり!】がんになる危険な食べ合わせ

これはあまり知られていない話ですが、私たちが何気なく食べている普段の食事の中で、特定の食品の食べ合わせによっては、発がん性物質が生成されてしまうというショッキングな事実があります。

しかも、この食べ合わせによって発がん性物質ができてしまうことが、科学的にも証明されているのに、日本では特にこれに関しての規制はありません。今回は、このがんになる危険な食べ合わせと、その対策について紹介します。

食品の食べ合わせで発生する発がん性物質はニトロソアミン

特定の食品の食べ合わせで発生する発がん性物質、それがニトロソアミンです。発がん性物質の含まれていない食物の食べ合わせで、なぜ発がん性物質が体内で生成されてしまうのか、不思議でなりませんね。

その理由は、「亜硝酸塩」と「アミン」という物質がキーワードになっています。ニトロソアミンが生成されるには、硝酸が必要になります。野菜類の中には硝酸が含まれています。この硝酸は、そのままでは発がん性はありません。

しかし、胃の中で亜硝酸に変化すると、体内の物質であるアミンと反応して、ニトロソアミンに変化します。そして、このニトロソアミンは、私たちの体内で日々行われている細胞の複製を妨害します。

これが細胞のがん化を誘発するのです。日本は胃がんの発生率が世界一になっています。日本に胃がんが多いのは、ニトロソアミンが原因ではないかと言われているのです。ニトロソアミンは胃がんの有名な危険因子なのです。

ニトロソアミンが生成されてしまう危険な食べ合わせとは

私たちが、本当に何気なく食べている普通の食品の食べ合わせで、ニトロソアミンができてしまいます。具体的には以下のような食べ合わせで生成されてしまいます。

  • ハムまたはソーセージ+レタス
  • 漬物+たらこ
  • さんま+漬物
  • 焼き魚+醤油
  • きなこ+餅

ざっくりいうと、例外を除けば肉や魚類には「アミン」が、野菜類には「亜硝酸塩」が含まれています。

ニトロソアミンを阻止するのがビタミンC

ニトロソアミンが生成されないようにするには、危険な食べ合わせにならないようにすればいいのですが、あまりにその食べ合わせがオーソドックスなために、完全に守るのは難しいことです。

しかも、大好きなので「がんになる危険な組み合わせ」だろうが食べたいものは食べる、という方も多数いるでしょう。しかし、ご安心ください。そんな人のためにとっておきの裏技があります。それはビタミンCを多く含む、ゆず、レモン、アセロラなどの食品を一緒に摂ることです。

ビタミンCには、体内で素早く亜硝酸塩と結合するという特徴があります。亜硫酸塩が少なくなれば、ニトロソアミンの生成も少なくなります。また、ビタミンCは、抗がん剤として有名なインターフェロンの生成も助けてくれます。

完璧に避けるのが難しいので必ずビタミンCを添えよう

どんな健康な人でも、ニトロソアミンは体内にあります。これを完全に排除するのは不可能です。しかし、危険な食べ合わせに注意して、ビタミンCをたくさん取るように心掛ければ、体内のニトロソアミンの量を確実に減らして、がんのリスクも減らすことができます。

また、食品添加物を多く含む加工食品は、体内でニトロソアミンが生成される危険性が高まりますので要注意です。がんは日本の死因第1位です。少しだけ食事に気をつけて、がんのリスクを減らしましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る