TOP > > がん患者がセカンドオピニオンを利用する前に知っておきたいこと

がん患者がセカンドオピニオンを利用する前に知っておきたいこと

セカンドオピニオン利用の流れ

がんと診断されてから担当医より治療方針が提示されます。まずはそのファーストオピニオンを良く理解する事が大切です。最初に診察にあたった医師による病気の診断や治療に対する考えを良く理解した上でないと、セカンドオピニオンを利用することにあまり意義を感じられなくなってしまいます。

分からないことは十分に話し合って担当医の考えを知りましょう。次にセカンドオピニオンを利用したい旨を伝えます。場合によっては担当医の方から進められることもあるようです。

セカンドオピニオンを受ける意思が決まったら、紹介状やこれまでの診断、検査結果等のデータ類等の「診療情報提供書」を作ってもらいます。そしていよいよセカンドオピニオンを申し込みます。

相談をする際には、前もって自分の希望や聞きたいことをメモにまとめて臨みましょう。セカンドオピニオンを受けたあとは、もとの担当医に内容を報告します。その上でまた自分の希望もふまえた診療方法を相談していきます。

最初に提示された治療方法と内容を変えての治療になったり、またはセカンドオピニオンを受けた先で治療を受ける事になったりと、状況が変わる場合もありますが納得のいく結果が得られる事でしょう。

がん治療の為のセカンドオピニオン

ファーストオピニオンによって示された治療方針を参考にセカンドオピニオンを受ける病院を探していく事になるわけですが、病院えらびの相談を受けてくれる機関があります。厚生労働省により指定された「がん診療連携拠点病院」が全国にあります。どの地域にいても十分ながん治療が受けられるよう整備された制度です。

その「がん診療連携拠点病院」に相談支援センターが設けられているのでセカンドオピニオンを受け付けている病院や専門医などを教えてもらう事ができます。自分の病状に併せた専門的分野でのセカンドオピニオンを受けるためには、相談先の病院えらびも重要になってきますので、ぜひ相談支援センターを利用しましょう。

セカンドオピニオンにかかる費用

セカンドオピニオンとは医療行為ではなくて相談にあたりますので、健康保険が利用できません。全額自己負担になります。金額は病院によって違います。同じセカンドオピニオンの目的で他の医療機関を改めて受診する形をとると保険適応となりますが、検査等は重複して行われる場合があるようです。

セカンドオピニオンを受ける際の注意点

がんの治療方法は多岐にわたります。主に三大療法といわれる「外科療法」「化学療法」「放射線療法」のほか、三大療法を複数組み合わせた集学的療法や先進医療も多く確立されています。

命に関わる重篤な病気なだけあってやはり診療方針は慎重に決めていきたいものですが、危険なのは“もっとよい方法があるのでは”と、セカンドオピニオンを受けた後でも更にサードオピニオンと次々相談を重ねてしまうことです。

そうなってくると何が最善策なのかますます判断がつかなくなり混乱するばかりです。ファーストオピニオン、セカンドオピニオンの段階で少しでも疑問や不安が生じた場合は医師とのコミュニケーションを十分とり、その都度解消していく必要があります。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る